ミーメティックおばあちゃん

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは伝達されることで異常な記憶を生成する故人の情報です。現在、9例発見、収容されています。発見された順に番号SCP-XXXX-JP-X(Xには数字が入る)をふられています。

SCP-XXXX-JP-Xの情報が異常な記憶を持つ人物から他者へ伝達されることで異常性が現れます。情報の伝達は機器を通さず、口頭で行われなければなりません。この情報の伝達は、発信者と受信者の持つSCP-XXXX-JP-Xへの人物像がほとんど一致した時に成り立つと考えられています。生前のSCP-XXXX-JP-Xの情報を知っている人物へは、異常な記憶を保持している人物がそのエピソードを伝えることが異常な記憶の生成条件となります。記憶の生成は一度異常な記憶を持った人物には現れず、その記憶を消去した場合でも再度発現することはありませんでした。

SCP-XXXX-JPの生成する記憶は、情報を受け取った人物のエピソード記憶にSCP-XXXX-JP-Xが現れる形をとります。記憶の中のSCP-XXXX-JP-Xの行動は周りの物や人と自然な形で相互作用します。又、SCP-XXXX-JP-1の服装や持ち物は状況に適したものに変化します。この生成された記憶は受信者のエピソード記憶から新たに作られるようで、元々の記憶を思い出すことも可能です。生成元となる記憶の選択基準は明確には分かっていません。生成された記憶と一致する事象は実際には起きていないことが確認されています。

SCP-XXXX-JP-Xの持つ姿や知性は引き継がれます。記憶が生成された段階で伝えた情報からは再現できないようなSCP-XXXX-JP-Xの情報(細かな容姿、声色、行動パターン)も想起されています。これは高い連続性を持ち、明らかにSCP-XXXX-JPの持つ異常性の1つだと考えられています1

SCP-XXXX-JP-Xは生成した記憶での影響や知識を保持していることが確認されています。例えば以前の記憶でケガを負った場合にはケガした箇所をかばう仕草が確認され、また、以前の記憶で得た知識に言及する事例も確認されました。この影響は行動として現れるだけでなく、SCP-XXXX-JP-Xの容姿や印象にも現れます。例えば生前の情報と比べ若く見える、活動的に感じると指摘された事例があります。この変化は伝達された情報のズレの積み重ねから生じるものなのか、異常性によるものなのかは分かっていません。

発見経緯: SCP-XXXX-JP-1は、SCP-XXXX-JP-1の葬儀において孫である██研究員によって発見されました。親族の中に事実と一致しない記憶について語る人物が複数現れたことから、██研究員が財団に通報しました。初期調査の為に調査チームが送られその異常性を確認し、その後記憶処理と異常性を抑える欺瞞情報が流布されました。初期調査において生じた収容違反(██研究員と調査チームの2名のエージェントが異常性により財団サイト内、財団業務内にSCP-XXXX-JP-1が現れた記憶を生成された)は許容できるリスクと見做されています。異常性が再度発現しない特性から彼らは研究チームに配属され、SCP-XXXX-JPの直接の分析を担いました。

実験記録: SCP-XXXX-JP-1を用いて異常性の解明の為に長期間での実験を行いました。収容までにSCP-XXXX-JP-1は異常な記憶を21回生成していました。被験者には記憶処理を行い財団内での記憶を消去してから実験を行いました。ここでは特徴的な事例を記します。

[一行空ける]
インタビュー/実験記録/補遺: [内容文]

ERROR

The NenRiki's portal does not exist.


エラー: NenRikiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3378513 ( 11 Jun 2019 02:11 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License