唯一無二のドッペルゲンガー

このページの批評は終了しました。


・コメント欄に質問点を挙げています。質問と違うご意見でも是非お願いします。
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低脅威度物品保管ロッカーに収容されます。収容時にSCP-XXX-JPの頭部を布で覆い、背面を扉側に向けて収納してください。

説明: SCP-XXX-JPは全長16㎝の地蔵菩薩の石仏です。収容時点でひどく損傷しており、現在右手部分が喪失、下半身が損傷しています。

SCP-XXX-JPの異常性は人間(以下、観測者)がSCP-XXX-JPの顔を見た際に発現します。観測者はSCP-XXX-JPの顔について、架空の人物(SCP-XXX-JP-1に指定)に酷似していると主張します。観測者はSCP-XXX-JP-1について一定の知識を有しており、観測者の人生に最も大きな影響を与えた人物であると主張しますが、現況を知る者はなく、最低でも10年以上交流が途絶えている人物であると主張します。観測者がどのようにしてSCP-XXX-JP-1の情報を得ているかは不明です。SCP-XXX-JP-1が確認されないことは観測者の多くに軽度の鬱症状を引き起こしますが、多くの場合曝露して1日から2日でSCP-XXX-JP-1に関する知識の消失とともに回復します。複数人がSCP-XXX-JPの顔を見た場合はそれぞれ別の人物に酷似していると主張し、これまでに同一のSCP-XXX-JP-1が主張された例は確認されていません。

実験記録XXX - 日付19██/█/██

対象: SCP-XXX-JP

観測者: D-XXX-1

実施方法: D-XXX-1にSCP-XXX-JPを視認させ、SCP-XXX-JP-1を確認する。

結果: D-XXX-1はSCP-XXX-JPの顔について、大学生時代の知人の30代男性に酷似していると主張。D-XXXは当該人物について当時の憧憬の対象であったと主張。

分析: 報告された人物は記録上存在しません。

実験記録XXX - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXX-JP

観測者: D-XXX-2

実施方法: D-XXX-2にSCP-XXX-JPを視認させ、SCP-XXX-JP-1を確認する。

結果: D-XXX-2はSCP-XXX-JPの顔について、知人の娘の小学生女児に酷似していると主張。D-XXXは当該人物について彼女との出会いで自身の嗜虐癖を自覚し、██████事件を引き起こす契機になったと主張。

分析: 報告された人物は記録上存在しません。調査の結果、知人は存在しますが知人夫婦の間に娘は存在しませんでした。

実験記録XXX - 日付19██/█/██

対象: SCP-XXX-JP

観測者: D-XXX-3

実施方法: D-XXX-3にSCP-XXX-JPを視認させ、SCP-XXX-JP-1を確認する。あらかじめD-XXXにSCP-XXX-JPの異常性を伝え、現実に存在する人物で例えるよう指示する。

結果: D-XXX-3はSCP-XXX-JPの顔について、一般人である知人の40代女性に酷似していると主張。D-XXXは当該人物について中学生時代の恩師であると主張。

分析: 報告された人物は記録上存在しません。SCP-XXX-JP-1を実在の人物に指定する試みは失敗しました。

実験記録XXX - 日付19██/█/██

対象: SCP-XXX-JP

観測者: D-XXX-4

実施方法: D-XXX-4に90度右に回転して設置したSCP-XXX-JPを視認させ、SCP-XXX-JP-1を確認する。

結果: D-XXX-4はSCP-XXX-JPの顔について、テレビドラマ『██████』の主演俳優である40代男性に酷似していると主張。D-XXXは当該人物について俳優の道を目指す契機になった人物であると主張。

分析: 報告された人物は記録上存在しません。調査の結果、テレビドラマ『██████』は存在しますが同ドラマに主演俳優は存在しませんでした。正面からでなくても、観測者が顔を認識できればSCP-XXX-JP-1が発生する可能性があります。

実験記録XXX - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-XXX-5に90度左に回転して設置したSCP-XXX-JPを視認させ、SCP-XXX-JP-1を確認する。

観測者: D-XXX-5

結果: D-XXX-5はSCP-XXX-JPの顔について、D-XXXの母親である50代女性に酷似していると主張。D-XXXは当該人物について幼少期から自分を支え続けてくれた人物であると主張。

分析: 報告された人物は記録上存在しません。調査の結果、D-XXXの父親は存在しますが母親は存在しませんでした。前回の実験結果と合わせて、観測者が顔を認識できた時点でSCP-XXX-JP-1が発生するようです。



追記: 知識の消失後、再度SCP-XXX-JP-1についてのインタビューが行われました。観測者はSCP-XXX-JP-1の知識を有しておらず、████仏が憧憬の対象だった、██地蔵が犯罪衝動を後押ししてくれた、幼いころから██地蔵が自分を支え続けてくれた、などと主張しました。調査の結果、████仏及び██地蔵は記録上存在しませんでした。SCP-XXX-JPとの関連性を含め、現在調査を進めています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The maruta1990's portal does not exist.


エラー: maruta1990のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6760277 ( 24 Aug 2020 12:19 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License