クチナシの花

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の低危険度植物型オブジェクト収容室に収容します。対象の精神安定の為、定期的に職員を訪問させ、会話させてください。
当該オブジェクトのsafeクラス指定はPOI-081727確保までの暫定的処置であり、同POI確保後当該オブジェクトの危険性の有無によりEuclid、ないしはAnomalousアイテムへのクラス変更が行われ、プロトコルの変更、撤廃が行われます。

説明: SCP-XXX-JPは一般的にクチナシ(学名: Gardenia jasminoides)と呼称される植物に見える実体です。外部からの干渉を受け付けない非破壊性質を有しており、また通常の腐敗、劣化の兆候は一切見られません。水分、栄養の補給がなくとも問題なく生存しますが、それらの消費は可能です。
SCP-XXX-JPは未知の方法で発話します。また、特定個人の物と見られる記憶と知識を有しており、それらを用いて会話を行います。SCP-XXX-JP自身には、自らが植物と類似した物体である事についての自覚はあるようですが、それに起因する混乱、戸惑いなどは一切見られません。
SCP-XXX-JPは、確保時の状況及びその後のインタビューにより、発見時点で死亡していた女性██ ██氏の記憶と知識を有している事が確認されています。██氏の死亡原因は老化を遠因とした病死であり、不審な点は発見されませんでした。██氏の遺体も調査されましたが発見当初腐敗などの死後反応を示さなかった事以外に特異性は発見されず1、生前の██氏が特異性を有していなかった事も後の調査で判明しています。よってSCP-XXXX-JPがどのような形で██氏の記憶と知識を有するに至ったかは不明ですが、その処置を行ったであろう存在として、POI-081727の存在がSCP-XXXX-JPからもたらされた情報により判明しています。詳細は補遺2を参照してください。

経緯:SCP-XXXX-JPは20██年█月██日「近所の██さんの家から腐ったような臭いがする」という近隣住人の通報により██氏宅を訪れた派出所巡査███によって、██氏の枕元に置かれていた所を発見されました。その後の警察無線による通信を傍受した財団職員が現場に急行し、関係者にはAクラス記憶処理を施しました。
布団に横たわった██氏はその時点で既に死亡していましたが、遺体には前述の通り死後反応及び腐敗の兆候が一切見られませんでした。2その後財団職員にSCP-XXXX-JPは自分が██氏自身であると主張し、自身の遺骸を丁重に扱うように要求、それと引き換えに財団の収容に同意しました。

補遺1:
SCP-XXXX-JPからの情報入手の試みは、対象の攻撃的な言動と情報提供の拒否の為、即時には叶いませんでした。
以下は収容後一ヶ月程の時間が経過し、SCP-XXXX-JPがインタビュー対象者の済南博士に心を許し始めた頃に行われたインタビューのログです。

対象: SCP-XXXX-JP

インタビュアー: 済南博士

付記: インタビューの円滑な進行の為、SCP-XXXX-JPを自身が主張する██という名前でもって呼称しています。

<録音開始>

済南博士: それでは██さん、今日もお話を聞かせてもらえますか?

SCP-XXXX-JP: まったく……今日も来たのかい。いつものように冴えない顔ぶらさげて、少しはシャキッとしたらどうなんだい。えぇ?

済南博士: うーん、背筋はピシッと伸ばしているつもりなんですが。

SCP-XXXX-JP: そういう事じゃないよまったくもう! はぁ……こっちがずっとカリカリし続けてるのも、いい加減馬鹿らしくなってくるさね……。

済南博士: どうしてそんなに苛立たれているのですか? 理由を聞かせていただければ、あるいはその原因を解消できるかもしれません。

SCP-XXXX-JP: あんたはまたいけしゃあしゃあと……こんなところに閉じ込められて誰もいないところに放って置かれて、一人で置いとかれて、それで腹を立てない人間がいるかい!? 

済南博士: なるほど……確かにそれはこちらの配慮が足りなかったようです。申し訳ありません、██さん。

SCP-XXXX-JP: ……そうやってきっちり頭下げられると、こっちとしても怒るに怒れなくなっちまうねぇ。はぁ、まあいいさね。元々あたしもあの家で1人みたいなもんだったんだし、置いとかれるのにゃ慣れてる。ちゃんとわかったのなら許してやるさね。
済南博士: ありがとうございます。対応については改善させていただきますので。

SCP-XXXX-JP: それで、聞きたい事はなんだい? 1日2回の茶飲み友達を用意してくれりゃ今なら何でも答えてやるさね。

済南博士: 感謝します。聞きたいことは

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

ERROR

The myomyo's portal does not exist.


エラー: myomyoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:myomyo ( 08 Jun 2018 04:34 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License