10/23〆切 17番通りのハロウィン(原題:Halloween on 17th street)

このページの批評は終了しました。

a tale for the Halloween2018 contest

ハロウィンコンテスト2018応募作

評価: 0+x
blank.png
6400390459_baea5d734e_o.jpg

As night fell over the town, 17th Street came alive. Orange lights flickered on in the mouths of grinning pumpkins. Animatronic zombies and witches moaned and cackled. Red and yellow leaves rustled as the brisk October breeze set them dancing between the feet of trick-or-treaters, who roamed the street in search of candy. In one house, four little girls were getting ready to join them.

街に夜が訪れるにつれて、17番通りは活気づきました。にやつくカボチャの口の中にはオレンジ色の光がゆらめき、蠢くゾンビや魔女の人形がうめいたりケラケラと笑ったり。ひんやりとした10月の風が吹くと、カサカサと音を立てる赤や黄色の葉がお菓子を求めて街を歩き回る子供たちの足元を舞います。ある家では、4人のちいさな女の子たちがお菓子をもらいに行く準備をしていました。


"So cute!" Iris exclaimed, snapping pictures of the four younger girls in their adorable Halloween costumes. Sigurrós smiled. Iris had helped her sew the little paper bats onto her droopy black hat, but she'd made the rest of the witch costume by herself.

「なんてかわいいの!」と、愛らしい仮装をした4人の女の子たちの写真を撮りながらアイリスが叫んだので、シガーロスはにっこりとしました。アイリスが彼女の魔女の衣装作りを手伝ったのは、魔女の黒い帽子に紙製のちいさな蝙蝠を縫い付けることくらい。残りはぜんぶ彼女がひとりで作り上げたのです。

"We're not cute!" Stella exclaimed, crossing her arms indignantly. "We're supposed to be scary!" Stella had painted her face green, and she was wearing big black sunglasses with tilted lenses that made her look like an alien. Iris knelt down and ruffled Stella's hair.

「わたしたち、かわいくなんてないよ!」と怒ったみたいに腕を組んで主張したのはステラ。「わたしたちは怖くなきゃ!」
彼女は顔を緑色に塗っていて、レンズが傾いたデザインの大きくて真っ黒なサングラスをしていたので、まるでエイリアンに見えました。アイリスはかがんで、ステラの髪をくしゃくしゃと撫でました。

"And you're the scariest little alien in the whole world." Stella giggled and pulled away.

「そうね、ステラは世界でいちばん怖いちいさなエイリアンね」
そう言われたステラはくすくすと笑ってアイリスの手から離れました。

"Why aren't you dressed up?" Fiona said, scowling from beneath a line of stitches painted on her forehead. She was dressed as some variation of Frankenstein's monster.

「どうしてアイリスは仮装しないの?」とフィオナが聞きました。彼女はわざとらしくしかめっ面をしていて、おでこには縫い跡が描かれています。フランケンシュタインの怪物のお仲間の仮装です。

"Oh," Iris laughed, "I'm a little too old for all that. Remember, I'm just chaperoning you four."

「ああ」アイリスは笑って言いました。「私はそうするには大きすぎるの。覚えておいてね、私はあなたたち4人の付添いなんだから。」

Sigurrós didn't ever want to get too old for Halloween. Cindy shared that sentiment.

シガーロスはハロウィンに参加できないくらいに大きくなるのは絶対にいやだと思いました。シンディも同じ考えでした。

"I never wanna grow up! Halloween is the best!" She jumped happily, the cardboard torso of her robot costume rattling. Iris only smiled.

「あたし、大人になんてなりたくない!ハロウィンは最高だよ!」と、彼女はダンボールでできたロボットの仮装をカタカタと言わせながらうれしそうに飛び跳ねました。アイリスはただ笑っただけでした。

"…yes, I know." Sigurrós's mommy walked into the foyer, where the girls were waiting. She finished her phone call, then spoke to Iris.

「ええ、わかっています。」シガーロスのママが、みんなが待っている玄関に歩いてきて、電話を切った後にアイリスに話しかけました。

"So you've got my number?"

「それで、私の電話番号はわかるわね?」

"Yes, Ms. Stefánsdóttir."

「ええ、ステファンスドッティルさん。」

"And her father's?"

「お父さんのも?」

"Yes."

「ええ」

"Okay. Now remember, I want them all back home by eight. And don't let them eat all their candy tonight."

「いいわ。覚えておいてね、4人全員が20時までに家に帰ってきてほしいの。で、今晩中にキャンディーを全部食べ切ってしまうことがないようにして。」

"Aw," Fiona whined.

「あーん」とフィオナが悲しそうに言いました。

"She's right," Iris said, wagging a finger. "You've gotta take good care of your pearly whites."

「お母さんが正しいわ。」と指を振りながらアイリス。「その真珠みたいに真っ白な歯を守らないとね。」

Mommy smiled. "Thanks again, Iris. I tried to tell the boss tonight was a bad time, but you know how he can be." Iris nodded

ママは笑いました。「アイリス、本当にありがとうね。上司に今日は都合が悪いって言おうとはしたんだけど……彼の性格、知ってるでしょう。」
アイリスは頷きました。

"It's no problem at all, Ms. S. Besides, now I can take pictures of all the cool decorations!"

「大丈夫ですよ、ステファンさん。おかげで、かっこいい装飾の写真を全部撮れますし!」

"That's the spirit." Mommy patted Iris on the shoulder, then knelt down to talk to Sigurrós.

「その意気よ。」ママはアイリスの肩をそっと叩いてから、シガーロスに話しかけるために膝をかがめました。

"Do you remember the rules we talked about?"

「一緒に話した約束事は全部覚えてる?」

Sigurrós nodded. "Don't wander off, don't take candy from strangers, and don't eat taffy, because I could choke."

シガーロスは頷きました。「ふらふらどこかへ行かない、知らない人からキャンディをもらわない、むせちゃうかもしれないからタフィーは食べない。」

Mommy nodded. "That's right. Now, do you remember the last one?"

ママは頷いて、言いました。「合ってるわ。じゃあ、最後の約束を覚えてる?」

Sigurrós thought for a second. "Stay away from Mr. Clef's house."

シガーロスはちょっと考えていいました。「クレフさんの家には近づかない。」

"That's right. Mr. Clef is a bad, bad man." Then she stood up and turned to Iris.

「そうよ。クレフさんは、とっても悪い人だからね。」そしてママは立ち上がって、アイリスの方を向きました。

"And that goes for you, too. That man is dangerous."

「あなたもよ。彼、あぶない人だから。」

"Don't worry, Ms. S. I know." She'd heard the stories, the ones that Sigurrós wasn't old enough to hear yet.

「心配しないでください、ステファンさん。わかってます。」彼女は、ちいさなシガーロスにはまだ聞かせられないような話も聞いたことがありました。

"Can we go now?" Cindy asked impatiently.

「もう行ってもいい?」待ちきれなさそうなシンディが聞きました。

Mommy smiled. "Yes, honey, you can go." She kissed Sigurrós on the forehead, then hurried out the door. The kids weren't far behind.

ママはほほえんで、「いいわ、もう行って大丈夫よ」とシガーロスの頭にキスをして、子供たちを後ろに置いて急いで出かけて行きました。

FEccintWQAIfEcZ.jpeg

After Mommy drove away, Iris and the herd of 8-year-olds set off down 17th Street. All the people that lived there were very nice, and they gave out lots of candy. The first house they stopped at belonged to Mr. Bright. He came to the door in a monkey mask, carrying big bags of candy corn in both hands. Then they went next door to Mr. Kondraki's house. He greeted them with a "howdy" because he was dressed like a cowboy. After he gave the girls their candy, they stuck around for a while so Iris and Mr. Kondraki could talk about photography. They didn't mind, because they got to play with Crow (an old stray dog that lived nearby) while they waited.

ママが車を出したあと、アイリス率いる8歳児の集まりは17番通りを下り始めました。そこに住んでいる人たちはみんな親切で、キャンディをたくさん配ってくれました。一番最初に寄った家は、ブライトさんのところでした。彼は猿のマスクをつけて、両手にキャンディーコーンの入った大きなバッグを持ってドアを開けてくれました。それから、お隣のコンドラキさんの家に行きました。彼はカウボーイの格好をしていたので、「ハウディ!」と言って迎えてくれました。4人はキャンディをもらってから、アイリスとコンドラキさんが写真談義をするのを少し待ちました。待つのが全然苦ではなかったのは、待っている間にクロウ(近所に住んでいる、年を取った野良犬です)と遊ぶことができたからです。

Iris was the best chaperone ever. She stopped at every house to take pictures of the decorations while the girls went to the door. She even helped carry Fiona's candy when her arms got tired. But when the girls came back from Mr. Iceberg's house, Iris was not smiling. She was on the phone with her boyfriend.

アイリスは本当に最高の引率でした。彼女は全部の家の前で止まって、、4人がお菓子をもらっている間に飾りつけの写真を撮っていました。フィオナの腕が疲れた時は、キャンディを持つのを手伝ってもくれました。でも、アイスバーグさんの家から4人が帰ってきたとき、アイリスの笑顔は消えていました。彼女は恋人と電話をしていたのです。

"Look, Abe…" She was cut off by Abe's harsh voice, although Sigurrós couldn't understand what he was saying. She'd never met Abe but she'd heard about him, a big high schooler with lots of tattoos. He sounded scary.

「ねえ、エイブ……」アイリスはエイブの粗暴な声によって遮られていましたが、彼が何を言っているかシガーロスには聞き取れませんでした。シガーロスはエイブには会ったことがありませんが、タトゥーをたくさんしている大きな高校生だと聞いたことがありました。噂だけでも怖そうに聞こえます。

"I'm watching the kids! I can't just abandon them for some stupid rave."

「あたしは子供たちの面倒をみてるの!馬鹿みたいなパーティーなんかのために置いて行ったりできないわ。」

Abe's reply was loud and angry. Iris winced. Then, very quietly, she answered. "Fine. But if they get hurt Ms. S is gonna kill me." Abe just laughed. Then he said something else.
アベルの返答は怒ったような大声だったので、アイリスは顔をこわばらせてから、そっと返事をしました。「いいわ。でももしあの子たちが怪我したらあたし、ステファンさんに殺されるから。」エイブはただ笑って、それから何かを言いました。

"Yeah, I love you too." That was the first time Sigurrós had seen someone frown when they said it. Then she hung up.

「うん、あたしも愛してる」シガーロスは、あくびをしながらそんなことを言う人を初めて見ました。そしてアイリスは電話を切りました。

"What's wrong?" Sigurrós asked.

「どうしたの?」とシガーロスが聞きました。

Iris sighed. "Abe wants me to come to some party with him. Cade is gonna watch you while I'm gone."

アイリスはため息をつきました。「エイブが私に、一緒にパーティーに来てほしいんだって。私がいない間、ケイドが面倒を見てくれるからね。」

Stella frowned. "But you're our chaperone."

ステラは顔をしかめて、「でも、アイリスがわたしたちの付き添いなのに」と問い詰めると、

"Yeah, I know. But Abe's my boyfriend, so I…" she trailed off.

「うん、わかってる。でもエイブは私の彼氏で、だから……」と消え入りそうな声でアイリスはいいました。

Sigurrós didn't ever want a boyfriend, not if they made you as sad as Iris was right now. Sigurrós hugged her to make her feel better, and the other girls piled on too. It made Iris laugh, but her eyes were still sad as they continued down the street to Mr. Gears's house. He had a robot costume like Cindy’s, and he gave her his hat (a tinfoil cap with long antennae on top) when she said she liked it.

シガーロスは、今のアイリスみたいに悲しい思いをするくらいなら、彼氏なんか欲しくないと思いました。シガーロスは彼女に気を晴らしてもらうためにハグをして、他の子たちも同じようにしました。アイリスはそれに笑いましたが、ギアーズさんの家に向かうために通りを歩いている間も眼は悲しそうでした。ギアーズさんはシンディと同じようなロボットの衣装を着ていて、シンディに帽子(長いアンテナ付きのアルミホイルの帽子です!)が好きだと言われると、彼女にそれをくれました。

They stopped in front of Old Man Williams's House because someone had thrown toilet paper all over it and spray-painted "KAOZ" on the front door. Iris took a whole bunch of pictures, laughing the whole time, but her laughter stopped when Abe pulled up next to them in his big black truck. He leaned out the window and hollered at Iris.

みんなはウィリアムズおじいさんの家の前で止まりました。誰かがおじいさんの家にトイレットペーパーをぐるぐるに巻きつけ、正面のドアには「KAOZ」とスプレーで書いていたからです。アイリスは写真をたくさん撮りながら笑い続けていましたが、エイブが黒くて大きなトラックを一行のいる場所に横付けした途端に笑うのをやめました。彼は窓から身を乗り出して、アイリスに向かって叫びました。

"Hey baby! You goin' somewhere?" Iris rolled her eyes and walked over to him. Abe was just as scary as Sigurrós had heard; his head was shaved, and his muscled arms were covered in tattoos of snakes and lizards. She wondered why somebody as nice as Iris would be friends with somebody like that.

「ようベイビー!どこ行くんだ?」アイリスは目を丸くして、彼の方に歩いて行きました。エイブはシガーロスが聞いていた通りの怖い人でした。頭は剃られていて、ムキムキの腕には蛇とトカゲの刺青で覆われています。彼女は、アイリスみたいな素敵な人がどうしてこんなふうな怖い人と友達でいられるのか不思議に思いました。

When Iris got to the truck, Abe's brother Cade got out of the passenger side and circled around to meet her. Unlike his brother, Cade was thin and scrawny. He was also much nicer than Abe. Although he'd never babysat Sigurrós before, he had come over to visit with Iris a few of the times that she had.

アイリスがトラックのところに着くと、エイブの兄のケイドが助手席から降りてきて、ぐるりと回って彼女に挨拶に来ました。弟とは違って、ケイドは痩せて骨張っていました。彼はまた、エイブよりもずっと親しみやすそうな人でした。彼はシガーロスのお守りをしたことはありませんでしたが、アイリスがお守りをしている時に何回か会いにきてくれたことがあったのです。

Iris went over the rules with Cade, then got into Abe's truck. She waved at Sigurrós as Abe drove off, and she waved back.

アイリスはケイドと引率のルールを確認して、そのあとエイブのトラックに乗り込みました。彼女は去り際にシガーロスに手を振ってくれたので、シガーロスも振り返しました。

"Uh, hey," Cade said, approaching the kids. He wasn't a natural with kids like Iris; he always seemed kind of nervous around them.

「えっと、やあ。」と、ケイドは子供たちに近づきながら言いました。彼はアイリスと違って子供たちと自然に話ができず、子供の周りではいつも緊張しているように見えました。

"Hi Cade!" Cindy said. Then she headed off down the street. The other girls followed, Cade trailing after.

「こんにちは、ケイド!」とシンディは言って、通りを駆け出していきました。他の女の子たちもついていったので、ケイドも追いかけました。

They hit up several more houses with Cade. He didn't really say much, other than to tell the girls to slow down if they ran too far ahead. He usually stayed on the sidewalk while the girls went to the door, shifting his weight awkwardly. Sigurrós thought he was probably embarrassed to be out trick-or-treating with a bunch of little kids. He still came to Ms. Rights's door, though, once he saw her costume. Ms. Rights said she was a nurse, but she didn't look like any nurse Sigurrós had ever seen. Cade really liked her costume though, for some reason, and he kept talking to her even after they got their candy.

彼らはケイドと、もう何軒かの家を周りました。彼は、みんなが遠くまで走りすぎた時に少し走る速さを抑えてほしいと言う以外には、特に何も言いませんでした。女の子たちがお菓子をもらいに行っている間、彼はたいてい歩道にいて、きまり悪そうにゆらゆらと揺れていました。シガーロスは、小さい子たちと一緒にトリックオアトリートに来ているのがケイドにとっては恥ずかしいのかな、と思いました。彼は、ライツさんの衣装を見て、彼女の家にはついてきました。ライツさんは看護師の衣装だと言いましたが、シガーロスが見たことのあるような看護師には全然似ていませんでした。でも、何でかケイドは彼女の衣装をとても気に入って、みんながキャンディーをもらった後にもライツさんに話しかけ続けました。

"Come on, Cade!" Fiona pleaded, tugging at his pants leg. He sighed, then looked around.

「行こうよ、ケイド!」とフィオナが、彼のズボンの裾を引っ張りながら急かしました。彼はため息をついてから、周りを見回して言いました。

"Uh, just go over to Mr. King's house."

「ええと、キングさんの家に行ってなさい」

"But Iris said…" Stella started, but Sigurrós elbowed her. Cade was slowing them down, and she wasn't too young to have a rebellious streak.

「でもアイリスは……」とステラが言いかけたので、シガーロスは彼女を肘で小突きました。ケイドのせいで一行のお菓子をもらうペースは落ちていたし、シガーロスは大人に対してむやみに反抗してみせるほど幼くありませんでした。

"Okay!" Sigurrós hastily agreed, crossing the street with a delighted Cindy, an impatient Fiona, and a bewildered Stella in tow. Once they reached the other side of 17th Street (and made sure Cade wasn't looking), Sigurrós took a sharp left away from Mr. King's house.

「わかったよ!」とシガーロスは急いで頷いて、喜んでいるシンディに焦っているフィオナ、それから戸惑っているステラを連れて通りを渡ります。17番通りを反対側に渡って、(ケイドが見ていないことも確認して)シガーロスは急にキングさんの家からぐるっと左に曲がりました。

"Sigurrós!" Stella protested.

「シガーロス!」とステラは抗議しました。

"I don't wanna go to Mr. King's house," she replied. "He only gives ever gives us apples."

「キングさんの家には行きたくない。と彼女は返答しました。「キングさんはリンゴしかくれないじゃない。」

"Yeah," Cindy agreed. "We want candy!"

「そうだよ!」とシンディも賛成しました。「あたしたち、キャンディがほしい!」

But that's not what Sigurrós had in mind. She walked right past Old Man Aktus's house and stopped in front of the only one without any decorations. The house with "2317" on its mailbox. The house that belonged to Mr. Clef.

けれど、それはシガーロスの意図とは違いました。彼女はアクトゥスおじいさんの家を横切って、ハロウィンの飾りつけを一切していない唯一の家の前で止まりました。郵便受けに「2317」と書いてある家。クレフさんの家です。

Mr. Clef's house was dark and shuttered. If not for the Buick rusting in the driveway, there'd be no way to tell if he were even home.

クレフさんの家は暗くて閉め切られていました。もしビュイック1が車道で錆び付いていなかったのなら、彼が家にいるかどうかさえ知る手立てはなかったでしょう。

"Sigurrós!" Stella called, louder this time. "Your mom said to stay away from Mr. Clef!"

「シガーロス!」ステラがさっきよりも大きい声で呼びました。「お母さんに、クレフさんには近づくなって言われてたじゃん!」

"Yeah!" Fiona agreed, "He's a bad man!"

「そうだよ!悪い人なんだよ!」とフィオナも言います。

Sigurrós shook her head. "I don't think he's bad. I bet he's just sad and lonely because no one ever talks to him." Sigurrós had no real grounds for that assumption, but she was usually right about most things. She felt confident that all Mr. Clef needed to stop being so creepy was a friend. That's why she started walking down the cracked sidewalk to his front door. She made it several feet before she noticed that none of the other little girls had followed her. She turned around, hands on her hips.

シガーロスは首を振りました。「わたし、クレフさんは悪い人じゃないと思う。誰からも話しかけられないから、かなしくてさみしいだけなんだよ、きっと。」シガーロスはその考えの根拠なんてなにも持ってはいませんでした。でも、昔から、大抵のことにおいて彼女は正しいのです。クレフさんがあんなふうにすごく気持ち悪い人じゃなくなるために必要なものはたったひとつ、友達だという考えに彼女は確信を持っていました。だから、ヒビの入った歩道を正面扉まで歩き出したのです。何歩か歩いてから、彼女は友達が誰ひとりとしてついてきていないことに気がつき、振り向いて腰に手を当てました。

"Come on!" she huffed.

「おいでよ!」と彼女はムッとして言いました。

"No way," Stella said, "We'll get in trouble." She crossed her arms defiantly.

「いやだよ、」と、ふてくされたみたいに腕を組んだステラが言います。「怒られちゃう。」

"That house looks scary," Fiona said. The faded red paint on the shutters reminded her a little bit too much of blood.

「あの家、怖そうだわ。」とフィオナ。雨戸の色褪せた赤いペンキが、彼女に少しだけ血を連想させました。

"Cindy?" Sigurrós asked. Cindy looked nervously at Stella and Fiona on either side, then back to Sigurrós.

「シンディはどう思う?」とシガーロスが聞くと、シンディはびくびくしながら隣にいるステラとフィオナを見て、それからシガーロスに視線を戻しました。

"Fiona's right, this place is creepy."

「フィオナの言う通り。この場所はなんだかやな感じがする。」

"Fine! I'll go by myself." Sigurrós stuck out her chin and stomped off.

「もういい!私、一人で行くから。」とシガーロスは顎を突き出して言って、足音を立てながら駆けて行きました。

"I'm telling!" Stella yelled after her, but Sigurrós didn't care. As she got closer she did see what Fiona meant, though; the shuttered windows made her feel like something was peeking out between the slats, watching her. But Sigguros wasn't a chicken, and she wasn't about to let Fiona get the best of her.

「わたしは反対したんだからね!」とステラは後ろから叫びましたが、シガーロスは気に留めませんでした。でも家に近づいてみると、フィオナが言っていた意味がわかりました。シャッターが下ろされた窓から何かが自分の方を覗き見ている気がしました。けれど、シガーロスは弱虫ではありませんでしたし、フィオナに負ける気もありませんでした。

She almost looked back to her friends just to make sure they were still there, but Sigurrós was very brave and didn't need to. Instead, she walked up the short flight of stairs to the porch and knocked on the wooden door.

シガーロスは振り返って友達がまだそこにいるかどうか確認しようとしましたが、彼女は勇敢なのでその必要はありませんでした。彼女は振り向く代わりにポーチへの短い階段を登り、木の扉をノックしました。

There were several seconds of tense silence, during which Sigurrós let herself hope he wasn't home after all, but then she heard a click as a chain was unlatched. It was followed by six more, and finally the click of a deadbolt as Mr. Clef opened the door.

張り詰めた静寂の数秒間、シガーロスが彼が家にいないことを願いました。しかし、その後鎖が外れる音がしました。鎖の音は7度続き、それからかんぬきのガチャリという音とともにクレフさんが扉を開けました。

It was dark inside Mr. Clef's house, so dark that Sigurrós wondered how he could have even seen his way to the door in the first place. He wore a big hat, tilted forward so that another grown-up wouldn't have been able to see his face. But Sigurrós was half his height, level with his slightly bulging belly. She peeked up under the hat and saw that Mr. Clef's eyes were mismatched like Fiona's. She smiled as sweetly as she could, but Mr. Clef only frowned.

クレフさんの家の中は暗く、そもそも彼はどうやって玄関の扉までたどり着けたのかシガーロスが不思議に思うほどでした。彼は大きな帽子を、同じくらいの身長の大人からは彼の顔が見えないであろうほどに深く被っていました。けれどシガーロスの背丈は彼の半分ほどで、彼の少し膨らんだお腹とちょうど同じくらいでした。彼女は帽子の下から覗き込み、クレフさんの瞳がフィオナと同じように左右の色が違うのを見ました。そしてできる限り愛想のいい笑顔を浮かべてみましたが、クレフさんは顔をしかめるだけでした。

"What do you want?" he grumbled.

「何の用だ?」と彼がぼやいたので、

"Trick or treat!" she said, trying to hold the smile.

笑顔を保つ努力をしながら、「トリックオアトリート!」と彼女はいいました。

Clef's eyes glided up to the other three girls, still huddled on the sidewalk, then back down to her. "So, you thought it'd be fun to come bother old Mr. Clef? Did your little friends dare you to do this?"

クレフは、まだ歩道に溜まっている他の3人に目を向け、そしてシガーロスの方を見ました。「それで君は、クレフおじさんをからかうのが楽しいと思ったわけか?そこのお仲間にでもそそのかされたのか?」

"N-no!" she stammered. "They're just scared, because of what people say about you."

「ち、ちがいます」と彼女はどもりながら答えました。「みんなは、あなたの噂にこわがってるだけなんです。」

"And what do people say about me?" Sigurrós swallowed nervously, but kept going. She wasn't a chicken.

「噂とはどんな噂だ?」シガーロスは緊張して唾を飲み込みましたが、そのまま話を続けました。彼女は臆病者ではないのです。

"That you're a bad man. That you do bad things to people."

「みんな、あなたが悪い人だっていいます。悪いことを他の人にするって。」

Clef laughed, but it wasn't a warm laugh. It was cold and dead.

クレフは笑いましたが、それはあたたかな笑い方ではありませんでした。死んだように冷たい笑い方でした。

"What kind of bad things?" He crouched down to eye level, and she could smell his breath. It was almost overpoweringly minty, but there was something else underneath it. Something very wrong.

「どんな悪いことを?」彼はシガーロスの目の高さまでかがんだので、彼女には彼の息の匂いが感じられました。強いミントの香りがしましたが、その奥には別の何かがありました。とても悪い何かが。

"M-Mommy wouldn't say." Sigurrós was suddenly afraid that her mommy had been right, and that Mr. Clef was going to hurt her. But she wasn't going to let Mr. Clef know that. "But I don't believe it!"

「マ、ママはどんなことかは教えてくれなくて。」シガーロスは急に、彼女のママが本当は正しくて、自分はクレフさんに酷いことをされるんじゃないかと怖くなりました。でも彼女は、自分がそう思っていることをクレフさんにはバレないようにするのです。「でも、わたしはそうは思ってません!」

"Is that so?" When Mr. Clef smiled, he had too many teeth. Like a shark.

「そうなのか?」クレフさんには歯があまりにたくさんあって、笑うとサメのように見えました。

"Uh-huh. I…don't think you're a bad man."

「ええ。わたし……あなたが悪い人だとは思ってません」

"You don't?"

「思ってない?」

"N-nope. I think you're just lonely."

「は、はい。あなたはさみしいだけなんだと思います。」

Mr. Clef sat there for a second, then laughed. His belly wobbled like the bowl of orange Jello Sigurrós's mommy had put in the fridge that morning. Sigurrós was suddenly worried that she would never see that Jello again.

クレフさんは一瞬黙って、そのあと笑いました。彼のおなかは、今朝シガーロスのママが冷蔵庫に入れたオレンジのジェロー2のようにぶるぶると揺れました。シガーロスは、もうあのジェローを見られなくなるかもしれないと不安になりました。

"So let me get this straight," he said. "You believe everybody's good at heart. That some nice words and a hug are the only difference between me and you."

「話を整理しよう、」と彼は言いました。「君は、誰もが本当は心優しい人だと信じている。私と君の違いはただ、少しの優しい言葉とハグだけで埋められると信じているんだな。」

Sigurrós sort of did, but the way Mr. Clef said it made it sound stupid.

シガーロスは確かにそう思っていたのですが、クレフさんの言い方はバカにしたようなものに聞こえました。

"Yeah, I can see it in your face. Well, here's a lesson for ya."

「ああ、実際そう思ってることくらい顔を見るだけでわかるさ。なあ、君に教訓がある。」

Sigurrós gasped as something sharp jabbed her in the stomach. It was freezing cold, but the blood now soaking her shirt was all too warm.

シガーロスは腹に何か鋭いものが突き刺さるのを感じて驚きました。それは凍えるように冷たい一方で、、シャツを濡らす血はとても熱く感じました。

"You can change a lot of things, Sigurrós. You're a very special girl. You can give yourself parents, you can put us all in stupid costumes, you can even turn the world into one big Halloween party. But no matter what you do, there's one thing you can never change. There will always be evil in this world." Then he leaned in so close that his long, red nose touched her own. She finally identified the other smell behind the mint: it was the rancid stink of dead bodies.

「シガーロス、君はたくさんのことを変えられる。君はとても特別な女の子なんだ。自分に両親を作ることができるし、みんなに馬鹿みたいな衣装を着せることもできる。世界をひとつの大きなハロウィンパーティーに変えることだってできる。だが、君がなにをしようが、ひとつだけ変えられないことがあるんだ。この世界にはいつでも悪がある。」
そして彼は前にかがんだので、彼の長くて赤い鼻がシガーロスの鼻にくっつきました。彼女はようやく、ミントの後ろに香る別の香りの正体がわかりました。腐った死体の匂いです。

"And there will always be me."

「そしてそこには、いつだって私がいるんだ。」


Then, with the sound of a thousand broken ukelele strings, reality snapped back. 239 was back in her hospital bed, unconscious but unharmed. Dr. Clef tucked the knife back into his pocket and breathed a sigh of relief. For yet another year, he had successfully reversed a VK-Class Reality Restructuring event brought on by 239's coma dreams. He didn't know what idiot first told her about Halloween (probably the same dumbass that inadvertently created Santa Claus), but something about it had stuck with her. Even through her perpetual coma, Sigurrós' childlike dreams of trick-or-treating were dangerous. More dangerous than anyone could know for sure, more than anyone else would ever believe. No one else ever seemed to remember the contortions of reality that Sigurrós forced them through. No, only Dr. Clef was burdened with that knowledge.

そして、1000のウクレレの弦が切れたような音と共に、現実が舞い戻ってきた。239は病院のベッドにいて、意識もなければ傷ついてもいなかった。クレフ博士はナイフをポケットに突っ込み、安堵のため息を漏らした。また今年も、239の昏睡中にみる夢によってもたらされたVK-クラス現実再構築イベントから無事に現実を回復することができたのだ。彼は、彼女にハロウィンという概念を教えた馬鹿が誰かはわからなかったが(もしかしたら、うっかりサンタクロースを作り出したのと同じ間抜け野郎かもしれない)、とにかく何かが彼女の心に残ったのだろう。それが昏睡中のものであるにも関わらず、シガーロスがみる子供っぽいトリックオアトリートの夢は危険だった。誰もが理解していると思っているよりも、誰もが信じているよりも危険だった。シガーロスが作り上げ、強制していた現実の歪みを覚えているものは誰一人としていないようだった。ただ、クレフ博士だけがその記憶を背負わされる唯一の存在だった。

"Burdened" was a relative term, of course; Dr. Clef knew a lot of Things Man Was Not Meant To Know. That's why he still managed to whistle the Munsters theme as he made his way out of 239's containment chamber. He'd already missed the party, but he could still watch the sunrise.

「背負わされる」とはもちろん言葉のあやだ。クレフ博士は、人間が知るべきではないこと3をたくさん知っていた。だから、239の収容チャンバーから抜け出したあとにマンスターズ4のテーマを口笛で吹くこともできたのだ。パーティーは逃したが、万聖節の日の出は見ることができる。

Fifteen minutes later, Clef and Kondraki sat together on the roof of Site-17, shooting the pumpkins lined up atop the exterior wall. They didn't talk all that much, usually just when one of them was reloading. As Kondraki finished off the first clip of All Saint's Day, he turned to Alto.

15分後、クレフとコンドラキはサイト17の屋根の上に一緒に座り、外壁の上に並べたカボチャを順番に撃っていた。彼らは、どちらかが銃の再装填をしているとき以外はそれほど会話しなかった。コンドラキが万聖節最初の一発目を撃ったあと、アルトの方に向き直って言った。

"So what were you up to last night? You missed the party again."

「で、昨晩はなにをしてやがったんだ?お前はまたパーティーにいなかっただろうが。」

"Oh, you know. The usual."

「なに、わかるだろ。いつものことさ。」

Kondraki laughed, and it wasn't too long before Clef joined in. The sun shone upon the world, and the god that ruled it was not a cheerful eight-year-old who just wanted to go trick-or-treating.

コンドラキは笑い、それに続けてクレフも笑った。太陽が世界を照らし始めた。この世界を支配する神は、トリックオアトリートがしてみたかっただけの明るい8歳児ではなかった。

Not anymore.

もはやそうではなかった。

7120919645_7271bdb276_o.jpg


en tale アベル カイン クレフ博士 halloween2018 アイリス・トンプソン シガーロス



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 26399
リビジョン数: 86
批評コメント: 0

最終更新: 05 Oct 2022 11:12
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 ( 22 Aug 2022 22:39 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License