SCP‐XXX‐JP‐恐怖のシャワー

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: あらゆる収容は失敗しました。SCP-XXX-JPは現在の財団の技術では収容不可能です。引き続き収容方法の検討と研究を行ってください。SCP-XXX-JPによる人的被害が報告された場合は速やかに当該域を封鎖し、カバーストーリー「未解決事件」を流布してください。

説明: SCP-XXX-JPは人型実体です。SCP-XXX-JPは以下の条件を全て満たした、対象の至近距離に出現します。

 条件1:夜の時間帯に浴室に1人でいる。
 条件2:目を瞑り、シャワーやシャンプー等を使用して頭部の洗浄を行う。
 条件3:心霊現象やオカルトを主とした、一般に”怖い話”とされるものを思い出す。真偽は問わない。
 条件4:直接SCP-XXX-JPを観測、調査、または干渉しようとする行為がない。

SCP‐XXX-JP出現時中、対象は気配や視線を認識し、強い恐怖感を抱きます。以降、この状態の対象をSCP-XXX-JP‐Aと分類します。なお、条件のいずれかを満たさなくなった時、SCP-XXX-JPは消滅します。
稀にSCP-XXX-JP‐AがSCP-XXX-JPを視認、または接触してしまう事案が発生します。その場合、SCP-XXX-JP‐AはSCP‐XXX-JPと共に消滅し、その後発見されることはありません。

 
実験記録5-433 - 日付20██/██/██

実施方法: D‐1544は完全防水の無線通信機とGPSを装着し、指定の浴室でSCP-XXX-JPの視認、および接触を試みます。██博士は無線通信機を介して情報を間接的に収集してください。

くれぐれもシャワー中にこの報告書を思い出さないでくれ ‐██博士


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The qpqpqpqpqpqpqpqpqp's portal does not exist.


エラー: qpqpqpqpqpqpqpqpqpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6307271 ( 10 Apr 2020 14:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License