SCP-XXX-JP いないいないばあ

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの完全な収容はSCP-XXX-JPが発生する条件の知名度が高く、防ぐには莫大な手間とコストがかかるため不可能です。
SCP-XXX-JPが起こった際は適切なカバーストーリーを適用します。
実験はレベル3クリアランス職員3人の許可を得た時のみ行います。
実験は現在禁止されています。

説明:

SCP-XXX-JPは成人済みの女性(以降対象者と呼称)が血の繋がった乳幼児1の目の前で『いないいない』と発しながら目を手で覆って視界を遮ると行うとごく稀に2発生する現象です。
SCP-XXX-JPが発生すると対象者が未知の空間(以降SCP-XXX-JP-1と呼称)に瞬時に移動します。
SCP-XXX-JPは他の人間が対象者、乳幼児を知覚していると発生しません。
SCP-XXX-JP-1に移動した対象者が帰還した例は現在までありません。
SCP-XXX-JPは母親の不可解な失踪が発生してから財団に発見されました。
現在までSCP-XXX-JPを止める方法は現在まで分かっておらず、SCP-XXX-JPによって消失したと思われる対象者は████人にのぼります。
以下は実験の記録です。

補遺: [以下はサイト-██所属の██博士がSCP-XXX-JPの発生によりSCP-XXX-JP-1内に入った時の音声です。
この記録音声は██博士とママ友として親しかった███博士へメールでおくられたものです。


ERROR

The murasakiran's portal does not exist.


エラー: murasakiranのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7223219 ( 12 Feb 2021 09:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License