真実の産声

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██内の5m×5m×5mの防音建材で囲まれた収容セル内に保管し、収容セル内部を監視カメラで監視してください。また、SCP-XXX-JPの収容セル外において情報を扱う際には必ず情報の信憑性を確認して扱い、その情報の秘匿性に留意してください。

SCP-XXX-JP-Aによって事件が発生した地域にはカバーストーリー「凶悪犯の逃走」を適応し地域住民を避難させ、SCP-XXX-JP-Aの回収または無力化を行った後、地域住民にクラスBの記憶処理を施してください。

説明: SCP-XXX-JPは高さ20.4cmの乾燥したヒョウタン(Lagenaria siceraria var. gourda)の果実です。果肉がくり抜かれた形跡がないにも関わらず内部は空洞になっていることが判明しています。

SCP-XXX-JPの異常性は架空の情報がSCP-XXX-JPに周囲5m内に存在する際に発生します。この情報は音声媒体や映像媒体、文書媒体などのいかなる媒体も含みます。SCP-XXX-JPが異常性を発生させると、情報源が存在している周囲3m以内に転移します。この時、SCP-XXX-JPは情報源以外には認識されていませんが、カメラなどの映像機器には確認されています。情報源がSCP-XXX-JPに接触すると情報源は消失し、SCP-XXX-JP-Aを発生させます。

SCP-XXX-JP-Aは情報源が作成した情報を元に発生する実体および概念です。SCP-XXX-JP-Aと接触した人間はSCP-XXX-JP-Aの存在を他者に広めようとします。この時、SCP-XXX-JP-Aと接触した人間は会話においてSCP-XXX-JP-Aの存在に対して恐怖心を抱かせるような精神影響を他者に及ぼしていることが確認されました。これら精神影響はクラスB記憶処理を施すことによって無力化されます。

SCP-XXX-JP-Aは過去に██種確認されており、収容できていないものは現在█種です。

以下、確認されたSCP-XXX-JP-Aの抜粋です。

ナンバー 説明 対処
SCP-XXX-JP-A-1 「口裂け女」と呼ばれていた実体。接触した人間に自身が美しいか否かを質問し、回答した人間をハサミで殺害する。回答の内容は殺害の対象の選択に関連性はないと思われる。 身体能力は成人男性の全国平均の2倍程度であり、食事や排泄などの生体活動は確認されていない。 会話を試みたが質問への返答を行わないため、特別収容プロトコルに則り拘束。現在サイト-81██内にて収容中。
SCP-XXX-JP-A-4 「テケテケ」と呼ばれていた実体。上半身のみ存在しており、肘を地面につけながら自身を視認した人間を追跡し、殺害する。殺害された人間の下半身は消失しており、行方は不明。移動速度は非常に早く、確認された中での最高速度は時速███kmであることが確認された。 機動部隊によって無力化の際に破壊。破壊後、死体が消失したため回収には至らなかった。この回収作業によって初めてSCP-XXX-JP-Aが破壊可能であることが確認された。
SCP-XXX-JP-A-6 「████トンネル」と呼ばれていた異常空間。██県山中に存在しており、Dクラスを用いた探査の結果、[編集済]。 SCP-XXX-JP-A-6に通ずる道路を封鎖し、道路前にエージェントを数名常駐させた。この対処以降SCP-XXX-JP-A-6内部に侵入した人物は確認されていない。
SCP-XXX-JP-A-12 「きさらぎ駅」と呼ばれていた異常空間。██駅から発車する██時██分██行きの列車に乗り、終着駅を越えた先に存在している。Dクラスを用いた探査の結果、プラットホーム外に出ると消失することが確認されている。 SCP-XXX-JP-A-12に通ずる列車において車掌に扮した財団職員によって寝過ごす乗客がいないかの確認を行うよう指示した。この対処以降SCP-XXX-JP-A-12に進入した人物は確認されていない。
SCP-XXX-JP-A-15 「土蜘蛛」と呼ばれていた実体。ジョロウグモ(Nephila clavata)の頭胸部からヒトの頭部が生えている容姿をしており、頭部から腹部までの大きさは1.23m。██県██村で初めて確認され、██村の村人██名が行方不明になった事件に関与していたと仮定されている。 機動部隊によって破壊。SCP-XXX-JP-A-4と同様に死体は消失。回収には至らなかった。

SCP-XXX-JPは██県██市において発生した連続殺人事件の調査を警察内に潜伏していたエージェント██が詳しく行っていた際にSCP-XXX-JP-A-1と接触し、SCP-XXX-JP-A-1の存在が財団に確認され、SCP-XXX-JP-A-1の足跡を逆探知したところ発見されました。また、エージェント██がSCP-XXX-JPの収容作業時に「瓢箪から駒」という語句を使用し、SCP-XXX-JPの異常性の影響によってエージェント██が消失した後、SCP-XXX-JPから将棋における「王将」の駒が出現したことでSCP-XXX-JPの異常性が確認されました。

発見時のSCP-XXX-JPは██家の室内のノートパソコンの画面前に存在しており、ノートパソコンの履歴を調査したところ最後に架空の怪奇創作サイトにログインしていた形跡が確認されました。

補遺: SCP-XXX-JPの発見時に表面に付着していた土壌の成分結果から、SCP-XXX-JPが国外にも転移していたことが確認されました。現在、未確認のSCP-XXX-JP-Aが国外にも存在している可能性が危険視されており、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスをSafeからEuclidに再分類し、SCP-XXX-JP-Aの発見且つ収容において財団本部の協力を仰いでいます。

不自然だとは思わないのか?

なぜ際限なくオブジェクトが出現するのか。なぜあれほど見事としか言いようがない異常性や姿をオブジェクトが持っているのか。なぜ収容する上で異常性の抜け穴が存在するのか。全て辻褄が合う。

あらゆるオブジェクトも、もしかするとこの宇宙も、これら全てを人が生んだ訳ではないという保証がSCP-XXX-JPの存在によっていとも簡単に崩れ去ってしまう。

今となっては仮の話だが、それが仮の話である確証はない。

これ以上SCP-XXX-JPに悟られてはならない。

知られてはいけない。

産み出してはいけない。

我々の世界を、宇宙を、怪物が主役の舞台にしてはならない。

真実を産み出したであろう者の尻拭いをしなくてはならない。

確保、収容、保護。

-O5-██


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mC shrimp's portal does not exist.


エラー: mC shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3691434 ( 18 Dec 2018 09:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License