████消しゴム

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号: SCP-████-JP-J

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-████-JP-Jは現在Neutralizedに分類されています。詳細は事件記録████-JP-J-01を参照してください。

説明: SCP-████-JP-Jは█████社が販売している一般的な消しゴムです。SCP-████-JP-Jを黒塗りやモザイク加工がされた各種媒体に使用した場合、その加工を消すことができます。
また、通常通りに使用した場合は、ゴムのように反発するのみ文字を消すことは不可能です。
SCP-████-JP-Jは██県██市の住民による不良品の報告によって発見され、当初は「消せない消しゴム」としてAnomalousアイテムに登録されていましたが、後の実験の結果、SCP-████-JP-Jの異常性が発覚しました。

以下はSCP-████-JP-Jの実験記録です。

実験記録████-JP-J-01 - 日付20██/██/██

対象: モザイク加工を施した1枚の写真
方法: SCP-████-JP-Jでモザイクを擦る。
結果: モザイク加工が消え、元の画像になった。
分析: 予想通りの結果となった。では、動画ではどうだろう?

実験記録████-JP-J-02 - 日付20██/██/██

対象: モザイク加工を施したDVD
方法: 途中で動画を停止し、SCP-████-JP-Jでモザイクを擦る。
結果: 該当箇所のモザイク加工が動画全体で消失した。また、このDVDを他の機器で再生したところ、同じように消失が確認された。
分析: 一部が消えれば動画全体にも影響を及ぼすことがわかった。

実験記録████-JP-J-03 - 日付20██/██/██

対象: SCP-███-JPの黒塗り加工された文章
方法: SCP-████-JP-Jで黒塗りの文章を擦る。
結果: 黒塗りが消え、元の文章が浮かび上がった。
分析: モザイク加工に限らず、隠れていれば消失するようだ。

このオブジェクトは我々の機密情報をすべて晒してしまう危険性がある。世界を守るためにも、これは我々の元で管理する必要があるだろう。 -O5-1


ERROR

The nanasyi's portal does not exist.


エラー: nanasyiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6240686 ( 28 Mar 2020 06:55 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License