SCP–JP『非常識的な薬』

現在このページの批評は中断しています。

アイテム番号: SCP–x x x–JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP–x x x–JPはサイト–635内の中型低危険度物品収容ロッカー内に収容されます。
SCP–x x x–JPはその性質から原則容器から取り出すことは認められていません。また、SCP–x x x–JPに対し必要な手順を踏むことなく接触した職員は直ちに、専用の隔離室にSCP–x x x–JPの効果が消失するまで隔離され、その後クラスC記憶処置が施されます。

概要: SCP–x x x–JPは███製菓株式会社より製造及び販売された一般的なプラスチック製ボトル入りのラムネ菓子のように見えます。しかしラベルが存在せず、製造元を判別することはできません。
SCP–x x x–JPは200█年6月█日、██県にて行われていた地鎮祭にて露店商が「常識的になれる薬」として販売していたものを旅行中の███博士が███円で購入し、その後███博士が治療薬と称してD-1332に摂取させたことで異常性が発覚しました。
SCP–x x x–JPの異常性は人間と同程度の知能を持つ人型実体がその錠剤を経口摂取した場合に発現します。異常性の発現期間に個人差はありますが基本的に7週間程度とされています。
SCP–x x x–JPはSCP–x x x–JPを摂取した人物に対し重度の認識災害と共にヒューム値の異常上昇を引き起こします。この効果はSCP–x x x–JPに含まれる未知の成分が、主に胃粘液と反応することによって引き起こしていることが後続の研究によって明らかにされています。

ERROR

The mait n's portal does not exist.


エラー: mait nのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4669345 ( 18 Mar 2019 14:12 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License