SCP-×××-jp コースター

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x

アイテム番号:SCP-×××-jp
オブジェクトクラス:safe
特別収容プロトコル
SCP-×××-jp群は鍵付きのロッカーに保管してください。
コースターにSCP○○○-jpを実験でも絶対にコースターに近づけないでください。SCP-×××-jpを実験以外で持ち出す場合はセキュリティクリアランスレベル2の職員の許可を受けてください。実験以外で持ち出すことは禁止されています。
説明
SCP-×××-jpは縦10cm横10cmの合成繊維で出来たコースターです。[編集済み]県で「吐き気を催している患者に接触した人が腐敗した」と病院からの110番通報を警察内の財団エージェントの興味を引き収容に至りました。通報者と発見者には事情聴取の後Bクラス記憶処置を施され解放されました。
SCP-×××-jp群は上部に飲料1が置かれるとその内容物の腐敗する速度2を速めます。腐敗した飲料を飲むと飲んだ人物(以後SCP-×××-jp-1と呼称)体調不良3を訴えます。その際SCP-×××-jp-1の出した体液に人間が直接触れた場合(この人間をSCP×××-jp-2と呼称)触れた部分が腐食します。その時SCP-×××-jp-1には体調不良以外の異常は見られません。SCP-×××-jp-1の体調が回復するとSCP-×××-jp-2の腐食も停止します。

補遺-1実験記録

実験×××-1:SCP×××-jpの異常性を調べるための実験
実験方法:Dクラス職員にSCP-×××-jpの1つを触らせる
実験結果何も起こらなかった

実験×××-2:実験×××-1と同じ
実験方法:Dクラス職員にSCP-×××-jpの1つを普通のコースターのように使わせる
実験結果体調不良を訴えた
メモ:飲んだ物を分析してみると腐敗が起こっていた。使用した飲料が当日採取した天然水である事は特筆すべきである。

実験×××-jp-3:実験×××-2の結果を踏まえ異常性のさらなる検証の実験
実験方法:実験×××-2と同じ、使用する飲料は当日採取した天然水
実験結果:実験×××-2と同様の結果となった。
メモ:実験後実験助手が皮膚の痒みを訴えた、確認したところ皮膚が腐っていた、さらなる検証が必要

実験×××-4:実験×××-3で起こった事の検証
実験方法:Dクラス職員1名にSCP-×××-jpの1つを使わせた飲料を飲ませ、別のDクラス職員1名に接触させる
実験結果:接触させたDクラス職員の接触された場所が腐敗した


ERROR

The nmp3582's portal does not exist.


エラー: nmp3582のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5238866 ( 07 Dec 2019 14:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License