全自動次元まな板

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP
IMG_20200923_163903.jpg

非活性化状態のSCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Keter

**特別収容プロトコル: ** SCP-XXXX-JPは、サイト-██にある収容チャンバーにおいて四隅に沿って、縦横3cm、厚さ5mmの鉄製のカバーを取り付けられた状態で、チャンバー内の壁に埋め込まれた電磁石により、空中に静止した状態で保管されます。SCP-XXXX-JPは常に監視され、有事の際はSCP-XXXX-JPの確保を最優先とします。  

説明: SCP-XXXX-JPは、20×35cm、厚さ2cmのまな板です。裏面には「全自動次元まな板」と日本語で書かれており、何らかの要注意団体との関連を現在調査中です。財団の実験により、表面上に数ミリの傷がついています。四隅の一つに、スイッチが横付けされていて、スイッチをオフにしている場合を非活性化状態、オンの場合を活性化状態と呼称します。SCP-XXXX-JPは非活性化状態の場合は、一般的なまな板と相違は見られませんが、活性化状態の場合、SCP-XXXX-JPの表面に置かれた食材を自動的に切断します。この時、SCP-XXXX-JPの上方から未知の技術により、多次元からの干渉によってまな板周辺に多大なエネルギーが形成され、まな板に向かって上から食材は断裂されます。SCP-XXXX-JPには未知のバッテリーが用いられており、発生する多大なエネルギーに対して、消費される電力はありません。また、まな板に向かってエネルギーが生じるというプロセスは、食材の大きさとは関係なく実行されます。SCP-XXXX-JPは食材以外を断裂しません。SCP-XXXX-JPを用いた実験は、████博士による承認が必要です。

実験記録XXXX-JP

日付: (20██/1/20)
対象: 250gのステーキ
実施方法: SCP-XXXX-JPのスイッチをオンにした状態で表面に乗せる
結果: 半分に切断
分析:予想通りの結果と言える -████博士


日付: (20██/1/30)
対象: 毬栗
実施方法: 前述と同様
結果: 中身の栗のみ切断
分析: むやみやたらと切断するわけでは無いようだ。 -████博士


日付: (20██/3/4)
対象: 実験の為に用意した全長10mのホールケーキ
実施方法: 前述と同様
結果: 半分に切断
分析: 大きさも関係無いようだ。-████博士


日付: (20██/4/16)
対象: D-4512
実施方法: 表面に乗る
結果: ██
████博士は降格処分となりました。

インシデントSCP-XXXX-JPを受けて、(20██/5/30)現在、実験の許可は無期限に凍結されます。また、Keterクラスへの格上げが承認されました。

補遺: インシデントSCP-XXXX-JP後、SCP-XXXX-JPのスイッチが破損。常に活性化状態となりました。また、食材だけでなく、その他の物体全てに作用するようになりました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mugitya's portal does not exist.


エラー: mugityaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6857513 ( 23 Sep 2020 07:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License