ソウルビート

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは現在サイト-████の低危険度物品収容ロッカーに保管されています。SCP-XXXX-を用いて実験を行う場合はクリアランスレベル3以上の職員2名に許可を得てください。SCP-XXXX-JPの性質上、オブジェクトの回収の際にSCP-XXXX-JP装着者が死亡していない場合は装着者の両耳を切り落とす必要性がある為、実験によってDクラス職員を使用する際は外科手術の準備を行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは製造元不明の有線ヘッドフォンです。型は財団が保有しているデータベースに存在する既知の如何なる製品にも一致せず、製造元を示すような文字、マークなどは発見されませんでした。

SCP-XXXX-JPは動物の両耳を覆うように頭部に装着された際に特異性を発揮します。なお、これは人間以外も含めた如何なる動物でも発生すると考えられています。詳細はSCP-XXXX-JP-実験ログ-4を参照してください。

SCP-XXXX-JPを頭部に装着した人物(以後装着者と呼称)はSCP-XXXX-JPを外せなくなり、全聴覚を遮断され、十数秒後に装着者は心音に似た音が一定間隔で徐々に聞こえるようになると報告しています。この音は実際の音では無く幻聴の類だと考えられています。詳細はSCP-XXXX-JP-実験ログ-5、SCP-XXXX-JP-実験ログ-6を参照してください。また、この音の発生間隔は装着者の心音の発生と完全に同期しています。詳細はSCP-XXXX-JP-実験ログ-3を参照してください。

SCP-XXXX-JPが装着されている状態でSCP-XXXX-JPのフォーンプラグを用いて曲を再生した場合、曲の音量に合わせて装着者の心臓が膨張します。このプロセスにより装着者の心臓は正常に血液を送れなくなり、装着者は死亡します。詳細はSCP-XXXX-JP-実験ログ-2を参照してください。

実験ログ:

block contents

実験ログを開く

ERROR

The poyo_hashi's portal does not exist.


エラー: poyo_hashiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5158285 ( 04 Feb 2019 06:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License