確保、収容、保護(ベンチャー予備)
評価: 0+x

空白
Tunguska_Ereignis.jpg

SCP-XXXX-JP事例

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその性質上収容不可能です。あらゆる異常存在の封じ込めをもってSCP-XXXX-JPの収容手順とします。新人職員へのオリエンテーションにおいて、財団の理念の教育を徹底してください。違反する行いが多くみられる職員には、サイト管理者の裁量で厳重な処罰を与えられます。SCP-XXXX-JPに関するあらゆる情報は専用クリアランスにより秘匿されているため、オリエンテーションスピーチの内容はO5の作成したマニュアルに従って決定されるようにしてください。SCP-XXXX-JPが発生した、またはSCP-XXXX-JPの情報が漏洩したと判断された場合、機動部隊アルファ-1 ("レッド・ライト・ハンド")によって情報規制および記憶処理が行われます。

説明: SCP-XXXX-JPは一般に保存則と呼称される物理法則です。通常は物理学で記述される挙動を示しますが、アノマリーが無力化された際に異常性が発現します。この時、そのアノマリーが今まで違反してきた保存則の埋め合わせが周囲で行われます。

発見経緯: SCP-XXXX-JPは財団の前身組織群が形成される以前から確認されていましたが、各アノマリー特有のものだと考えられていました。アノマリーを扱う組織が形成されたことでSCP-XXXX-JPの規則性が明らかとなり、前身組織の1つである全米確保収容イニシアチブ(ASCI)を主導とした調査によってSCP-XXXX-JPが体系化されました。これによりアノマリーの取り扱い方の大幅な方針変更が行われました。有用な収容技術は組織間で共有され、
以下は財団の設立

ERROR

The Okaka_Onigiri's portal does not exist.


エラー: Okaka_Onigiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:okaka-onigiri ( 01 Jun 2018 11:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License