鼻なし(改稿版)

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-a群は全て、サイト-██にて収容されます。対破壊性に優れた金属製金庫内に、黒い不透明なカバーを付けた状態で収容します。このオブジェクトが人目に触れることがないようにしてください。当オブジェクトの解放は一切禁止されています。当オブジェクトに関する実験は、20█年█月█日の実験を最後に禁止されています。

SCP-XXXX-JP-cが確認された場合、ただちにクラスA記憶処理を行ってください。記憶処理後は、状況に合わせ適切なカバーストーリーを採用してください。

説明: SCP-XXXX-JPは、複数の要素からなる異常性を持つオブジェクト群です。

SCP-XXXX-JP-aは、異常性を持つ絵画や書籍などのオブジェクト群です。現在までに9体が確認されており、その実体は多岐に渡ります。共通点として白い怪物(SCP-XXXX-JP-bに指定)が登場する、いずれも作者が不明、などが見られます。それ以外の特徴には一貫性がありません。

以下、SCP-XXXX-JP-a群のリストです。

SCP-XXXX-JP-aを直接視認した対象(SCP-XXXX-JP-cに指定)は、記憶改変及び精神誘導などの影響を受けます。これらの影響はコピーや撮影された画像では発現せず、クラスA記憶処理により取り除くことが可能です。SCP-XXXX-JP-cは「SCP-XXXX-JP-bを見たことがある」といった記憶を植え付けられ、SCP-XXXX-JP-bに対し恐怖を感じるようになります。またSCP-XXXX-JP-cは、SCP-XXXX-JP-bの容姿について詳細な情報を取得し、それを他者に口頭で伝えようとします。この際、「SCP-XXXX-JP-bには鼻がない」という情報を強調したがることが分かっています。SCP-XXXX-JP-bの容姿を伝えられた人物は新たなSCP-XXXX-JP-cとなります。現在、記憶改変のキーワードは分かっていません。現在までにSCP-XXXX-JP-a及びSCP-XXXX-JP-cの影響を受けない人物が確認されており、一名の財団職員が含まれます。これらの人物と当オブジェクトとの関係は現在調査中です。

SCP-XXXX-JP-cによって記述された文章には異常性がなく、それらを通しSCP-XXXX-JP-bの容姿を知ることが可能です。

以下、SCP-XXXX-JP-bの外見的特徴
・全身が白い、体長4〜6m程度の人型
・常に[編集済]
・白く手入れのされていない頭髪を持つ
・耳のあたりまで裂けた口を持つ
・歯が全て尖っており、一部抜け落ちている
・人間では目にあたる部分に眼球が無く、暗い穴が空いている
・[編集済]
・まれに背中から蜘蛛などに近い8本の足が生えているものもある
・鼻がない

補遺XXXX-JP-1: 実験XXXX-JP-2により、SCP-XXXX-JP-cの増加に伴いSCP-XXXX-JP-a内のSCP-XXXX-JP-bの存在感が増す、という現象が確認されました。例としてSCP-XXXX-JP-a-6では、窓に映るのみだったSCP-XXXX-JP-bが手前に移動していました。この現象の検証のため、次の実験が検討されています。

補遺XXXX-JP-2: 実験XXXX-JP-4にて、突如SCP-XXXX-JP-bとみられる怪物が実験室内で実体化、SCP-XXXX-JP-cとなったDクラス職員2名を殺害しました。その後SCP-XXXX-JP-bはすぐに消滅しましたが、この事案を受け、SCP-XXXX-JP-cの増加はSCP-XXXX-JP-b発生の原因になり得るとして、当オブジェクトに関する実験の禁止が決定しました。また、オブジェクトクラスがEuclidに改定されました。


ERROR

The Project_YUO's portal does not exist.


エラー: Project_YUOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:project-yuo ( 08 Jun 2018 04:53 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License