SCP-XXXX-JP 完全に安全だ

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe(騙されるな)

特別収容プロトコル: 現在、SCP-XXXX-JPはサイト-2346の低危険度オブジェクト収容ロッカーのパソコンに収容されています。

説明: SCP-XXXX-JPは財団のパソコン内に発生したコンピューターウィルスです。SCP-XXXX-JPに感染したパソコンでSCP報告書を書く時、オブジェクトクラスをSafeとしか書けなくなります。そして、紙で書こうとは思いますが、「めんどくさい」と言って紙で書くとができなくなります。また、責任感が本来強い人物程、危機意識が減少し、実験や検査のやる気が減少します。そのため、この報告書はレベル1セキュリティクライアンスのCクラス職員が作りました。そして、メールなどで自動的に送信して拡散を試みます。やがて、他の付近のパソコンも感染します。尚、まだSCP-XXXX-JPを作成した人物はいまだに特定できていません。
しかし、SCP-XXXX-JPの事を書かなければ異常性を発揮しません。日が経つにつれ、このオブジェクトは力を増幅し、このオブジェクトの報告書に限らず、他のオブジェクトについての報告書を感染したパソコンで書く場合にも異常性を発揮するようになりました。

補遺1: SCP-XXXX-JPは████博士が報告書のオブジェクトクラスをSafeにしか設定できないと報告されたことで発見されました。その後、しばしば他の職員からも報告されるようになったため、サイト-2346のパソコンの使用を禁止しました。




























この報告書を観覧するためにはレベル4セキュリティクリアランスが必要です。
職員コード
パスワード
  • safe
  • jp
  • scp
  • 認知災害
  • オンライン


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The OY2010's portal does not exist.


エラー: OY2010のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8116298 ( 07 Jul 2022 12:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License