血の海を描く

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト‐81██の厳重に施錠された中脅威度物品保管ロッカーにて常温保管されます。監視カメラを設置し、24時間監視してください。SCP-XXX-JPを視認する必要がある場合は██研究員に協力を要請するか、セキュリティクリアランスレベル3以上の担当者に許可を得た後視認から3分以内にBクラスの記憶処理を施してください。SCP-XXX-JPの異常性を確認する実験は、研究主任に申請書を提出すればDクラス職員を用いて行うことができます。SCP-XXX-JPの内容物の残量を鑑みてSCP-XXX-JPを消費する実験は凍結されました。SCP-XXX-JPを用いた実験はオブジェクトの視認にとどめてください。現在SCP-XXX-JPの亜種の捜索が全国で進められています。

説明: SCP-XXX-JPはそれぞれ赤色と青色のラベルが付いた金属製チューブに入った、一対の青色と赤色の水彩絵の具です。SCP-XXX-JP同士が3m以上離れると即座に一方が消失し、もう一方の隣に出現します。この現象のメカニズムは解明されていません。ラベルには「███watercolors(色名)」と表記されており、成分解析の結果SCP-XXX-JPの内容物は███社製の一般的な児童用12色水彩絵の具と一致することが判明しました。同一製造ラインの製品の調査が行われましたが、一部データが陥落しており正確な結果は得られていません。

SCP-XXX-JPの異常性は、対象がそれを視認した際に発現します。SCP-XXX-JPを視認すると、対象の赤色と青色に対する認識が反転します。この異常性は発現から3分以内のBクラス記憶処理によって取り除く事が可能であることが、Dクラスを用いた実験により判明しています。発現から3~5分経過した場合対象の認識がどう変化していくのかは、その異常性を被曝者以外確認することが出来ないため明らかになっていません。

SCP-XXX-JPは██小学校4年█組の図画工作の授業中にSCP-XXX-JPを使用した生徒の描いた絵の色調が不自然であることを指摘した担任と生徒の保護者が口論になり、学校内での騒動に発展したことで財団の興味を惹きました。

SCP-XXX-JPは当該生徒の道具箱から回収されましたが、外箱を除きSCP-XXX-JP以外の絵の具は一切見つかりませんでした。その後行われた調査により、生徒の保護者や生徒と隣接する席に座っていた他の生徒は、絵の具の開封作業を視認することによってSCP-XXX-JPに曝露したと結論付けられました。担任を含め当該生徒の絵を視認した全ての関係者にカバーストーリー“個性的な配色”を流布し、Bクラス記憶処理を施しました。

当初SCP-XXX-JPはAnomalousアイテムとされる予定でしたが、後述する実験の実施後実験に携わっていた██研究員の行動に強い異常がきたされていることからSafeクラスオブジェクトに指定され、特別収容プロトコルに実験後記憶処理を施す旨が追加されました。

以下はDクラス職員を用いたSCP-XXX-JPの実験記録です。


補遺2:全ての実験が完了した█日後、██研究員が実験準備室内でカッターナイフを用いて頻繁に自傷行為を行っていることが判明しました。██研究員は鎮静剤を投与され、その後行われたインタビューに応じました。

対象: ██研究員

インタビュー内容: 自傷行為を行った理由、SCP-XXX-JP曝露後の自身の状態について

<録音開始>

███博士: 何故今回のような行為に走ったのですか。

██研究員: …すみませんでした。

███博士: あなたは以前からSCP-XXX-JPに曝露していますね。それと何か関係があると思いますか?

██研究員: SCP-XXX-JPの内容物を…補充しなくてはならないんです。絶対に、補充しなくてはなりません。

███博士: SCP-XXX-JPを消費する実験は既に凍結されていますが…?

██研究員: 赤色のチューブの内容物2が不足しているんです!ぜんぜん足りてないんですよ!今すぐに補充させて下さい…頼みますから…

███博士: ██研究員、これ以上の鎮静剤の投与はあなたの体調に関わります。冷静にインタビューを受けてください。

██研究員: 僕は…僕は青い海を描きたいんです…博士の中にも青色が流れているでしょう、綺麗な青色でしょう…?分けてくださいよ!足りないんです!

███博士: 如何なる場合でもあなたの行為は許されません。██研究員の異動を命じます。Aクラス記憶処理の手配をお願いします。

██研究員: 博士、博士…赤色のチューブの中身が…

███博士: インタビューを終了します。


<録音終了>

メモ: SCP-XXX-JPには青色のチューブの内容物を補充することに固執させる異常性もあるのだろうか。██研究員は一体何色の血を見ているのだろう…色とは絶対的なものでは無いのかもしれない。‐███博士

追記: 実験XXX-JP-1の被験者であるD-8523311をはじめとする記憶処理を施さなかったDクラス職員に同様の現象が発現する可能性を考慮し、当該Dクラス職員は終了されました。

補遺3: 20██年█月█日、事案XXX-JPが発生しました。この件を受けて財団はSCP-XXX-JPと類似した特異性を持つ個体が██組存在する可能性、またそれにより将来的に色彩の概念に大規模なずれが生じる可能性が高いと判断し、SCP-XXX-JPをEuclidに再分類しました。


ERROR

The Nemura's portal does not exist.


エラー: Nemuraのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:nemura ( 02 Jun 2018 01:16 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License