飼い主の時間、飼い犬の時間

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x
飼い主の時間、飼い犬の時間

収容前のSCP-xxx-JP。向かって右の犬がSCP-xxx-JP-1

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JP-Bはサイト-81██に設けられた、広さ10m×10mの区画内の標準的な犬小屋に繋ぎます。SCP-xxx-JP-Aは区画内に設置された収容セルで生活し、SCP-xxx-JP-Bの世話を毎日欠かさず行ってください。区画は常にカメラによって監視され、管理担当者はSCP-xxx-JP-2が犬小屋の隣にあることを常に確認してください。またSCP-xxx-JP-2が何らかの原因で破壊されないよう、常に注意してください。SCP-xxx-JP-A及び-Bの死亡時に収容違反が発生することを防止するため、犬小屋と1匹のイエイヌ、その飼い主のDクラス職員1名による同様の組み合わせを3組、SCP-xxx-JPの収容区画の周囲に配置してください。また、非常時のために終了用のDクラス職員を1人用意して下さい。収容に関わる全てのDクラス職員と犬の健康状態を常に良好に保ってください。

追記: 飼い主は可能な限り普段から犬と生活を共にしてください。犬の散歩は気象条件や体調に関わらず毎日必ず行ってください。散歩は1時間以上の長さで行ってください。また、飼い主はサイトの内外問わず、できるだけ犬の希望する散歩コースをとってください。

説明: SCP-xxx-JPは1匹以上の犬を飼う人間の元に出現します。この時、飼い主と飼い犬はそれぞれSCP-xxx-JP-A、SCP-xxx-JP-Bとなり、SCP-xxx-JPの存在やその容姿について違和感を感じなくなります。SCP-xxx-JP-A、-Bのいずれかが死亡により失われた場合、SCP-xxx-JPは同様の条件を満たす最も近い人間の元へ転移します。

SCP-xxx-JPはSCP-xxx-JP-1とSCP-xxx-JP-2に分けられ、SCP-xxx-JP-1はイエイヌ(学名Canis familiaris)の姿をした幻覚あるいは実体です。SCP-xxx-JP-1の姿は、普段はSCP-xxx-JP-A、-Bしか認識できず、あらゆる記録媒体、検出器による認識の試みは失敗しています。平常時の犬種はロットワイラーに近い雑種のようであることがインタビューによって判明しています。SCP-xxx-JP-1は現実改変能力を有しており、SCP-xxx-JP-Bが1日に一度も散歩に連れられない場合、その能力を様々に用いてSCP-xxx-JP-Aが自発的に散歩に行くように誘導します。この能力は散歩に行かない状態が続くにつれ、より強く発揮されますが、一度散歩に行くことでほぼ初期状態に戻ります。これまで発揮された改変能力の例については実験ログを参照してください。

SCP-xxx-JP-2は主に犬の寝床としてよく見られるオブジェクト(犬小屋、ケージ、お気に入りのクッション)で、SCP-xxx-JP-Bの寝床の隣に出現します。外見はSCP-xxx-JP-Bの寝床とほぼ同じですが、経年劣化等により損傷していることが多く、修繕を行っても一定の時間で元の状態に戻ります。一方、損傷させた場合は傷が蓄積されます。また、SCP-xxx-JP-1はSCP-xxx-JP-2の損傷が小さいほど、能力を積極的に使用する傾向が見られ、SCP-xxx-JP-2に対して常に嫌悪感を懐いているようです。SCP-xxx-JP-2は、現在SCP-xxx-JPを直接確認する唯一の手段のため、いかなる理由でもSCP-xxx-JP-2を傷つける行為は全て禁止されています。


ERROR

The nataDcoco's portal does not exist.


エラー: nataDcocoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:natadcoco ( 22 Sep 2018 08:02 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License