SCP下書き 「崩壊性自然数」

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPを完全に収容することは不可能です。財団外部でSCP-XXXX-JPが発生した場合、エージェントを派遣し、関係者にAランク記憶処理を施した後、異常性が発生した箇所を適切に抹消して下さい。インターネット上で発生した場合は、カバーストーリー「巨大数入力によるプログラムエラー」を流布した上で、指数を用いた異常の発現しない書式に改めて下さい。数学の研究をしている団体は職員を送り込み常に活動を監視して下さい。
同一平面かつ直線上に92桁以上の数を記述する時、必ずその数が素数ではないことを確認してから記述して下さい。

現在このオブジェクトに関する実験は無期限停止中です。

説明: SCP-XXXX-JPは、10進法で記述した場合91桁92桁になる特定の数1(以下、SCP-XXXX-JP-Aと呼称)より大きな数(以下SCP-XXXX-JP-1と呼称)を同一平面かつ直線上に、単一の数として記述した場合に起こる異常現象です。

SCP-XXXX-JP-1を異常性が発現する書式で記述した時、即座にSCP-XXXX-JP-1の持つ最小素因数が分離され、2つの数の積の計算の書式に改められます。以降、この現象をSCP-XXXX-JP-1が存在しなくなるまで繰り返します。 この異常性はスクリーン上にSCP-XXXX-JP-1が表示された場合も発生し、スクリーン上の数字が変化するとともにコンピューターの内部データにも変更が入ります。

小数の場合は整数部分のみが異常性を発現した後、小数部分との和の式で表されます。また、分数は分母と分子がそれぞれ異常性を発現します。不可説不可説転2・グーゴルプレックス3・グラハム数4などのSCP-XXXX-JP-Aを上回るような数に対する呼称についても異常性は発生しません。

その性質から、SCP-XXXX-JPを用いた巨大数の因数分解、特にRSA暗号の解読に利用できる可能性が示唆されていますが、それによって100桁以上の素数が発生することになるため、使用は禁止されています。

.

.

実験記録

実験記録抜粋1

目的: SCP-XXXX-JPの再現性と終了条件を調べるためいくつかの数を用いて実験を行った。
実験内容: 紙面上にサインペンを用いて巨大数を記入し、肉眼及びハイスピードカメラで変化を観察する。
補足: 括弧で囲われた数式は実験時自然数で記述されていたものである。

対象数: (1091)
結果: 2×2×2×(1.25×1090)へと変化した。
メモ: 変化後の数字は非常に整った筆跡となった。筆跡鑑定は既知の誰のものとも一致しなかった。

対象数: (1092)
結果: 2×2×2×2×2×2×(1.5625×1090)へと変化した
メモ: 数字が複雑になろうとも決して最小素因数以外を分離はしないらしい。10の累乗では2しか分離しないだろう。

対象数: (1093)
結果: 2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×(9.765625×1089)へと変化した。
メモ: 1.953125×1090で止まらなかったのは有用な情報だ。1.5625×1090との間に閾値があるに違いない。

対象数: (3×1091)
結果: 2×2×2×2×2×(9.375×1089)へと変化した。
メモ: 閾値は1.875×1090より小さいようだ。またやはり2で割ることができる数は必ず2を分離するようだ。

実験総括: 実験を繰り返し、SCP-XXXX-JP-Aを1.732826×1090付近だと特定しました。ハイスピードカメラでの分離のプロセスは確認できませんでした。

実験記録抜粋2

目的: 一般的でない数字の記入法をした際のSCP-XXXX-JP-1の挙動の把握。
実験内容: 実験記録抜粋1と同様。

実験2-1
内容: アラビア数字を知らないDクラス職員にアラビア数字で(1091)を記述させる。
結果: Dクラス職員が記述した直後は変化なし。その後、実験担当者が(1091)を視認すると、即座に2×2×2×(1.25×1090)へと変化した。
メモ: 書いたものが数だと認識される必要があるようだ。

実験2-2
内容: 10進法以外の進法の数字を記述した。
対象数: (1091(2))、(1091(3))、(1091(5))、(1091(13))、(1091(20))
結果: 13進法、20進法は変化したが、残りは変化なし。変化した2つの数に関しては、変化後の式が変化前の数と一致することが確認された。
メモ: どの進法でも閾値は同じ値をとるようだ。

実験2-3
内容: SCP-XXXX-JP-Aより大きい数をマヤ数字、バビロニア数学で記述した。
結果: どちらも即座に変化した。変化後の式は変化前の数と一致した。
メモ: ローマ数字や漢数字などでは不可能だが、「位取り記数法」と「全桁共通の数字の使用」を採用している数字体系なら可能だということか。

.

.

.

.
職員コード及びパスワードを提示して下さい

職員コード
パスワード


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The No72's portal does not exist.


エラー: No72のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4891515 ( 23 Aug 2019 05:38 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License