SCP-XXXX-JP 桃太郎

このページの批評は終了しました。


SCP-XXXX-JP 桃太郎

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPの発生を未然に防止するため、日本国内の■■県■■市内の■■■山麓に設置された各100m²程度のコンクリート製の小屋及び■■■山麓に沿って設置された高さ2mの有刺鉄線により完全に封鎖されます。
施設の設置について、周辺の住民に対してはカバーストーリー「野性動物への対策」が流布されます。
小屋にはそれぞれBクラス職員が3名以上ずつ配置され、■■■山に立ち入る場合はBクラス職員1名以上の同伴が必要です。

説明:SCP-XXXX-JPは、オブジェクトSCP-XXXX-JP-1の出現によって生じる一連の現象です。
SCP-XXXX-JPは、SCP-XXXX-JP-A・SCP-XXXX-JP-B・SCP-XXXX-JP-Cの3段階に分類することができます。

《SCP-XXXX-JP-A》
SCP-XXXX-JP-1は、日本の■■県■■市の■■■山中に不定期に出現する直径50cm程度の桃です。出現位置に規則性は存在せず、■■■山中の地表面全域での出現が確認されています。しかし、SCP-XXXX-JP-BおよびSCP-XXXX-JP-C発生中にSCP-XXXX-JP-1が出現する事例は確認されていません。また、SCP-XXXX-JP-1が同時に複数出現する事例も確認されていません。出現中、SCP-XXXX-JP-1は一般的な桃と同様の速度で腐敗し、出現からおよそ20日で消失、腐敗していない状態で再出現します。
SCP-XXXX-JP-1を生殖可能な状態にある男性が視認した場合、その多くがSCP-XXXX-JP-1を「豊満な体躯をした、裸体の成人女性」と認識し、性的衝動に駆られます。この衝動の強さは被験者により異なります。
他者による制止または自制に失敗した場合、SCP-XXXX-JP-1の影響を受けた男性はSCP-XXXX-JP-1に対し性行為を行います。性行為を終えると、SCP-XXXX-JP-1は消滅し、同時に被験者は記憶と身体の状態の全てが未知の方法で桃を視認する直前の状態に戻されます。

《SCP-XXXX-JP-B》
SCP-XXXX-JP-Aの発生からおよそ9ヵ月以上が経過した後に■■■山を流れる■■川の周辺に配偶者が存命の既婚女性が接近した場合、SCP-XXXX-JP-1が未知の方法で女性から10m以内の上流に出現します。女性がSCP-XXXX-JP-1を視認した場合、回収して食することに関して強い衝動に駆られます。
被験者がSCP-XXXX-JP-1を回収した場合、被験者がSCP-XXXX-JP-1を口にしようとした瞬間にSCP-XXXX-JP-1が自発的に2つに割れ、内部からはSCP-XXXX-JP-Aを受精日とした正常な成長段階にある男児が発見されます。この男児をSCP-XXXX-JP-2とします。
SCP-XXXX-JP-2を視認した女性はSCP-XXXX-JP-2を育てたいという強い衝動に駆られ、同時に配偶者も同等の衝動に駆られます。この際に夫妻からSCP-XXXX-JP-2を回収する試みは、SCP-XXXX-JP-2を回収する意図をもって接触した人物の原因不明の突然死により、過去一度も成功していません。SCP-XXXX-JP-2の生育途上でSCP-XXXX-JP-2または夫妻のどちらかが死亡した場合、SCP-XXXX-JP-2及びSCP-XXXX-JP-2に関する記憶は消失し、SCP-XXXX-JP-Aが再度発生するようになります。生育途上にて、夫妻がSCP-XXXX-JP-2を放棄するといった事例は現在まで確認されていません。
被験者が何らかの理由でSCP-XXXX-JP-1を回収できなかった場合、SCP-XXXX-JP-1は消失しますが、SCP-XXXX-JP-A発生から1年が経過するまでに■■川周辺に条件に合致する人物が再び接近した場合、SCP-XXXX-JP-1は再出現します。しかし、SCP-XXXX-JP-A発生から1年が経過したにも関わらずSCP-XXXX-JP-1が回収されなかった場合SCP-XXXX-JP-1が■■川で再出現することはなく、SCP-XXXX-JP-Aが再度発生するようになります。

《SCP-XXXX-JP-C》
SCP-XXXX-JP-Bから約15年が経過した後、SCP-XXXX-JP-2自らが「鬼退治」に行くことを主張し始めます。SCP-XXXX-JP-2を育てた夫妻は両者ともこれに強く賛同し、非異常性の団子をSCP-XXXX-JP-2へ手渡します。この団子をSCP-XXXX-JP-3とします。
SCP-XXXX-JP-2は、SCP-XXXX-JP-3を受け取ると出所不明の長刀を帯刀し、「鬼退治」に向かいます。長刀の出所は様々であり、その出現の瞬間を記録する試みは現在まで成功していません。
外出したSCP-XXXX-JP-2は、分類名・個人名または団体名に「イヌ」・「サル」・「キジ」のどれかを含む人物または団体から、含まれる名前に重複の無い3つを「鬼退治」に勧誘し、その対価として夫妻から渡された団子を差し出します。勧誘した相手が団子であった場合、受け取った数に反して団体の人数と同じ数まで団体が増殖しますが、増殖する原因は現在まで解明されていません。また、勧誘を拒否することは不可能であり、勧誘された時点で「鬼退治」に強制的に参加することとなります。
その後SCP-XXXX-JP-2はその当時の日本で悪事とされる行為を働く団体の本拠地へと押し入り、制圧します。これには装備や同行した者の交戦能力に関係なく、また全員が致命傷に至る負傷をすることもなく成功し、いかなる手段によってもその成功を阻止することはできません。

ERROR

The MisterHz's portal does not exist.


エラー: MisterHzのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5372415 ( 02 Jan 2020 04:43 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License