SCP-XXX
評価: 0+x
Autoclave.jpg

収容下のSCP-XXX

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXはサイト-81██の専用収容施設内に安置された、ステンレス製の耐圧容器の中に保管されています。耐圧容器には窒素を充填し、常に4気圧以上を保って下さい。2日に一度、気密の漏れがないか確認するようにしてください。実験で対象を圧力容器から取り出す場合は、一切の排水設備を持たない部屋で行わなくてはいけません。現在はいかなる実験目的によっても対象を容器から取り出す行為は禁止されています。実験によってSCP-XXXが減った場合は蒸留水を継ぎ足し、1L以上の在庫を保って下さい。

対象の在庫を確保する場合を除き、専用収容施設に水を持ち込むことは控えてください。サイト内の水道設備、及び消火用スプリンクラーは撤去し、代替となる水を使わない消火設備を配備してください。液体のSCP-XXXが少量でも地球の水系に混入、拡散する事態を避けてください。

説明: SCP-XXXはある特異性及びミーム汚染性を有した水です。SCP-XXXの液面にかかる圧力が3000hPa未満である限り、対象は圧力に依らず1Lあたり毎分2.2・10^-4g程度の水素と同等の性質を示す気体を生成し続けます。発生する気体には特異性は認められませんでした。

人間が対象を飲用、摂取すると、血中酸素濃度が低下し、█分~█時間後に酸素欠乏症による死をもたらします。その排泄物や死体に含まれる水分からは特異性が確認されませんでした。

人間がSCP-XXXを視認した場合、ミーム汚染を引き起こす場合があります。一部の被曝者(以下SCP-XXX-A)は前提知識に関わらず、SCP-XXXを[編集済み]と呼称し、それを吹聴するような行動をとります。[編集済み]という呼称(以下SCP-XXX-1)を何らかの手段で知った人間も、同様のミーム汚染を引き起こす場合があります。但し、対象を視認する、またSCP-XXX-1に曝されてもミーム汚染を発症しない場合もあり、発現する正確な条件は明らかになっていません。SCP-XXX-AはAクラス記憶処理によって容易に取り除くことが可能です。

SCP-XXX-Aは、水素やSCP-XXXを体内に取り入れることによる美容、健康、長寿、アンチエイジングに対する増進効果を主張し、SCP-XXXを摂取しようと試みます。財団の調査では、いまのところ水素やSCP-XXX、対象から発生した気体にはSCP-XXX-Aが主張するような効果は認められていません。

SCP-XXXに通常の水を加えてもその特異性は維持されます。特異性を保つのに必要なSCP-XXXの"原液"の濃度の下限は判明していません。氷または水蒸気になったSCP-XXXからは特異性が失われることが判明しています。液体のSCP-XXXの拡散は、NK-クラス:世界終焉シナリオが予想されます。

実験記録XXX - 日付200█/08/01

対象:
SCP-XXX, Dクラス職員2名(D-55406, D-57013)
実施方法:
Dクラス職員2名を段階的にSCP-XXXに曝し、経過を記録、観察する。Dクラス職員はインカムを装備し、別室の研究員との対話を可能とした。記録された音声と映像は複数名のDクラス職員のチェックを経たのち保存される。
結果:
D-55406がSCP-XXX-Aを発症したのち自発的にSCP-XXXを摂取し、その22分後に死亡した。一方、D-57013は一切異常を示さなかった。また記録のチェックを行った10人のDクラス職員のうち、6名はSCP-XXXまたはSCP-XXX-1の影響を受けたが、D-57013を含む4名は音声、映像共に異常を示さなかった。
分析:
報告書の通り、同じ条件であってもSCP-XXX-Aを発症する場合としない場合があるようだ。Dクラス職員のチェックにより、映像記録のSCP-XXXや音声記録中のSCP-XXX-1にも汚染性があることが分かった。

補遺:

実験XXXの後、実験室内に充満した水素が電気系統設備によって引火し、小規模な爆発事故を引き起こしました。火災は不活性ガス消火設備によって█分後に消し止められ、SCP-XXXの拡散は免れましたが、この事案によって、大規模な火災に対する迅速な処置が難しいのではないかという指摘がなされたため、特別収容プロトコルの見直しが指示されました。

事案XXX

2016/██/██、大規模な収容違反が発生しました。SCP-XXX-1がSNS及び一般メディアを通じて衆知のものとなり、各地にSCP-XXX-Aが発生していると推測されます。情報のリークが疑われていますが、流出経路は未だ不明です。この事案により、オブジェクトクラスの引き上げが指示されました。

現在はSCP-XXX-Aによる活動を防ぐため、プロトコル"還元反応"のもと、ミネラルウォーターに水素を加圧し、溶解させた製品をSCP-XXXとして販売するプログラムを実行中です。

万が一さらなる情報漏洩が確認された場合には、収容中のSCP-XXXを全て凍結させ、無力化するよう指示されます。

山本研究員による報告書:

[編集済み]の熱狂的なブームを除けば、幸いなことに、今のところ大きな混乱は起きていない。だが喜んではいられない。いずれにせよ、対応は姑息的で、我々が背水の陣に立たされていることに違いはないのだから。
何としてもSCP-XXXの所在を広めてはならない。もし真実が知れ渡り、SCP-XXX-Aによるサイトの襲撃でも起これば、対象の拡散は免れないだろう。次の失敗は終焉を意味する。
確保、収容、保護。

ERROR

The nanitairiku's portal does not exist.


エラー: nanitairikuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:nanitairiku ( 09 Jun 2018 16:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License