おこもりさま

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
A0C21033-1EFF-4247-9A1D-B8B0389F7AED.jpeg

SCP-XXX-JPが住居とする神社

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの置かれた神社を含む森林地帯は自然保護区に指定し、監視所を設置します。神社より6km圏内は2.5mのフェンスで囲み、定点観測カメラによる監視を定期的に行ってください。また、定点観測カメラの映像に動きがあった場合に備え、最低2人の財団エージェントを配置します。

子守唄「江戸の子守唄」を歌っており、日常的に聞こえていますが、無音または子供のものと思われる泣き声が聞こえた場合はセキュリティレベル3以上の職員への通報、鎮圧体制を取ってください。

晴れの日で満月の場合、監視を常に行ってください。動きがあった場合は防弾シールド等を用い、SCP-XXX-JPが住居から出ないよう速やかに封じ込めてください。また、食事は必要としませんがSCP-XXX-JPが拒否しない限りは甘酒、または清涼飲料水と甘味類を3日に1度与えてください。

尚、SCP-XXX-JPを刺激することを避けるため、SCP-XXX-JP-aの回収実験は███博士により禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは背丈100cm程の市松人形です。一般的な6歳児と同じ程度の知能があり対話が可能です。自身の周りに胎児を模した人形(SCP-XXX-JP-a)1を並べており、積極的にそれらの腐敗を遅らせようとします。また、SCP-XXX-JP-aは一般的な人形に比べ非常に腐りやすいことが判明しています。

SCP-XXX-JPは晴天であることに加え、満月である時に活性化します。活性状態での活動時間は月が昇り始めてから凡そ10時間ほどで再び非活性化しますが、射撃や殴打を行うことで沈静化する事が可能です。

活性化したSCP-XXX-JPは人間のいる場所に歩いて移動します。移動した先に3歳以下の子供がいた場合は『捕食』(摂食の為の行為ではなく、ここではSCP-XXX-JP-aを増やす為の行為の呼称)します。その捕食プロセスは毛髪を触手のように扱い、対象を捕らえると、頭部が裂け、口のような器官が現れます。その後、捕らえた対象を上記の口のような器官に収納します。また、被食者の保護者にあたる者やSCP-XXX-JPに危害2を加えたものは60分から3日以内に自殺を図ります。

捕食を終えたSCP-XXX-JPは住居としている神社に戻ると、2週間から1ヶ月にかけて腹部に膨らみが見られるようになります。膨らみが一定の大きさになると触腕を用いて腹部を切開し、体内からSCP-XXX-JP-aを取り出した後世話を始めます。現在確認されている子守りの方法は以下の通りです。

行動 詳細
給餌 与えられた菓子類を小さくして与えます。食事を与えられたSCP-XXX-JP-aは腐敗までの時間が延びる事が確認されていますが、その原理は不明です。また、SCP-XXX-JP-aは食事を摂取している様子は無く、与える様子は子供の「ままごと」に類似しています。
衣服を与える 被食者の体組織から和服を作り与えます。どのように作られているかは不明ですが一般的な和服と作りは変わらないように思えます。

SCP-XXX-JPは群馬県██町北部に存在する森から、異臭がするとの通報を民間人から受けた際偶然発見されたものです。異臭はSCP-XXX-JPが住居とする木製の神社の中からしており、SCP-XXX-JP-aの腐敗が進んだ際に生じたものと判明しています。

また、住居である神社から1日以上離れることを極端に嫌がるため、収容施設への収容は難しいと思われます。その事については何らかの理由があると見られており調査を進めています。

実験記録XXX-JP-1- 日付19██/03/██

対象: D-XXX-1

目的: 敵対的でない接触に対するSCP-XXX-JPの反応の調査。

実施方法: D-XXX-1とSCP-XXX-JPを会話させる。対象にはSCP-XXX-JPについて「知能のある人形」としか伝えていない。

結果: SCP-XXX-JPはD-XXX-1に対し終始昔話を聞かせた。実験後にD-XXX-1は「懐かしかった」と供述。精神状態の回復が見られた。

分析: 非活性状態のSCP-XXX-JPは敵対的でない人間には危害を与えないようです。より細かい実験が必要になります。

実験記録XXX-JP-4 - 日付19██/05/██

対象: D-XXX-4

目的: 敵対的な接触の基準と、それらに対するSCP-XXX-JPの反応の調査。

実施方法: 非活性状態のSCP-XXX-JPに様々な方法で接触する。

結果: 横倒しにする、棒状のものでつつくといった行為に対しては反応を示さなかったが、殴打されるとSCP-XXX-JPは甲高い悲鳴を発した。悲鳴を認識した職員に対する経過観察のため、この時点で実験が中断された。中断から凡そ15時間後、D-XXX-4は監視役の職員の拳銃を奪おうとしたため、終了された。

分析: 今後SCP-XXX-JPに対し危害を加えるのは一切禁止します。また、実験に参加した職員の監視の強化を行います。

後記: 監視は██日まで継続されましたが、自殺を図る人物は確認されなかったため、現在では全員職務に復帰しています。SCP-XXX-JPの悲鳴の影響を受けるのは、直接危害を加えた人物のみであると思われます。

実験記録XXX-JP-7 - 日付20██/08/██

対象: D-XXX-7

目的: SCP-XXX-JP-aへの接触に対するSCP-XXX-JPの反応と、SCP-XXX-JP-aの組成の調査。

実施方法: D-XXX-7を神社に侵入させ、SCP-XXX-JP-aを複数回収させる。

結果: D-XXX-7がSCP-XXX-JP-aを手にして直ぐにSCP-XXX-JPが活性化。触腕を用いて絞殺しようとしたが、D-XXX-7が回避したため失敗。3体のSCP-XXX-JP-aの回収に成功した。

検査の結果、SCP-XXX-JP-aはヒトの体組織で組成されており、DNAが被食者と一致しました。また、1部のSCP-XXX-JP-aには臓器と類似した形状の部位が見受けられました。

分析: SCP-XXX-JP-aの回収はSCP-XXX-JPの活性化を招くことが判明しました。組成に特筆すべき異常が見られなかった場合、回収実験の禁止を要請します。

後記: 実験終了後、D-XXX-7が「腹や胸が刺されたように痛い」「血の匂いがする」と訴えました。検査結果に異常な点は見られませんでした。

補遺1: SCP-XXX-JP-a(1)はサイト-8181内の標準的な収容ロッカーに保管されていましたが腐敗が著しく進み、収容から5日で原型を保つことが難しくなった為やむを得ず廃棄しました。

補遺2: 『おこもりさま』は██町に古くから伝わる子供を守る神であると伝承があることが判明。現在はごく1部の人間を除きその伝承は薄れています。


ERROR

The onoono_flower's portal does not exist.


エラー: onoono_flowerのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:onoono-flower ( 02 Jun 2018 15:05 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License