無地番地

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在、財団傘下の企業による私有地であるように装われています。また、SCP-XXX-JPを中心とするおよそ半径200mの土地を取り囲む形でフェンスが設置され、周辺が一体的な企業の土地として認識されるように装われています。SCP-XXX-JP周辺部には、財団傘下の企業名義である小規模な製材工場を建設し、常に5名以上の警備職員と、12名以上の財団職員を常駐させてください。また内包されるSCP-XXX-JPは、財団職員による測量と地積更正登記を毎年実施し、頂点部に境界杭を打った上で周辺をバリケードで囲み、職員や部外者による進入を防いでください。

説明: SCP-XXX-JPは、██県██市███字██の山中にある、幅3m、奥行2mの三角形状の土地であり、SCP-XXX-JPを通過するように作業林道が敷設されています。また西から北東方向に対しておよそ2%のゆるやかな勾配があることが確認されています。SCP-XXX-JP内の植生および生物相は周辺土地の一般的なものと差異がなく、目視ではその筆界を判断することは極めて困難です。

SCP-XXX-JPの特異性は、その土地の上を徒歩で通過することにより発生します。この行動により、その土地の地番から数えて最も近い地番の土地(以下、SCP-XXX-JP-Aと表記。)の登記内容と、その土地に関連付けられたあらゆる書類が消滅1し、SCP-XXX-JPの地番がSCP-XXX-JP-Aの従前のものに置き換わります。SCP-XXX-JP-Aとなった土地には、SCP-XXX-JPが持つ特異性は顕現していません。また、SCP-XXX-JP-A上に家屋などの構造物が存在していた場合、その構造物は残存しますが、構造物内にいる人は特異性の顕現と同時に消滅します。SCP-XXX-JPの特異性により、現在██名が行方不明になっているとされています。

補遺1:SCP-XXX-JPは2010年█月█日に██氏3による不動産の分筆登記が行われており、███字██32番213として地番が表示されています。2019年現在ではSCP-XXX-JPの地番は███字██29番161になっています。財団による周辺土地の買収と隔離後は、地番に改変は発生していません。███字██29番162ないし32番以降の土地については現在財団が調査中ですが、少なくとも29番174ないし32番212の登記内容が消滅していることが確認されています。

補遺2:SCP-XXX-JPは、2012年██月█日当時██市職員として勤務していたエージェント・雲居が、同僚の市職員から███字██地域の空き家の増加率が異常に多くなっていることを相談されたことから発見に繋がりました。███字██地域はほとんどが山林と、その一部を開発したニュータウンによって構成されていますが、財団のその後の調査によりニュータウン内のほとんどの土地と家屋の登記が存在せず、所有者不存在の状態となっていることが確認されました。また一部の家屋は解体工事が既に行われており、解体工事を請け負った業者は現在調査中です。その後財団が███字██29番160の土地の権利を取得し、隣接するはずの29番161の地図を確認したところ、███字██の山中に29番161の土地があることを発見し、財団の現地調査によって特異性が確認されるに至りました。また、この時点での███字██29番161の所有者は██氏のままとなっており、財団の売買交渉が頓挫しています。また財団は全国各地で所有者不存在の土地と家屋が増加していることについて、SCP-XXX-JPと同様のケースがないか調査を行った結果、いくつかの地域でSCP-XXX-JPと同様の特異性を顕現する土地が確認されたため、追跡調査を継続しています。


ERROR

The Our4k's portal does not exist.


エラー: Our4kのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5240133 ( 06 Apr 2019 17:43 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License