Ogakuzu 1

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPに侵入可能な全領域は既に財団フロント企業によって買収されています。警備員を配置し民間人の立ち入りを禁止してください。侵入者は即座に拘束され記憶処理の後解放されます。また、なんらかの理由で対象領域内に立ち入る必要がある場合、██川を渡渉せず、異常性発現を防いでください。SCP-XXX-JPに侵入した人物は死亡したものとして扱われます。

説明: SCP-XXX-JPは██県██市に存在する異常空間です。当地域を流れる██川の源流から██km〜██kmの区間において、片岸からもう一方へ渡渉する事によってSCP-XXX-JPに転移します。GPSによる調査では対象の消失以降も特に変化なく対象の動きを追跡した事から、この空間が基底世界に重なった状態で存在しているという仮説が立てられています。SCP-XXX-JPの内部は主に石畳で覆われた小道とその両脇に生えた竹林から構成されています。この道は対象の出現地点から見て背後は巨大な岩で塞がれており、正面は上り坂になっています。この空間内では対象の体感時間が最大で100倍程度にまで延長されます。この道から逸れようとする行為は体感時間のさらなる延長により失敗しています。出現地点からおよそ20kmの地点にSCP-XXX-JP-1に指定された建造物が存在します。

SCP-XXX-JP-1は日本風旅館の外観を持ちます。SCP-XXX-JP-1は通常の旅館と同様の宿泊設備を備えています。内部は外見よりも明らかに広く推定[編集済み]人が滞在する事が可能です。SCP-XXX-JP-1には多数の“宿泊者”が存在し、中には██川以外から侵入したと考えられている存在も含まれています。その為、他のSCP-XXX-JPに侵入可能な領域、手段が存在すると仮定され調査が進められています。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP-1の管理者と思われる女性型の実体です。SCP-XXX-JP-Aは多くの業務を処理する必要がありますが、不明な手段でそれを可能にしています。SCP-XXX-JP-Aは対象を呼び止め、SCP-XXX-JP-1に入るよう促します。これを受け入れた場合、対象は期限なくSCP-XXX-JP-1に滞在する事になります。拒否した場合、対象は道を進む事になりますが、ある程度進んだ地点で通信が断絶する為、それ以降については不明です。

SCP-XXX-JPから帰還した例はありません。

調査記録-1

日付: 20██/██/██

対象: エージェント・██

補足: この調査は完全に偶発的なものでした。他の異常存在の収容に当たっていたエージェント・██は██川を渡渉し、不本意ながらもSCP-XXX-JPに侵入しました。

<記録開始>

対象: こちらエージェント・██。本部、応答してくれ。

本部: どうした、[編集済み]を発見したのか?

対象: よかった、通信はできるようだな。今、未知の異常空間に巻き込まれている。多分、例の[罵倒]アノマリーとは無関係の異常だ。

本部: 了解した。そちらの様子を教えてくれ。

対象: 見たところ竹やぶの中の一本道にいる。後ろは大岩で塞がれていて、前は上り坂だ。調べるとしたらこっちだな。

本部: わかった。ではそちらに進んでくれ。

対象: 了解。

[しばらく対象が道を進む。]

対象: なあ、ここに来てからどれくらい経ってる?

本部: 2時間くらいだ。

対象: そうか、こっちではもう何日も歩いてる気分だ。例えるなら、退屈な話でも聞いてる時は同じ時間だと分かっていても長く感じるだろ?そんな感じだ。

本部: なるほど、他に気付いたことはないか?

対象: そうだな…。気のせいかもしれないが、なんとなく見られている気がする。いや、調べられるとか試されるとかの方が正確だな、そういう感じだ。

本部: そうか。また何かあったら教えてくれ。

対象: 何かあって欲しいよ、何もないのも結構辛いもんだ。

[

[!— 脚注をコメント欄の上に表示するために必要な構文です。不要な場合は削除してください。]

ERROR

The ogakuzu's portal does not exist.


エラー: ogakuzuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4623130 ( 17 Dec 2018 06:44 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License