SCP-1778 "Valor"(邦題案: 武勇)翻訳案

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

Item: SCP-1778
アイテム番号: SCP-1778

Object Class: Euclid
オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: SCP-1778 has been marked as orbital debris from a failed uncrewed Soviet mission. All embedded agents of the Foundation within the most relevant space agencies are to observe SCP-1778 and prevent all research or interaction initiative related to it.
特別収容プロトコル: SCP-1778はソ連の無人宇宙船の任務の失敗による宇宙ゴミとして注目されています。最も適切な宇宙機関内の全ての財団エージェントは、SCP-1778を観察し、それに関連するすべての研究または交流の試みを防いでください。

Different recovery and disposal measures are being studied at the time, and remain pending approval from level 4 authorities until possible future connections with SCP-1778 are established. A MTF Beta-3 ("Blue Danube") team remains in standby for these operations.
現在様々な回収および処分の方法が研究されており、SCP-1778との将来の関係が確立されるまで、レベル4職員からの承認待ちのままです。機動部隊ベータ-3("青きドナウ")チームはこれらの作戦のために待機しています。

Description: SCP-1778 is, to date, the only known spaceship of the Soyuz 7K-L2 series, designed by [REDACTED] and placed in orbit in 1966 as part of a special program developed and financed by the Psychotronics division of the Russian Main Intelligence Directorate (GRU) with unknown aims. SCP-1778 currently remains in low Earth orbit. It has been contacted from different points of the surface of the Earth since its discovery through brief radio exchanges with unknown interlocutors. Only those exchanges initiated through the methods deployed by these interlocutors will receive an answer from SCP-1778 (See documents TL-01, TL-02 and TL-03).
説明: SCP-1778は、今までのところ、ソユーズ7K-L2シリーズの唯一の既知の宇宙船であり、[編集済]によって設計され、ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の精神工学部局によって開発および資金提供された特別プログラムの一部として、目的不明で1966年に軌道に乗せられました。SCP-1778は現在低軌道にとどまっています。未知の対話者との短時間の無線交換を通じて発見されて以来、地上の様々な場所から接触を行ってきました。これらの対話者によって展開された方法によって開始された無線交換のみがSCP-1778から回答を受け取ります(文書TL-01、TL-02、およびTL-03を参照)。

While flying over the territories of the former Soviet Union, SCP-1778 seems to behave as any satellite or orbiter. However, in the moment of passing over the Prime Meridian, SCP-1778 decelerates through unknown means and adopts an orbit that takes it in the opposite direction, then accelerating rapidly until it reaches Meridian 170º, when it resumes its previous orbit and speed. During this period, SCP-1778 accelerates until it reaches an estimated speed of 0.09c with transmissions of anomalous nature during these 0.3 seconds being emitted from it. While it has been hypothesized that these transmissions do contain information, all attempts at deciphering thus far have failed.
旧ソビエト連邦の領土上空を飛行している間、SCP-1778は衛星または人工衛星のように振る舞うようです。しかし、本初子午線を通過する瞬間、SCP-1778は未知の手段で減速し、反対方向に進む軌道を採用し、その後、経度170ºに達するまで急速に加速し、前の軌道と速度に戻ります。この間、SCP-1778は推定速度0.09cに達するまで加速し、この0.3秒間に異常性のある信号が送られます。これらの信号には情報が含まれているとの仮説が立てられていますが、これまでのところ、解読の試みはすべて失敗しています。

タグ: alive(生命), euclid, event-featured(イベント-注目記事), extraterrestrial(地球外), gru-division-p(gru-p-部局), humanoid(人間型), loop(ループ), sapient(知性), satellite(衛星), scp, sentient(自我), temporal(時間), transmission(通信), vehicle(乗り物)


ERROR

The Manganese's portal does not exist.


エラー: Manganeseのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4511834 ( 17 Jan 2020 14:58 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License