ハンバーグ・オブザ・デッド

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1829-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1829-JPは施錠できる金属製の箱に入れて保存してください。SCP-1829-JPの実験を行う際は全身防護服を着用しなければいけません。SCP-1829-JP-1であることが確認された全ての個人は即時に終了する必要があります。終了時には、必ず焼却するようにしてください。

説明: SCP-1829-JPは東京都██市の住宅街にある個人経営の飲食店で提供されていた、調理済みのハンバーグステーキ群です。1個体につき100gあり、収容時点で数量は750個あります。全個体が不明な原理での"再生"能力を示しており腐敗はしません。その全てが、ある特定個人のヒト(Homo sapiens)に由来する筋肉組織・脂肪・骨組織・髪・爪・主要臓器の一部・血管から構成されています。

SCP-1829-JPは不明な原理での"運動"能力を示します。また、非常に反抗的な態度を示し、脳組織や発声器官がないにも関わらず日本語を理解し話すことが出来ます。しかし、常に叫んでいるため、意思疎通は困難です。

また、近くに人間がいると全ての個体が飛び跳ねて人間に接触をはかります。その際に接触した人間の肉体に、同化しながら人体内部に侵入します。接触された人間(以下SCP-1829-JP-1)は24時間以内に、筋肉組織・脂肪・骨組織・主要臓器の一部・血管をSCP-1829-JPに置換され死亡します。死亡した直後は、再び生体反応を示し蘇生したように見えます。しかし、SCP-1829-JP-1は高次脳機能を欠いているように見え、別の生きている人間に遭遇するまでさまよい続けます。見つけ次第、人間に接触をします。新たに接触された人間は、同様のプロセスを経て死亡し、SCP-1829-JP-1と同様の性質を持ちます。新たに増えたそれは更なる人間が見つかるまで、その行動を繰り返します。この時点で、焼却による対象の終了処分が許可されています。

また、積極的に摂食しようとした際、オブジェクトはそれまでの"運動"能力がなくなり一般的なハンバーグステーキ群になります。その状態のオブジェクトを摂食すると、対象は1つのプロセスを経てからSCP-1829-JP-1になります。そのプロセスの初期段階として、対象はオブジェクトに脳組織の一部を破壊されます。その破壊によって、対象の精神は児童期1にあたる年齢にまで退行します。そのことにより、オブジェクトへの警戒心がなくなり、オブジェクトを積極的に摂食しようとします。2さらに満腹に対する反応が欠如し、通常の人間の許容量を遥かに超える暴食が可能となっていることが明らかになっています。詳しいプロセスは段階表を参照してください。


SCP-1829-JPは2018年5月9日、東京都██市の住宅街にある個人経営のレストランにて「ハンバーグが飛び跳ねて人を襲っている」という通報があり、発見されました。その際に店内の人間の95%がオブジェクトの影響下にありました。その後、警察に扮したエージェントによりオブジェクトの回収と影響下におかれていた元人間の終了処分、及び店内にいた影響を受けていない全ての人間に記憶処理を施し、カバーストーリー「ガス爆発事故」が流布されました。後の調査では、このレストランで過去2018年4月19日に調理スタッフであった幕戸██氏が行方不明になっていることが確認されました。また、調査によりオブジェクトの遺伝子情報は行方不明である同氏と一致している事が確認されています。

補遺1:
以下のインタビューログは段階表の作成にあたり、ステージ4に達した対象にインタビューを行ったものです。

補遺2:
以下のインタビューは現在、行方不明になっているエージェントによる記録です。


ERROR

The niku_ume's portal does not exist.


エラー: niku_umeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:niku-ume ( 03 Jun 2018 08:35 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License