Follow the keter 訳中

Note: The following audio log was recovered from security cameras inside of SCP-682's containment cell during Incident 682-076-1JF4D-NA5, in which SCP-076-2 breached containment and engaged in combat with SCP-682. For the full incident report, please refer to Document 682-076-1JF4D-NA5.

注:以下の音声ログは、インシデント682-076-1JF4D-NA5の間、SCP-682の格納容器内の防犯カメラから回収されました。 インシデントレポートの詳細については、資料682-076-1JF4D-NA5を参照してください。
<ログ開始

SCP-076-2: You say you fucked my mother? I'll fucking kill you, man. Nobody fucks with A-to-the B L E.
SCP-076-2: 母さんを犯したと言うのか? きっとお前を殺してやる 誰もこのアベルを殺せない。

SCP-682: Ho ass bitch, you just wish you was me. Stop playing, maybe I'll spare you.
SCP-682: クソビッチめ、お前は自分が俺であることを望んでいるだけだ。 遊ぶのはやめろ、多分お前を助けてやる。

SCP-076: Yea, yea, yea, yea, alright boy, this time you asked for it!
A vat of acid, that's your decorum?
Check my swag, I'm back in a black case
Just in case you missed the memo, I'm based!
SCP-076 ヘイ、ヘイ、ヘイ、ヘイ、よーしよし坊や、自業自得だ。
酸のバット(調理器具の)、それがお前の礼儀か?
私の獲物を見ろ、私は黒い
念のために言っておくが俺は拠点を置いている!

I'm the king of the hill, as real as they come,
You was probably rich, but I came from the slums.
A heart of darkness, but I came the farthest,
Your flow is retarded, if I want beef then I'll start it!
俺は丘の王、正に本物だ
お前は恵まれてたんだろうが、私はスラム出身だ
心は闇に包まれていたが、一番遠くに来た。
お前の流れは遅れている、俺が牛肉が欲しければすでに行動を始めている

SCP-682: I killed you before, I can do it some more.
I'm getting hundreds, you got twenties, but lemme settle the score.
No cheap ass screwball from off the street
Can withstand the weight beneath 682's feet!
"前に殺したことがある もっとできる
俺は数百、お前は20代だが決着をつけよう
路上からの安物のクソ野郎はお断りだ
682の足元の重さにも耐えられる!

I'm the out-of-town gangster, major shot-caller,
I call guard's necks snapbacks, which I brought back, holla,
I'm a straight up baller, rhyming sicker than HOVA,
You the son of a gun, I scare the fuck out Jehova.
俺は町外れのヤクザで 主要な射撃の名手だ
私はガードネックのスナップバックと呼んでいますが、それは私が持ち帰ったものです。
俺はHOVAよりもストレートな球児で、韻を踏んで病んでいる。
お前は銃を持った野郎だ、エホバを怖がらせてやる。

SCP-076: Ay yo, let's be real, eh?
I'm the realest realist, I never change,
You have to adapt and move, can't stick with one flow
But I can spit so hot that my fucking mouth glows.

俺が一番のリアリストだ、俺は変わらない。
あなたは適応して移動しなければならない、1つの流れに固執することはできません。
でも俺の口が光るほど 熱い唾を吐けるんだ

What's your killcount total? Every time I win!
The greatest warrior of all time, the rhymes I spin,
The lives chagrined at the child of Him,
And the Grandson of the One, I'm able to spit, bitch.
殺害数は? 勝つたびに!
史上最高の戦士 韻を踏んで紡ぐ
彼の子を見て悔しい思いをした命たち。
そして、その孫である俺は唾を吐くことができるんだよ、ビッチ。

SCP-682: Hahaha, call that a line, close your eyes and stay alive
You can die from minutes with me, and yes, I've tried.
Call yourself a superhero when you're really super queer, yo,
Yo shit's cheesier than Cheetos, gayer than a speedo.
SCP-682:ハハハ、それをセリフと呼んで、目を閉じて、生きていてください。
あなたは私と一緒に数分で死ぬことができます。はい、私は試してみました。
自分をスーパーヒーローと呼ぶのは本当にスーパークィアな時だ ヨーヨー
チートスよりチープでスピードパンツよりゲイだ

Sorry, when's the last time I lost my life? Never!
You can't live more than a few years, but me? Forever!
You can die and come back, fag, and get smacked.
My casual causality actually gets stacks.
ごめん、最後に人生を失ったのはいつ? 一度もない!
お前は数年しか生きられないが 俺は? 永遠に!
死んでも戻ってきて 殴られてもいいのよ
俺のさりげない因果関係は、実際には積み重ねられている。

Weak from the human pussy you got? Please.
You get less than that ████ SCP-073.
I take mine, stay fly, make Rights get wide
I'm a killer all day, all night. Alright?

人間のマンコのせいで弱ったか? 勘弁してくれ
あなたはその ████ SCP-073以下を取得します。
私は私のものを取る、滞在フライは、権利を広く取得させる
俺は一日中、一晩中、殺人者だ。 いいか?

682, a legendary number,
Cuz a real OG went and made it a Wonder.
I got so many pocket dimensions, call them lint,
I see your eensy weensy knives and their even littler glint

682 伝説の番号だ
何故ならは本物のOGが行ってワンダーにしました。
ポケットの寸法が多すぎて糸くずと呼ばれている
私はあなたのナイフを見ていますその小さなきらめきを

SCP-076: The smallest knife I got outreaches your body,
at 100 percent, yet, to which you never get,
Then I whip out the swagger dagger, old school like Atari
and knock off your right side, bitch, match, game and set!

SCP-076: 俺の持っている最小のナイフが、お前の体を突き出す。
それは100%で、まだ、あなたが得ることはありません。
それから私はスワガーダガーを鞭打つ アタリのような古い学校のように
右往左往してご苦労だノックオフ、bi*ch、マッチ、ゲームセット!

You just a real hater, and you been recorded saying it.
You play the game just to win, but I play it to play it.
A primordial beast, you disgusting, fuck this,
So push me, pussy, I've been wanting to cut the shit.

お前はただの嫌われ者で、それを言っているのが録音されている。
お前は勝つためだけにゲームをするが、俺は遊ぶためにゲームをする。
原始的な獣め、最低だな、この野郎。
だから押してくれよ、クソ野郎、俺は切りたいと思っていたんだ。

Note: At this point, SCP-682 became even more enraged and pounced on SCP-076-2. After ██ seconds, vital signs for SCP-076-2 ceased.
注:この時点で、SCP-682はさらに激昂し、SCP-076-2に襲いかかりました。██ 秒後、SCP-076-2のバイタルサインは停止しました。

SCP-682: Come at me, bro.
SCP-682: かかってこいよ、兄弟。

<ログを終了>

ERROR

The MtKani_666's portal does not exist.


エラー: MtKani_666のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3782061 ( 27 Dec 2019 03:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License