SCP-CN-444 天籟
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-CN-444

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-CN-444は、一般的情報遮断プロトコルに従って取り扱ってください。データの唯一のコピーはこの報告書の補遺2にあります。

説明: SCP-CN-444はアルゴリズムと楽譜で構成され、番号はそれぞれ-1と-2です。 SCP-CN-444-1は、一定期間にわたって受信した宇宙マイクロ波背景放射を同じ長さの旋律に変換する数学的アルゴリズムです。 SCP-CN-444-2はその結果得られた楽譜です。

楽譜を演奏したり、録音されたものを聞くと、旋律を聞くことができる人間(演奏者も含む)は異常性を帯びます。 聞いた人は、一種の催眠術にかかり、最後の音が鳴り終えると、同一の内容の言葉を母語で話し始めます。その内容は以下の通りです。

アイテム番号: SCP-44444
オブジェクトクラス: Apollyon
特別収容プロトコル: SCP-44444はアドリアン銀河の全ての物質を圧縮した高密度の特異点にしか収容できません。
説明: SCP-44444 "盤古"は非常に危険で、彼
(大声で叫ぶ)

収容違反! 収容違反! ! 収容違

(突然停止)

その書式と財団で用いられている書式との類似点については、未だ詳細な研究がなされていません。"盤古"と言及されている固有名詞の背景調査については補遺2に記されています。また、そこに述べられている"アドリアン銀河"の背景調査の結果は出ませんでした。

話し終えた後、催眠状態は解けますが、話していたという記憶はなく、音楽を楽しんだことのみを憶えています。話す内容は長くはなく、短時間で終わるため、時間のズレも感じません。

SCP-CN-444は、██市の科学技術博物館天文コーナーにあるシアターホールで行われた「星からの音を聴く」というテーマのコンサートで発見されました。 同様のコンサートは頻繁に行われていましが、コンサート終了後に博物館の職員が出口への誘導を行うためにホールへ入った際、観客全員の異常行動を発見しました。

財団は科学技術博物館からSCP-CN-444-2を回収し、すべての関係者に記憶処理を実施しました。 調査の結果、楽譜は、地元の作曲家張██(現在は姿を消していて、彼のスタジオからSCP-CN-444-1を回収した)によって提供されました。 張██の追跡調査と背景調査は、第五教会や銀河連邦に関係しているかどうかの調査を含め、現在進行中です。

補遺1:

天地渾沌如鶏子,盤古生其中。万八千歳,天地開闢。陽清為天,陰濁為地。盤古在其中,一日九変,神于天,聖于地。天日高一丈,地日厚一丈,盤古日長一丈。如此万八千歳,天数極高,地数極深,盤古極長。後乃有三皇。1

これは、三国時代に書かれた記録《三五歴記》と同様の記述です。内容にある程度の相関関係があることを鑑み、漢代後期と三国時代に同様の事件が起きたかどうかを調査しましたが、時代が古いために調査は難航しています。

ERROR

The onthonon's portal does not exist.


エラー: onthononのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:onthonon ( 31 May 2018 15:23 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License