SCP-3853 Imperium / インペリウム 翻訳下書

このページの批評は終了しました。


訳文中に(〜)や要推敲などの記載が存在します。

4/3853 LEVEL 4/3853

CLASSIFIED

classified-lv4.png

Item #: SCP-3853

Object Class: Thaumiel/Uncontained


特別収容プロトコル: SCP-3853Aは現在収容されていません(補遺3853-1参照)。財団は現在GoI-328 (帝国学研究所"The Institute of Imperial Studies",IIS)と交戦状態にあります。GoI-328によって喪失された財団資産の回収は最優先事項となっています。SCP-3853Aに依存しない、現在GoI-328の管理下にある全アノマリーの収容プロトコルの開発が求められています。


Special Containment Procedures: SCP-3853A is currently uncontained (see Addendum 3853-1). The Foundation is in a state of war with GoI-328 ("The Institute of Imperial Studies"); recovery of Foundation assets lost to GoI-328 is a top priority. Containment procedures which do not rely on the effects of SCP-3853A are to be developed for all anomalies currently under the control of GoI-328.


SCP-3853Bは現在ローマカトリック教会の教皇位として収容されています。その収容をSCP-3853Bの作用によっているアノマリーは、財団との協議によって、カトリック教会の主たる正常性維持機関である超常現象隠蔽評議会(Pontifical Commission for the Suppression of the Supernatural)により収容されています。財団は教皇位の存続を支援し、アヴィニョン・イベント5を導く恐れのある大分裂を一切防ぐためカトリック教会と協力する必要があります。SCP-3853B-1はローマカトリック教皇(現在は教皇フランシスコ、出生名ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)です。SCP-3853B-1により記述された書状はすべて、その発信源を一意に識別するか、他の人物により再入力または口述される必要があります。


SCP-3853B is currently contained as the Roman Catholic Papacy; anomalies whose containment relies on the effects of SCP-3853B are contained by the Pontifical Commission for the Suppression of the Supernatural, the main normalcy-preservation agency of the Catholic Church, in consultation with the Foundation. The Foundation is to support the continued existence of the Papacy, and should work with the Catholic Church to prevent any major schisms that could lead to an Avignon Event6. SCP-3853B-1 is the Roman Catholic Pope (currently Pope Francis, birth name Jorge Mario Bergoglio). All of SCP-3853B-1’s written correspondence is to unambiguously identify its source or be retyped by or dictated to another person.

説明: SCP-3853は本来ローマ帝国皇帝が保有していた2つの称号です。

Description: SCP-3853 is the designation for two titles originally held by the emperors of the Roman Empire.

SCP-3853Aは元来ローマ帝国の国家元首である、皇帝の職です。SCP-3853Aは常に、アウグストゥス・カエサル没時のローマ帝国領内に国土をもつ民族国家の統治者によって保持されます。この統治者がSCP-3853A-1と呼称されます。収容プロトコルのとおり、現在のSCP-3853A-1は帝国学研究所の管理者です。


SCP-3853A is the office of Emperor, originally head of state of the Roman Empire. SCP-3853A is always held by the ruler of a nation-state that holds territory within the borders of the Roman Empire at the death of Augustus Caesar; that ruler is designated SCP-3853A-1. As per containment procedures, SCP-3853A-1 is currently the Director of the Institute of Imperial Studies.

SCP-3853Aの移譲は通常、SCP-3853A-1が統治する民族国家の継承法に従います。しかしながら、民族国家内・民族国家間の双方で非標準的なSCP-3853Aの移譲が発生しえる状況が数多く存在します。非標準的な移譲の主因となるのは、継承問題です。SCP-3853A-1により統治されている民族国家の指導的地位に対する請求者が複数存在した場合、SCP-3853Aの異常性が各請求者にやや弱まって現れます。非標準的な移譲はSCP-3853A-1が外力により退けられた場合7や称号へのより強い請求権を持つ他民族国家の統治者がSCP-3853B-1によってローマの皇帝であると宣言された場合8にも発生しえます。


Transfer of SCP-3853A usually follows the succession laws of the nation-state ruled by SCP-3853A-1. There are, however, a number of circumstances that can lead to a non-standard transfer of SCP-3853A, both within a nation-state and between nation-states. The primary cause of a non-standard transfer is disputed succession; if there are two or more claimants to the leadership of the nation-state ruled by SCP-3853A-1, the anomalous properties of SCP-3853A will manifest in each claimant at a reduced magnitude. Non-standard transfer can also occur when SCP-3853A-1 is deposed by an outside force9 or when the ruler of another nation-state with a stronger claim to the title is proclaimed Emperor of Rome by SCP-3853B-110.

SCP-3853Bは元来ローマ国教であった多神教の大神官である、ポンティフェクス・マクシムス(Pontifex Maximus)の職です。4世紀以降、この職はキリスト教教派の最高位聖職者、通常正教会のコンスタンティノープル総主教またはローマカトリック教会教皇が保持するようになりました11。SCP-3853Bは旧ローマ帝国領内に多数の信者を持つ大宗教の、広範に認知されている宗教的指導者によって保持される可能性が高いものの、ローマ帝国でのキリスト教国教化以来、キリスト教以外の宗教的指導者に称号保持者は存在しません。SCP-3853B-1は現在のSCP-3853B保持者です。収容プロトコルのとおり、現在のSCP-3853B-1はカトリック教会の教皇です。SCP-3853Bが移譲される基準についてはいまだ研究が十分でなく、教皇位の秩序だった継承を維持することが優先事項となっています。


SCP-3853B is the office of Pontifex Maximus, originally the high priest of the polytheistic Roman state religion; from the 4th century onwards, this office has been held by the head of a branch of Christianity, usually either the Orthodox Patriarch of Constantinople or the Catholic Pope12. It is probable that SCP-3853B could be held by the widely-recognized head of any major religion with a substantial following in the former borders of the Roman Empire, although no non-Christian religious leader has held it since the adoption of Christianity as the state religion of the Roman empire. SCP-3853B-1 is the current holder of SCP-3853B; as per containment procedures, SCP-3853B-1 is currently the Catholic Pope. The criteria by which SCP-3853B is transferred are currently not well-studied, and maintaining orderly papal succession is a high priority.

SCP-3853A・Bの主たる作用は本質的に認知的なものです。該当する称号の保持者は、直感的に当該称号の保持者として認識されますが、たとえ観測者がその称号や個人に関して無知であってもこの作用は発生します。すなわち、SCP-3853A-1を知覚したものは、直ちに当該の人物がローマの皇帝であると認識します。この作用は写真及び録画映像を通じては発生しませんが、20秒以上の遅延がない生中継映像や中継・録音双方の音声、本人の手によって記述もしくはタイプされた文章(これにはEメール、テキスティング、その他のデジタル通信が含まれます)を通じては発生します。


The primary effects of SCP-3853A and B are cognitive in nature. The holders of the affected titles will be recognized in-person as the holders of those titles, even if the observers would be otherwise ignorant of the titles or the individuals; that is, when someone perceives SCP-3853A-1, they immediately recognize that person as Emperor of Rome. This effect is not transmitted through photography or recorded video, although it can be transmitted via live video with a delay of less than 20 seconds and both live and recorded audio, and via direct written or typed communication (including email, text messaging, and other digital communication).

SCP-3853A-1及びB-1が口頭であれ書面上であれその配下に直接指示を与えたとき、その指示が遵守される可能性が高まります。実験下では、SCP-3853A-1及びB-1の直接的な指示に従って行動した個体は対照群よりも著しく迅速かつ正確に課題を達成し、発生した過失の数にも有意差が見られました。これらの作用はSCP-3853A-1の直接的もしくは間接的な指揮下にある全軍事力にまで拡大されます。IISに配属されたことで、機動部隊の連携と戦術スキルは著しい改善を見せ、物理的により素早く、より強健に、より機敏になりました。


When SCP-3853A-1 or B-1 gives a direct order to a subordinate—either in person or in writing—that order is more likely to be followed. Under experimental conditions, individuals obeying the direct orders of SCP-3853A-1 or B-1 complete those tasks significantly faster and more accurately than a control group, and make significantly fewer errors. These effects are extended to all military forces under the command—direct or indirect—of SCP-3853A-1; when placed under the jurisdiction of the IIS, Mobile Task Forces showed a marked improvement in cooperation and tactical skill, and were physically faster, stronger and more agile.

SCP-3853AはSCP-3853A-1に対して認知的な影響を与えていると現在は考えられています。その正確な効果について厳密な研究はいまだなされていませんが、現在のSCP-3853A-1実例であるアレクサンドル・フィリポフ管理官の観察結果は、以前から存在した彼の誇大妄想的な傾向と古代世界への執着がSCP-3853Aへの曝露によって大いに誇張されたことを示唆しています(補遺3853-1を参照してください)。過去のIIS管理者についてはこれほど甚だしい影響は見出だされていませんでしたが、過去の管理者の通信と意思決定の内容を綿密に調査した結果、これが新たな現象ではないことが明らかとなりました。


It is now believed that SCP-3853A exerts cognitive influence on SCP-3853A-1. While the precise effects have not been rigorously studied, observation of the current instance of SCP-3853A-1, Director Aleksandr Filipov, indicates that a preexisting tendency toward megalomania and an obsession with the ancient world were both exaggerated heavily by exposure to SCP-3853A (see Addendum 3853-1). While this effect has not been so dramatic in any previous IIS Director, close study of the correspondence and decision-making of past Directors indicates that this is not a new phenomenon.

SCP-3853A・Bの副次的な作用は、以前のSCP-3853称号保持者が出会い、使用または収容した他の異常物品・異常存在との相互作用において現れます。ローマ皇帝アウグストゥスによって設立された神秘管理委員(Superintendency of Secrets)や隠秘近衛官(Praetorian Office of Hidden Wisdom)以来、SCP-3853A・Bは異常事象を収容またはその機能を制限しこれらの事象をSCP-3853称号保持者(たち)の下に一元化することを目的とした、奇蹟的・神働術的・法的に拘束力のある契約・儀式の基礎として用いられてきました。現在財団によって収容されている多くのSCPオブジェクトが、収容を目的としたこれら既存の拘束を利用するため、IIS管轄下に置かれてきました。この収容計画は非常に大きな成功を収めており、現在も継続されています。GoI-328が財団を離脱してのち見直されています。


The secondary effects of SCP-3853A and B manifest in their interactions with other anomalous objects and entities encountered and used or contained by previous holders of the SCP-3853 titles. Beginning with the Superintendency of Secrets and Praetorian Office of Hidden Wisdom, founded under the Roman emperor Augustus, SCP-3853A and B have been used as the basis of thaumaturgically, theurgically, and legally-binding contracts and rituals to contain or limit the powers of anomalous entities, or bind those entities into the service of the holder(s) of the SCP-3853 titles. A number of SCP objects currently contained by the Foundation have been placed under the jurisdiction of the IIS in order to use these pre-existing bindings for the purpose of containment; this containment scheme has been highly successful and is ongoing is under reevaluation after the defection of GoI-328 from the Foundation.

財団は1945年にSCP-3853Aの収容を確立しました。第二次世界大戦で前の保持者13が連合国に敗れたのち、SCP-3853Aは短い期間アメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマン14へ移譲され、然る後財団との事前合意のとおり、トルーマン大統領は皇帝の職を辞して新たに設立された帝国学研究所の管理者シャルル・ぺパン博士へ譲位しました。


The Foundation established containment of SCP-3853A in 1945. After the defeat of its former holder15 by the Allied Powers in World War Two, SCP-3853A was briefly transferred to the President of the United States, Harry S. Truman16; as per a previous agreement with the Foundation, President Truman abdicated the office of Emperor in favor of the Director of the newly-founded Institute of Imperial Studies, Dr. Charles Pépin.

SCP-3853は、一般にローマ帝国初代皇帝と認識されているアウグストゥス・カエサルによって作成されたと考えられています。正確な作成の手順は不明ですが、アウグストゥスの自伝的文章である「業績録(Res Gestae)」のある章(以下に複写してあります)には、アウグストゥスの身体をその精霊(ゲニウス・アウグスティ(Genius Augsti)、ローマ帝国における信仰の対象の1つ)へ捧げることを含む何らかの奇跡論的儀式がアノマリーの作成に不可欠であったことが示唆されています。


SCP-3853 is believed to have been created by Augustus Caesar, generally recognized as the first emperor of the Roman Empire; while the precise method of its creation is not known, a section of Augustus' autobiography, the Res Gestae (reproduced below), indicates that some sort of thaumaturgical ritual involving the sacrifice of Augustus' body to his own spirit—the genius Augusti, an object of religious devotion under the Roman empire—was integral to the anomaly's creation.

復元されたドキュメント: 神君アウグストゥスの業績録(Res Gestae Divi Augusti) 39-43節
以下は初代ローマ皇帝であるアウグストゥス・カエサルの墓碑銘の最終部分です。「業績録」の第36節から第43節にはローマ帝国により機密とされた異常事象や異常人物についての記述がありますが、公になっている「業績録」の写しには記載されていません。そのためこの部分は、当初アウグストゥス廟に掲げられ現在バチカン秘密文書館に保管されている原本にのみ保存されています。


Recovered Document: Res Gestae Divi Augusti Paragraphs 39-43
The final paragraphs of the funerary inscription of Augustus Caesar, first emperor of Rome. Paragraphs 36-43 of the Res Gestae refer to anomalous events and individuals considered state secrets by the Roman Empire and were not included on publicly-available copies of the Res Gestae; the only remaining original copy, a plaque on the interior of the Imperial Mausoleum, is currently stored in the Vatican Archives.


補遺 3853-1: インシデント 3853-AUGUSTUS
2018年3月14日、O5評議会は賛成11、反対1、棄権1で継承プロトコルΨ-18-CALIGULA(暗殺によるIIS管理者の強制的廃位)の発動を決定し、その後SDECotW(全サイト局長執行委員会)は同日中にこの決定を承認しました。実行命令が機動部隊プサイ-18司令官へ与えられましたが、これに対する返答は彼らが財団以上にSCP-3853A-1(フィリポフ管理官)へ忠誠を誓っていることを示していました。1時間以内に、IISの全施設が財団のメイン通信ネットワークとの接続を遮断しSCP-3853A-1がIISの財団からの独立を宣言しました。現在SCP-3853Aは未収容であり、財団はIIS(GoI-328に指定されています)と戦闘状態にあります。IIS管理下にある全アノマリーは財団により回収されるまでのあいだ未収容であるとみなされ、SCP-3853Aに依存しないこれらアノマリーの収容プロトコルを開発することが最優先事項となっています。インシデント3853-AUGUSTUSに関する詳細については、ドキュメント3853-9を参照してください。


Addendum 3853-1: Incident 3853-AUGUSTUS
On 14 March 2018, the O5 council voted 11 for, 1 against, 1 abstaining to initiate succession protocol Ψ-18-CALIGULA (forcible deposition of the Director of the IIS via assassination); the SDECotW ratified this decision later that same day. Orders were transmitted to the commander of MTF Psi-18; the commander's response indicated loyalty to SCP-3853A-1 (Director Filipov) over the Foundation. Within one hour, all IIS facilities cut off contact with the main Foundation communications network and SCP-3853A-1 declared the independence of the IIS from the Foundation. SCP-3853A is now uncontained, and the Foundation is in a state of war with the IIS (now designated GoI-328). All anomalies under the control of the IIS are to be considered uncontained until they are recovered by the Foundation; the development of containment procedures for these anomalies that do not rely on the effects of SCP-3853A is a high priority. For further information on Incident 3853-AUGUSTUS, see Document 3853-9.

以下は特筆すべき語の一覧です。本文ではありません



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Mishary's portal does not exist.


エラー: Misharyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3438721 ( 23 Oct 2019 09:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License