SCP-XXXX-JP 止まってはいけない

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその性質上、完全に収容することは不可能とされています。SCP-XXXX-JPは通常の信号機に擬態させ、(補遺XXXX-JP-1を参照)。周囲にはスピーカーの形をしたクラスA記憶処理剤散布装置を準備し、万が一、市民が曝露した際には即座にAクラス記憶処理が行われた後、カバーストーリー「死亡事故多発交差点」を流布します。また、SCP-XXXX-JPから半径10m以内に二人以上の人間のグループを近づけることは好ましくありません。

説明: SCP-XXXX-JPはXXX県にある一般的な交通信号機に似た異常物体です。このSCPの異常性は2人以上のグループが信号待ちをしている際に発生します。

補遺XXXX-JP-1

日付: 20 XX/XX/XX

対象: SCP-XXXX-JP


[ログ開始]

[SCP-XXXX-JPを囲むようにサイト-XXを建設]

SCP-XXXX-JPが未知の方法で消失

[その後、別のXXX県の交差点で不審な信号機が確認された]

考察: SCP-XXXX-JPは未知の方法で周囲の交通量を測定しており、交通量が一定以下になった場合、他の交差点に転移するようです。

[ログ終了]

ERROR

The niranira-something's portal does not exist.


エラー: niranira-somethingのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7224915 ( 25 Jan 2021 09:55 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License