SCP-4210
評価: 0+x
アイテム番号: SCP-4210 オブジェクトクラス: Euclid
特別収容プロトコル: SCP-4210は磁気ロック式のヒューマノイド収容チャンバー内に収容します。SCP-4210はサイト19にて収容されます。

レベル2以下の職員はいかなる場合であっても、視覚的、聴覚的、または物理的にSCP-4210に接触することはできません。SCP-4210へ興味を示している職員はサイト外へ転属させます。SCP-4210の収容を突破しようとする者は、近接の保安職員、機動部隊隊員、およびその他の武装した職員によって発見され次第終了の対象となります。
説明: SCP-4210はサイト19の逆説的アノマリー棟内部に位置する磁気ロック式のヒューマノイド実体収容チャンバーです。SCP-4210はそれとよく似たより大型のチャンバー内部に収容されており、その内部においては鉄製の立方体のように見えます。SCP-4210のドアは外部からアクセス可能ですが、facing アノマリーの北側の面に.SCP-4210への遠隔アクセスはSCP-4210の真の収容チャンバーを通じて可能です。

SCP-4210へ入室するとSCP-4210の収容チャンバーの物理的な複製が表れます。SCP-4210の完全な複製がSCP-4210の内部に配置されているのです。SCP-4210に侵入した人物はチャンバーのドアと反対の方向を向いて表れ, with them being closed behind them. ドアが開いているとき、内部に存在する全職員を含めたサイト19の同一な複製が見られます。Leaving この偽のサイト19 reveals that the rest of the universe corresponds with the real world counterpart.偽のSCP-4210に入ると will lead the subject to an identical 異常な次元, including SCP-4210のさらなる複製.

更新: SCP-4210文書は不正である可能性があります。SCP-4210アノマリーは存在しないことが証明されました。当該オブジェクトには</EX/>分類を付与します。

:/> コード#4856737 ENACTED サイト19のハワード・サイモン博士の要請によってEFFECTIVE IMMEDIATELY [2018/10/3 | サイト19 | SCP財団アーカイブ | EX#4210]

:/> 通知: SCPオブジェクトスロット#4210はアノマリー#8578383に再分類されました。 [2018/10/5 | サイト19 | SCP財団アーカイブ | アノマリー#8578383]

緊急連絡: 2018年10月6日時点においてSCP-4210は所在不明となっています。機動部隊アクア-177が派遣されました。オブジェクトが最後に目撃されたのは収容チャンバー内でした。

:/> O5評議会が最後に記録されていたSCP-4210所在地の探索を承認。 [2018/10/6 | サイト19 | SCP財団アーカイブ | SCPオブジェクト#4210 {所在不明}]

:/> 機動部隊アクア-177がSCP-4210の収容チャンバーに入室。以前はオブジェクトとして分類されていた (EX#4210) の存在を記録。

:/> 機動部隊アクア-177はEX#4210に入室。隊員は磁気扉を通じて収容チャンバーに入っていく様子が見られた。

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入るが, 元の場所には戻らず、ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> キャサリン・オークス博士を模倣している人型実体が機動部隊アクア-177との通信を試みる。

:/> 人型実体は機動部隊アクア-177隊員#33と接触。機動部隊アクア-177隊員#33が発砲。人型実体が終了。

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 標準的な機動部隊隊員を模倣した人型実体群の指揮官が偽の収容チャンバーに入る。機動部隊アクア-177が発砲。全人型実体が終了。

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177隊員#32が口から夥しく出血し始め、吐き気を催す。

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバー

:/> 機動部隊アクア-177隊員#32と機動部隊アクア-177隊員#33が胸から出血し始める。

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177隊員#32と機動部隊アクア-177隊員#33が死亡

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊アクア-177はは退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> 機動部隊隊員を模倣した2体の人型実体が異常性を持つ立方体の複製への侵入を試みているのが確認される。REMAINING 機動部隊アクア-177隊員が OPEN FIRE, 両者ともに死亡

:/> 機動部隊アクア-177はは退却を指示される。機動部隊アクア-177は収容扉に再度入る, DOES NOT RETURN, ONLY LEADS TO IDENTICAL VERSION OF 真の収容チャンバーの

:/> SCP-4210の死体が発見される。SCP-4210実体のそれと似た爪痕を背中と胸にかけて確認

:/> 機動部隊アクア-177は退却を指示される。機動部隊アクア-177はこれを拒否して偽の収容チャンバーを出る。研究チーム#4210を模倣した複数の人型実体の死体がARE STREWN ACROSS THE FLOOR 収容チャンバー内の #4210の OBSERVATION AND RESEARCH PORT

:/> 機動部隊アクア-177はサイト19の複製の他エリアの探索を継続. 全職員は死亡している状態で発見されたが、彼らは刺殺または銃殺されて死亡しているようである

:/> 機動部隊アクア-177隊員#34は STOPS IN HER TRACKS. SHE POINTS 自分の銃を AT 機動部隊アクア-177隊員#35

:/> 機動部隊アクア-177隊員#35は両手を挙げ、機動部隊アクア-177隊員#34を落ち着かせようと試みる

:/> 機動部隊アクア-177隊員#34が発砲する。機動部隊アクア-177隊員#35が死亡する。

:/> 機動部隊アクア-177隊員#34は銃を落とし、機動部隊アクア-177隊員#35の死体に駆け寄って、彼女に対して心肺蘇生法を行う

:/> 機動部隊アクア-177隊員#35は無反応

:/> 機動部隊アクア-177隊員#34が銃を拾い上げ、自身の胸に突きつける。彼女は発砲した後即死する

:/> 真の覗き窓の内部にて、収容チャンバー #4210, キャサリン・オーク博士を模倣した人型実体が部屋に入る。彼女は頭皮、口、胸から出血しています。真のキャサリン・オーク博士は人型実体と目が合った後、即座に死亡します。

:/> 人型実体が死亡しました。サイト19内の職員の死体がサイト中に出現し始めています。

:/> 収容チャンバー#4210が隔離される。

通知: 収容チャンバー#4210は全職員の立ち入りが制限されています。SCP-4210-EXは存在することが証明されています。前回のオブジェクトの消失に関しては調査が進行中です。収容チャンバー内で人型実体が観察された場合は、速やかにサイト19内の警備責任者に通報してください。前述の実体と接触した者は即時終了の対象となります。

ERROR

The nativedance's portal does not exist.


エラー: nativedanceのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4657639 ( 06 Oct 2018 07:11 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License