未定

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団Webクローラはインターネット上のSCP-XXX-JP発生を常時監視するよう設定されます。SCP-XXX-JP発生を検知した場合、データベース/XXX-JPへ即座に隔離し当該部分に対する強制改竄が実施されます。本オブジェクトの担当職員は対抗ミーム/XXX-JPの摂取が義務付けられます。。

説明: SCP-XXX-JPはインターネット上に出現する異常な画像情報です。「ピースサイン」の形状をした人間の手が表示され、「find_me.yae」というファイル名で出現します。発生場所は主にWebサイト上の広告やSNS上の書き込み等に限定されますが、既存の画像等と置換する形で発生することが確認されておりそのプロセスは不明です。

SCP-XXX-JPを閲覧、認識した人間(SCP-XXX-JP-1)は画像に表示されている手に対し、著しい不快感を表します。その後SCP-XXX-JP-1は手の持ち主となる人物(SCP-XXX-JP-2)の情報を独自に収集します。手のみの画像からSCP-XXX-JP-2個人への特定に至るプロセスは不明です。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-2に関する情報収集の他、その情報をインターネット上へ拡散します。この情報にはSCP-XXX-JP-2の本名、住所、所属の他にプライベートな情報も含まれ、SCP-XXX-JP-1間で共有されます。その過程でSNS等にSCP-XXX-JPの画像、又は画像掲載元を拡散させる為、SCP-XXX-JP曝露者が増加する要因となります。また重度の曝露者の中にはSCP-XXX-JP-2へ直接接触し危害を加えるケースも確認されます。これらSCP-XXX-JP-1の行動はSCP-XXX-JP-2の精神的、生活的なリスクを増加させ、死亡に至らしめる場合があります。

SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JPの画像対象となった人物です。SCP-XXX-JP-2は不特定の中から選出されており選出基準は未解明です。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JPの認識が不可能であることが判明しており、SCP-XXX-JP-1の拡散する情報の出自が不明なまま、精神的苦痛を受ける事となります。その結果財団による保護が成功した事例を除き、ほぼ全てのケースにおいて極限までの精神的苦痛による自殺、あるいはSCP-XXX-JP-1からの物理的被害により死亡しています。SCP-XXX-JP-2が死亡した場合SCP-XXX-JP-1の異常性は即座に解除され、同時にSCP-XXX-JPも発生元及びWeb上から消滅します。

以下が今までに発生し、財団が把握しているSCP-XXX-JP事例のリストです。
分類番号 発生日時 SCP-XXX-JP-2の本名 生死 内容
SCP-XXX-JP-A 2001年1月██日 雲母 ██ 死亡 最初のSCP-XXX-JP事例。「不審な自殺を遂げた」というニュース、その数時間前に雲母氏に関する個人的情報がWeb上に大量に流出していた件が財団の興味を引き、調査が開始された。流出した情報には生年月日、家族構成、電話番号などの個人情報、自殺する当日のスケジュールなどが含まれていた。
SCP-XXX-JP-B 2006年01月██日 死亡 宇和沼
SCP-XXX-JP-C 2013年01月██日 死亡
SCP-XXX-JP-D 2016年08月1█日 生存 財団による保護が成功。
SCP-XXX-JP-E 2017年08月31日 生存 財団による保護が成功。

インシデント/20170801-XXX-JP: 2017年08月01日、渋谷109街頭テレビジョンの映像内にSCP-XXX-JPが出現しました。映像は通常のSCP-XXX-JPと同等の構図でしたが、背景には財団のものに酷似したロゴマークが確認されました。。背景の部屋の照合、画像の指紋判別などからSCP-XXX=JP-2対象がSCP-XXX-JP担当である宇和沼博士と判別されました。このSCP-XXX-JPの画像に対し、宇和沼博士は撮影した覚えがないと述べています。宇和沼博士は直ちに機動部隊に保護され、流出したWeb上のSCP-XXX-JPに対し改竄が行われました。本インシデントは新たにSCP-XXX-JP-Fと分類され後処理として記憶処理薬の空中散布、偽情報及びカバーストーリー「放送事故」を適応しました。

インシデント中、男性1名がサイト-81██へ接近していました。男性は宇和沼博士の名前を叫びながらサイト-81██の敷地内へ侵入しようとしていた為SCP-XXX-JP-1であると判断、拘束されインシデント鎮静後にインタビューが実施されました。

インシデント後、宇和沼博士の所属及びサイト-81██の所在が一時的に曝露されたため、サイト-81██は移転が決定しました。宇和沼博士は個人情報等偽装の後サイト-81███-█への転属が承認され、SCP-XXX-JP後任担当は██研究員へ引き継がれました。

ERROR

The mayu_dog's portal does not exist.


エラー: mayu_dogのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2791453 ( 01 Jun 2018 14:58 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License