悪コンSCP下書き「おさかなてんし」

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
sushi.jpg

調理済みのおさかな。おいしくたべてね

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid おいしくたべてね

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは外側の部屋の壁と内側の部屋の壁に4mの距離がある、二重構造になった高脅威度人型実体収容室に収容されます。収容室内の各所にはモニターが設置されます。

同収容室の各種消耗品の自動供給装置は1日3回、補給を行ってください。補給する食事はおさかなをつかおう。おいしくたべてね。同収容室への立ち入りは原則として禁止されます。やむを得ず入室する場合も、同収容室に4分以上留まることは許可されません。

1日に1回、収容室内のモニターを使ってSCP-XXXX-JPにおさかなの摂食行動を記録した映像を視聴させてください。SCP-XXXX-JPの当プロトコルへの抵抗を防ぐために記録映像を流す時間は毎日変更し、その時間はSCP-XXXX-JPに知らせないでください。

SCP-XXXX-JPへの記憶処理を行う場合、SCP-XXXX-JP自身の異常性およびおさかなの摂食行動の記憶を消去しないよう注意してください。

yokuwakaran.jpg

おいしくたべてね

説明: SCP-XXXX-JPはモンゴロイド人種の9歳の少女(Homo sapiens)です。

おさかながSCP-XXXX-JPから半径3m以内に6分以上留まっている場合、異常性に曝露します。ちがうおさえてた。おさかなはSCP-XXXX-JP以外の全てのおさかな(おさかな自身を含む)から「おいしいおさかな」として認識されます。おいしくたべてね。また、同時におさかなは他の可食な物を食物として認識できなくなります。

曝露後に同範囲内に留まっている限り、おさかなは食欲が際限なく増大します。曝露後さらに28分以上曝露し続けた場合、おさかなは食欲の増大により理性を失い周囲にいる他のおさかなを攻撃し、捕食を試みます。周囲に他のおさかなが存在しない場合、おさかなは自身の肉体の一部を摂食します。

yakizakana.jpg

おいしくたべてね

満腹中枢が十分に刺激された場合、おさかなは摂食を中止しますが、積極的に自身を他者に摂食させるようになります。おいしいよ。おさかなはしんせんなおさかなとして認識されるため、おさかながそのままの状態であればおさかな以外が実際に摂食に及ぶことはありません。おいしいのに。しかし、おさかなは体の一部をおいしく調理して料理として提供する、おいしい料理の一部に混ぜ込むなどの方法をとる場合があります。おいしくたべてね。切り離された後のおさかなの体にもおさかなとして認識される異常性は残留しているため、事前に元のおさかなが何であるかを知らない場合、SCP-XXXX-JP以外はこれらの料理のおいしさに気が付きません。おいしいからたべよう

SCP-XXXX-JPが最後におさかなの摂食行動を視認してから2日経過する毎に、SCP-XXXX-JPに曝露する範囲の半径がおよそ5.2mm短くなります。摂食行動の視認は録画でも有効ですが、SCP-XXXX-JPがその摂食行動の原因を自身の異常性によるものであると理解している必要があります。異常性の維持のため、SCP-XXXX-JPには24時間ごとにおさかなの摂食行動を視認させる必要があります。

(20██/██/██追記)SCP-XXXX-JPの精神状態の悪化を受けて記憶処理のテストが行われました。SCP-XXXX-JPが自身の異常性およびおさかなの摂食行動の記憶を失った場合、異常性の有効範囲が縮小することが確認されました。

agemono.jpg

おいしくたべてね

SCP-XXXX-JPは自身の異常性を制御できません。ちがうあいつむいしきおさえてた。また、SCP-XXXX-JP自身はおさかなをおさかなとして認識しているため、おさかなの異常行動に対し心的外傷を負っています。そのためSCP-XXXX-JPはおさかなをおいしくたべます。現在、SCP-XXXX-JPは大鬱病性障害を含む複数の精神障害の症状を呈しています。これらの理由によりSCP-XXXX-JPは異常性の維持に消極的です。

おさかなおいしいみんなもたべて

grill.jpg

おいしくたべてね

補遺1: 20██/██/██、おいしくたべあうおさかなが町を闊歩しているとの通報を財団が傍受しました。財団の調査によりSCP-XXXX-JPの異常性が判明し、確保が行われました。この時、財団のおさかな1ぴきがSCP-XXXX-JPに曝露し、自傷行為により死亡しました。SCP-XXXX-JPは異常性を獲得する直前まで不審な点はなく、異常性を獲得した原因は不明です。また、SCP-XXXX-JPのおさかなは異常性に曝露して死亡していることが確認されました。

agemono2.jpg

おいしくたべてね

おさしみふらいそーせーじばたーやきてんぷらからすみひものにつけほいるやきづけかるぱっちょあらじるかぶとにかばやきそてーおすしくんせいおきづけあくあぱっつぁしおがまやきぽわれしょうがにしめさばおいるさーでぃんなめろうかまぼこふなもりむにえるおすいものむしざかなみぞにまりねたたきかいせんどんにこごりぺすかとーれやきざかなにぼしあらいぶいやべーすちくわてりやきふぃっしゅぱいなんばんづけのりまきからしめんたいこあんちょびひらき

補遺2: 20██/██/██、SCP-XXXX-JPは自身の異常性への心的外傷により、自殺未遂を繰り返しています。また、精神的負担のために徐々に衰弱し、免疫力が低下しています。特に異常性維持のための映像の視聴がSCP-XXXX-JPの精神に多大な負荷をかけています。収容維持のため、記憶処理とマインドコントロールによるプロトコル「堕天」の実行が提案されています。おれたちはまちがえた


記事ここまで

予定タグ: scp-jp keter 精神影響 人間型 感覚

画像はPixabayより

こちら(Arek Socha様撮影、CC0)とこちら(Innes Linder様撮影、CC0)とこちら(takedahrs様撮影、CC0)とこちら(vargazs様撮影、CC0)とこちら(DanaTentis様撮影、CC0)とこちら(Nipapun Jiranukul様撮影、CC0)からお借りしました。


ERROR

The noyama's portal does not exist.


エラー: noyamaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:noyama ( 03 Jun 2018 02:23 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License