SCP下書き 誰かのメガネ(フォーマット確認用)

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


SCP案 誰のでもないメガネ
・財団サイトに出没する謎のメガネ。
・男性用、度数は一定、紺色のべっこう柄
・最初はカフェテリアなどに出現
・クソトカゲが大暴れした時にクソトカゲの証言から一部情報が判明、今彼は自滅願望にある。
・モチーフ: 職場に突然発見された持ち主不明の眼鏡、眼鏡が本体
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid (潜在的Keter)

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8122で出没します。サイト-8122には現在危険性のあるオブジェクトは一切収容されず、

SCP-XXX-JPの行動パターン把握は収容の為の最重要調査課題とされます。

説明: SCP-XXX-JPは財団関連施設に出没する紺色の鼈甲柄のフレームを持つ眼鏡です。形状から成人男性用の近視矯正眼鏡とされ、長期使用による経年劣化の形跡は見られますが、皮脂、毛髪、フケなどの生物由来の痕跡は一切見られません。組成そのものは非異常性の眼鏡である事が判明しており、Dクラスでの実験の結果、右目の度数が高い事による眼鏡酔い以外の影響はありません。

SCP-XXX-JPはサイト-81KAのカフェテリアで発見され、当初はサイト職員の忘れ物と思われました。しかし同デザインの眼鏡を使用する職員が存在しない事、出現の瞬間の監視カメラ映像が不自然に途切れていた事、以降財団関連施設に不定期に出没が確認されるようになった事からオブジェクトとして認定されました。発生する新たなSCP-XXX-JPは概ね前述の特徴を要する他、破損・汚損している場合があります。これらの特徴は次に出没するSCP-XXX-JPに引き継がれない場合が多いですが、小さな破損(ノーズピースの脱落、フレームの歪みなど)を修理した場合、その修理内容が引き継がれるケースが確認されています。なおSCP-XXX-JPが使用不可能な状態まで破損した場合、それまでの修理・破損内容はリセットされ、従来のSCP-XXX-JPの形状で出没します。

SCP-XXX-JPは1度出没した施設で1〜3年程度、連続的に出没する傾向が見られます。施設内で半数以上の人物がSCP-XXX-JPに対して恐怖や嫌悪を示す発言や行動をした場合、SCP-XXX-JPは1年以内に別の施設で出没するようになります。この事からSCP-XXX-JPは人間的な知性を持つとされ、現収容サイトであるサイト-8122のSCP-XXX-JP担当職員は、SCP-XXX-JPへの暴言や中傷する発言を禁止されています。

20██/██/██以降、SCP-XXX-JPは意図的に危険度の高い物品付近に出没する傾向が見られます。これらの物品の中には敵対的なオブジェクトも含まれ、SCP-XXX-JP出現のストレスにより収容違反を起こす事例も確認されています。また出現するSCP-XXX-JPの状態は付近の物品による危害で発生しうる破損、汚損の形跡が見られ、多くの場合は床や地面に散乱しています。以下はSCP-XXX-JP発見時の状況の抜粋です。
絞首縄 レンズの脱落 サイト-81KAの無人のオフィスにて発見。破損は2メートル以上の高さから落下した衝撃によるものと思われる。発見時、縄は揺れていた。
焼却炉内 溶解
工具用ハンマー レンズの破損、フレームの歪み 右側頭部から強く殴打した時の形状に類似。
サイト-8128吹き抜けホール 全体的な著しい破損 破損は10メートル以上の高さから落下した衝撃によるものと思われる。
SCP-████ [編集済み] SCP-████収容ロッカーへのアクセス記録は検出されなかった。

この事からSCP-XXX-JPは現在自殺願望を抱いていると考えられます。収容困難なオブジェクトの収容違反を考慮し、SCP-XXX-JPのレンズやフレームに文字を書き込む、声をかけるなどしてメンタルケアを試みましたが、現在に至るまでにSCP-XXX-JPが何らかの反応を示した例はありません。

補遺: ████/██/██ サイト-██にてSCP-███の収容違反が発生しました。再収容時、収容房内に白衣の断片とSCP-XXX-JPのフレームの破片が発見されました。SCP-XXX-JPがKeterクラスオブジェクトの収容房へ侵入した理由は不明であり、セキュリティシステム上にも侵入の記録は確認されませんでした。SCP-███は自身がSCP-XXX-JPを攻撃した事実を認めていますが、その詳細の説明を拒否しています。この事案により、SCP-XXX-JPの特別収容プロトコルは大幅に改定され、収容困難かつ他物品の収容違反を誘発するオブジェクトとしてKeterクラス認定の申請がされました。申請の認可は現在保留中です。


Table of Contents

ERROR

The Monidrake's portal does not exist.


エラー: Monidrakeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2781073 ( 02 Jun 2018 15:38 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License