ミムコンドリア

現在このページは批評中です。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP自体は高セキュリティ保管庫に収容されます。常にDクラス職員3名を後述するSCP-XXX-JP-Bに曝露させ、月に一度は従順性心理テストを行ってください。実験時以外、担当Dクラスには猿轡を着用させることが義務付けられています。担当Dクラス職員が死亡する又は従順性心理テストにて50点未満の点を取った場合には、従順性心理テストで50点以上を取った別のDクラス職員に口頭でSCP-XXX-JP-Bを暴露させ、一日後にSCP-XXX-JPに暴露させた後に前日の記憶をBクラス以上の記憶処理によって消去してください。一度でもSCP-XXX-JP又はSCP-XXX-JP-Bに暴露したDクラス職員は安全のため記憶処理後も他の情報災害を引き起こすオブジェクトへの接触が禁じられます。
未収容のSCP-XXX-JP-Aを収容するため、定期的に財団のWebクローラーを用いてSCP-XXX-JPと今まで観測されたSCP-XXX-JP-B群を検索し、類似する文字列があればその書き込みを行った人物を特定、その後インタビューとBクラス記憶処理を行ってください。
SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-Bの”第一世代”以外を実験に用いる場合にはサイト管理者の許可が必要です。
新たにSCP-XXX-JP-Bが発生した場合はそれを記述させ、スキャナーを利用して専用データベース”極北貯蔵庫”上に保管してください。

説明: SCP-XXX-JPは反ミーム的作用を持ちミーム汚染を引き起こす文章です。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JPに曝露された者(以下、SCP-XXX-JP-Aと呼称)と直接口頭で会話することによってのみ正確な認識及び曝露が行われます。SCP-XXX-JP-Aでない者が文章・音声・映像・その他メディアにおいて記録されたSCP-XXX-JPを正確に認識する試みはいずれも成功していません。

ほとんどの例においてSCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPをより多くの人に曝露しようと行動しますが、その優先順位は低く、命令や社会的制約によって容易に制止することができます。また、Bクラス以上の記憶処理によりSCP-XXX-JPの影響を消去できることが判明しています。

SCP-XXX-Aはまれに会話の中で、話の主軸や目的がずれたり名詞が似た違う名詞に置き換わる事があります。今まで確認された中では話の中において大きく意味合いが異なっていると言えるほどの違いはありませんでした。発見時の資料よりSCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aが行う他者の発言に対する認識とSCP-XXX-JP-Aの発言それぞれが微量に歪めているからではないかと推測されています。

SCP-XXX-JPはしばしば伝達される際にその性質を一部改変します(以下、改変されたSCP-XXX-JP群をSCP-XXX-JP-Bと呼称)。ほとんどのSCP-XXX-JP-BはSCP-XXX-JPと同種の特異性を持ちますが、いくつかのSCP-XXX-JP-Bは異なる性質を示します。詳細については実験記録XXX-JP及び専用データベース”極北貯蔵庫”のリストを参照してください。



ERROR

The qawser's portal does not exist.


エラー: qawserのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:qawser ( 03 Jun 2018 02:02 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License