謂われない絵画
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在サイト-81██の低危険度オブジェクト収容室に収容されています。室内には実験時を除いて絵画を持ち込むことが禁じられています。また、オブジェクトの正面に監視カメラを1台設置し、SCP-XXX-JPの変化を常時記録します。今後SCP-XXX-JPに関連する異常が新たに発覚した場合は、カバーストーリー「贋作とのすり替えによる窃盗事件」として、警察組織内へ潜入している財団エージェントが捜査を担当します。

説明: SCP-XXX-JPはF80号規格(縦1120mm、横1455mm)のキャンバスに描かれた油彩絵具による肖像画です。金地金、宝石類や装身具といった経済的価値の高い物品や花卉類が無造作に配置された机と、机に向かう椅子に腰掛ける若年の男性(SCP-XXX-JP-Aと指定)が描かれています。財団による美術鑑定と周辺調査の結果から、このオブジェクトは画家であった故戸塚朱鷺男氏1の作品であることが判明しています。

SCP-XXX-JPは不定期に活性化し、SCP-XXX-JP-Aの状態が3秒間に1度の頻度で変化します。SCP-XXX-JP-Aは未知の方法により、20代程度の男声を用いて日本語のみでコミュニケーションをとることが可能です。同一空間内に存在する他の絵画の中へ移動することが可能です。この時、移動先に存在する物品を手に掴むことによってSCP-XXX-JPへ持ち帰ることが可能です。SCP-XXX-JP-Aや絵画内の物品は、他の絵画との往来に際して移動先の絵画と同様の手法・画風へ変化します。

SCP-XXX-JPは19██年██月から20██年█月にかけて、██県██市にある████美術館の収蔵庫に保管されていました。同美術館から「絵が偽物と替えられている」という通報を受けた警察による鑑定中にSCP-XXX-JP-Aが言葉を発し、それがきっかけとなって収容に至りました。SCP-XXX-JP-Aは他の絵画に描かれている物品をSCP-XXX-JP内へ持ち帰り、背景の一部として配置するという行為を繰り返しており、その結果として同美術館の収蔵庫に収蔵されている複数の絵画に「肖像画の人物の装身具が消失している」、「背景に描かれている観賞用植物の数が減少している」等の異常が発生していました。


記事ここまで 以下メモなど
・戸塚朱鷺男
・鳥撫(とりなで)
・異常性について
 絵の中の人(Aさん)。意思があり日本語で話せる。扉で隔てられていない空間(美術館の展示室のような広くて入り組んでいる空間を想定)に存在するキャンバス(未完でも良い)に移動できる。移動先から更に別の絵には行けない。移動先の絵に描いてあるものを持って帰れる。人を連れて帰ることは出来ない。移動先の絵に描いてある人も喋れて変化するようになる。移動は出来ない。Aさんが退出すると元の状態に戻る。
 絵が変化する。絵の中で行われているAさんの行動に合わせて3秒に1回絵面が変わる。動画がめちゃめちゃカクついて3秒ずつの静止画しか見れない感じに近くて、表示されなかった部分も絵の中では起こっている。ものを落としたりすると落ちる音もする。
 *大まかに三つ 絵が変わる。絵の人が喋る。絵の人が別の絵に移動してわるさできる。

ERROR

The microcosmos's portal does not exist.


エラー: microcosmosのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4741281 ( 10 Oct 2020 09:15 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License