財団機動部隊 Mission0

「今日も収穫なしか…。」

 息を切らしながら独り呟くのは男性財団エージェント、源 楓。コードネームは楓という名前から『Maple』。彼は休暇を利用して曾祖父母の暮らしていた屋敷に来ていた。彼は曾祖父母の世代から蒐集院で異常存在、財団ではSCiPと呼んでいる存在と戦い収容してきた家系の生まれだ。祖父母が現役だった頃にアメリカから財団がやってきて蒐集院のほとんどのメンバーを財団が引き継いだ、SCiPとそれらに対して行っていた収容手順は『特別収容プロトコル』に一部引き継がれている。彼の祖父母も財団に加入したメンバーだったため彼も財団で働いているのだ。

 彼がこの日屋敷に来た理由は祖母の遺書に書かれていた蒐集院がかつて使用していた様々な術式を記した古文書を探す為だった。なんでもその古文書、簡単な占いから地球を丸ごと覆い尽くす結界まで蒐集院が使用していたものや研究していたものが網羅されているそうだ。

「またこの家の仕掛けに負けた…、親族だから少しは手加減して欲しいものだよ、どんな術使ってんだ畜生…。」

 非常に大切な書物なのか、かなり大規模な時空間異常を起こす術が張り巡らされているらしい。一度踏むと体が動かなくなり壁に当たるまで移動し続ける床やら異臭がする延々と続く長い廊下やらどこからともなく女性の叫び声が一定間隔で聞こえてくる非ユークリッド空間の大部屋やら、例を挙げるときりが無い仕掛けばかりだった。まだまだ未確認の仕掛けもあるかもしれない。どうやら家族にすらも簡単には渡したくないらしい。



 8141収容棟、オブジェクトの収容場所だ。

ERROR

The minamotrigger's portal does not exist.


エラー: minamotriggerのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5690543 ( 27 Sep 2019 08:13 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License