SCP-XXXX-JP - 循環

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXXXはその大きさと役割から、サイト-128内の移動用エレベーターとして使用されています。このエレベーターを使用する際は以下の注意事項に留意してください。
1、このサイトの最上階(8階)より上の階へ行くボタンを押してはいけません。(詳細は事件ログを参照)
2、乗り込む際、もしSCP-XXXX-Aが出現した場合は、エレベーター内にある栗林博士直通電話を用いて、それを報告してください。その後、彼から指示が与えられます。

説明:SCP-XXXXは、山形県██の、あるショッピングセンター内でエレベーターとして使用されていました。しかし、20███████、突発的にSCP-XXXX内部に人型実体(以降SCP-XXXX-Aと記述します)が出現し、偶然居合わせたエージェントによりその実体は確保されました。このオブジェクトは、以降の調査により、SCP-XXXX-Aを約20日の周期で発生させる装置だとわかり(観察ログを参照)、SCP-XXXX-Aは一般的な人とすべての面において変わらないことも立証済みです。(音声ログを参照)

以下は実験などのログです。

私はつつみ博士だ。
これから先の実験及び報告書作成は全て私が担当する。また、これ以降の報告書は全て時系列で並んでいる。

観察ログ-XXXX
発見されてから二か月が経過した。その期間内で発生したSCP-XXXX-Aは3体だ。しかも周期的にな。つまりこのオブジェクトは約20日で一体の実体を生み出していることになるな。だがそれ以外の異常性は見つからないか。
これは本当にSCiPなのか?いや、でも人が無から出現するなんて物理法則に反するよな...

現実改変の可能性もあるから調べてもらったがヒューム値は変化してないんだよな。まさか...

実験ログ-XXXX-1
SCP-XXXXは現在「人が無から出現する」以外の異常性を確認できていないため、危険度は低いと判断されたため、試験的にDクラス職員宿泊棟に設置しました。以降異常性が発現した場合は至急栗林までご連絡ください。

音声ログ-XXXX
SCP-XXXX-A-3に対しインタビューを行いました。
(事前に身体検査等で通常のヒトと相違ないことが確かめられました)
インタビュアー:青和田博士
録音開始
青和田:ではSCP-XXXX-A、あなたはどこから来ましたか。
SCP-XXXX-A:覚えていません。それより、その呼び方をやめてください。私の本名は鈴木隆です。
青和田:わかりました。では鈴木さん、ほかに覚えていることはありますか。
SCP-XXXX-A:すいません。本当になにも覚えていないのです。でも本質的な...なんといえばいいんでしょう、言語・作法・ルールなどの部分はわかるんです。なんというか、記憶がないというよりは記憶を封印させられたと言えばいいんでしょうか?
青和田:わかりました。
SCP-XXXX-A:ところで、私はどの記憶処理剤を飲むのでしょうか?A?B?それともF?
以下省略

事件ログ-XXXX
日時:20██████発生
事案:Dクラス職員の行方不明
内容:Dクラス職員宿泊棟に設置されていたSCP-XXXXを用いて移動していたD-15648が誤って最上階である5階より上階の8階のボタンを押したのち、約15秒後に突然消失しました。また、GPS反応も消失しているため、捜索は続けられていますが、発見は難しいと考えられています。
また、この時SCP-XXXXの付近のヒューム値が512.0を示していました。これらのことから考えられるに、D-15648は消失または別世界へ転移させられた可能性が高いです。そのため、急遽Dクラス職員宿泊棟の階層をSCP-XXXXが示す最上階である8階建てに改築しました。
しかし、8階建てに改築したのち、SCP-XXXXを再起動するとSCP-XXXXが示す最上階が11階に変化していました。
このことから、SCP-XXXXは今ある建物+3階層分の表示が出ると推定されます。(以降この3階層のことをSCP-XXXX-Bと呼称します)
そのため、このオブジェクトはサイト128(8階建て)内部に設置されることになりました。

実験ログ-XXXX-2
本格的に調査するため、Dクラス職員を用いてSCP-XXXX-Bに突入することになりました。

第1次調査
D-15650、D-15651、D-15652の3名に、それぞれ9、10、11のボタンを押させ、調査をさせた。
結果:3名とも、ボタンを押したのち、約15秒後に消失。GPSによる探知もできなくなった。D-15650、D15651は音声による交信ができたが、D-15652はどの手段を使っても交信することはできなかった。
その後、D-15650は帰還できたため、インタビューを行った。

以下は、その時の音声ログです。
インタビュアー:栗林博士
栗林:では、とりあえずご苦労だったと言っておきましょう。
D-15650:ああ、すげー大変だったぜ。説明してやる。
まず、俺は9階を押したことは知っているだろう。押したらいきなりエレベーターがめちゃくちゃゆれて、そのまま変なところに飛んだ。
そこは俺もよく知っている光景だった。だって俺がガキの頃に連れていってもらった図書館だったんだからな。そこで俺は何か不思議な感覚がした。なんていえばいいんだ?ただ漠然と、「ここは昔来たところじゃない」と思ったんだ。だからそこにあった本を片っ端から読んでいったんだ。そうして分かってきたことが2つある。
一つ目は...「今俺たちがいる世界」と「俺が行ってきた9階の世界」いちいち言うのめんどくさいな...そうだ、前者を財団世界、後者を9界とでも言うか。で、9界は財団世界よりもはるかに技術が進んだ世界だった。例えばだな「火星旅行」、「現実改変に関する法律」とかだな。・・・(中略)・・・だから俺も財団世界にいるっていう現実に改変して戻ってきたわけだ。
二つ目は、9界には財団があるんだが、その理念が財団世界の財団と少し違う気がするんだ。ここの理念は分からないが沢山のオブジェクトを収容しているだろ。でもあの世界の財団はそいつらを利用しているんだ。詳しいことは分からないがまあこれがあんたたちの研究に役立てるなら調べた甲斐があるもんだ。
栗林:9界...なるほど。この世界よりはるかに技術が進んでいて理念が違う世界...要するにパラレルワールドというものですか。

録音終了

以降、D-15650が称していたものを参考に、その世界をSCP-XXXX-B9のと記述します。
また、11階をSCP-XXXX-B11、10階をSCP-XXXX-B10と表記します。

第2次調査
D-15654、D-15656、D-15658を用いてSCP-XXXX-B9の調査をしました。結果は以下の通りです。
1、誤ってSCP-XXXX-B9に転移した場合の返送の約束
2、新技術の提供
対価として、SCP-XXXXの調査権を提供しました(後日O5協議会からの承認を得ました)

█3███
██16054█D█18064█████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████████ま█████████████████████████████████わ████████████████████████████████████████████████████████████████ることが分かった。

あるサイト管理官の覚書
このオブジェクトの潜在的な危険性を財団は見いだせていない。
このオブジェクトエレベーター内は循環している。

これより下は実際の投稿には入れない予定です。

付与予定タグ: jp,Safe,

[[/collapsible]]


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The piropiro's portal does not exist.


エラー: piropiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8042595 ( 27 May 2022 13:43 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License