D-428976531

・オブジェクトの報告書に被験者として現れる、財団の記録上に存在しないDクラス職員。
・彼は報告書内での実験において、常に重傷もしくは死亡という結果を迎える。
 それは財団において危険性の確認されていないオブジェクトでも同様。
・彼の重症や死は想定されているオブジェクトの機動から逸脱した結果起きる場合が多く、
 その場合、その機動に準じたオブジェクトの異常性が新たに発現する。
 なお、その異常性は該当実験記録を削除することで消失する。
・財団は彼の出現を監視し都度ごとに記録を削除する対策を取っていたが、
 あまりに重篤な変化の場合先に被害が出てしまうとして、ある博士が彼の事前収容を考える。
・死亡した場合において次の発生期間が短い、また名前を書き込むことで意図的な発現が
 可能だとわかり、報告書内において生活可能な収容記録を記入することに決める。
・こうして、D-428976531は牢獄という安寧を得て、財団もまた
 男性の生活に必要な物資の消失、という代償で被害を抑えることに成功した。

ERROR

The miai's portal does not exist.


エラー: miaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2146344 ( 19 Jul 2019 20:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License