自己挿入/The Self Insert 翻訳下書き

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

Life had always been without magic. That's why he wrote — because the real world, while it could be interesting, didn't have any magic. He wasn't quite a man of science, but instead a man of rationality. And so, he wrote: to add a little magic, a little horror, a little interest to a dull, humdrum world.
人生には魔法はない。それが彼が書く理由だった  現実世界は面白いものなのかもしれないが、やはり魔法は存在しなかったから。彼は科学の徒ではなく、むしろ合理性を重視した男だった。だから、そう、彼は書いたのだ。退屈で平凡な世界に、少しの魔法、少しのホラー、そして少しの面白さを加えるために。

It wasn't until he fell through a hole in his world — from the real world to a world filled with the things he'd written — that he started believing. It all began so simply. He had been walking through the stock room at Wal-Mart, headed for break; when he turned the corner, he didn't see what he expected to see: bleak grey shelving filled with boxes of product were replaced with sterile, white walls. He stopped walking, trying to take it in. Turning in place, he was shocked to discover nothing behind him but the same white walls.
世界の穴を通り抜けて落ちて  現実の世界から、彼が書いたもので満たされた世界へ辿り着き初めて  彼は信じ始めた。すべてはとてもシンプルに始まっていたのだ。彼は休憩を取ろうと、ウォルマートの在庫室を歩いていた。角を曲がったとき、彼は予想される景色を見ることはできなかった。製品の箱でいっぱいの荒涼とした灰色の棚は、殺風景な白い壁に置き換えられていた。彼はそれを理解しようとして、歩くのを止めた。振り返ってみると彼の背後には何もなく、同じような白色が広がっているのに気付いて愕然とする。

A psychotic break? Maybe. But you have to work within the laws of whatever universe you find yourself in, and so he began to walk, an eerie feeling shivering down his spine. The first door he came to was marked with a familiar symbol — and that feeling just got worse. He was here, in the Foundation. Not as a doctor, researcher, or agent, but as just…himself.
精神病の発作か?そうかもしれない。しかし、どんな宇宙にいようと、その世界の法則の中で動かなければならない。そうして彼は歩き始めた。不気味な感覚が背筋を震わせた。最初のドアには見慣れたシンボルマークがあり  それが気分を更に悪化させる要因となった。彼はここ、財団の中にいたのだ。博士としてでも研究員としてでも、またエージェントとしてでもない。つまり単なる…自分自身として。

He was screwed.
彼は、混乱に陥っていた。

He wouldn't blend in. He couldn't, not in blue jeans and a blue shirt. And despite being a writer, the man who would come to be known by the three-letter acronym of TDM was not as clever as those he wrote about. He had one chance, he thought. If he could get out, get away from this Site, he might be able to lose himself in the world. Might.
彼は溶け込めなかった。ブルーのジーンズにブルーのシャツを着ていたからではない。作家であるにもかかわらず、TDMという3つの頭文字で知られるようになった男は、彼が書くものほど賢くはなかった。一度きりのチャンスがあると、彼は思った。もしこのサイトから離れて外に出られたら、財団は自分を見失うかもしれないと。恐らくだが。

A passing researcher gave him a curious look as he continued to stroll down the hall. An agent gave him the same look, but closer, as if scrutinizing his face. A glance, risked over his shoulder, saw them both pointing him out to a security guard. He cursed under his breath as the guard called out for him to stop. So much for chances. Time to see if his writing had ever been any good.
通りすがりの研究員が彼に興味深げな視線を送った。エージェントも同じように彼に目をやり、じっくりと観察するかのように至近距離で彼の顔を見ていた。危険を冒して肩越しに見遣ると、2人は警備員を差し向けているところだった。警備員が彼を呼び止めたので、低く罵った。チャンスとはそんなものだ。彼がこれまでに書いた作品が有用なものであったかどうかを確認する時間だ。

He turned to the nearest locked door, addressing the panel beside it. "Open. Authorization O5-6. Alpha-Omega-13." And, amazingly, it worked. The door slid open, and he dashed through, closing and locking it behind him with the same authorization codes. It might not hold long, but would it be long enough?
彼は一番近い鍵のかかったドアの方を向いて、その横のパネルに呼びかけた。「開けてくれ。認証番号O5-6。アルファ-オメガ-13」なんと、驚くべきことにそれは成功した。スライドして開いたドアを走って通り抜け、閉めた後に同じ認証コードでロックした。長くは持たないかもしれないが、これで少しは猶予は延びたか?

Down another hall. Left at a doorway. Push past the old man with the beard. Locking every cross portal he came across, sealing every blast door. When he came to a computer, he logged in, using passcodes he'd once typed out just for the heck of it. Now, it felt so much more dangerous. He was at… Site 19. Damn it. Used to contain humanoids…no easy exits like 23 had. No… wait. There, down low, an O5 meeting room. If he could get there, he could get out. The O5s always had special escapes built in.
別のホールを降りる。出入り口を左へ。髭の老人を押しのけた。出くわしたクロスポータルを全てロックし、ブラストドアを全て封鎖した。コンピューターに行き着いたら、ログインする。面白半分で一度だけ打ち出したパスコードを入力して。今、非常に危険な状況だ。彼は…サイト19にいた。畜生。ヒューマノイドを収容するために使われているここには、サイト23のような単純な出口はない。いや…待て。機密だが、O5の会議室があったな。そこに行けば出られるはずだ。O5には常に特別な脱出方法が用意されている。

He wasn't a hacker — he wasn't even particularly computer savvy. Which was why he was glad he'd always written the Foundation as using touch screens. Level Five status allowed you to pull off a lot of fun tricks. Including initiating a Keter level breach alert, on the opposite side of the site. Hopefully, that would distract the guards. Hopefully.
彼はハッカーではなかった  コンピューターの知識に精通していたわけでもない。だからこそ、タッチスクリーンを使って財団について常に執筆できたことを喜んでいた。レベル5の権限は、沢山の愉快な悪戯を実行することが許される。サイトの反対側で、Keterレベルの収容違反警報を鳴らすことを含めて。上手くいけば、警備員の注意を逸らすことができるだろう。上手くいけば、だが。

It didn't matter. He'd locked the nearest stairway, and it was damn near a straight shot down to that room.
それは問題なく行われた。彼は一番近い階段の扉をロックし、その部屋に接近したものたちを真っ向から拒絶した。

Eleven floors later, he was cursing the fact he'd never had enough money to get a gym membership. Being an internet writer wasn't exactly the type of work that gave you fantastic muscles. Or, you know, any muscles whatsoever.
11階まで下って、彼は自分がジムの会員になれるほどの金持ちでなかったことを嘆いていた。インターネットライターの仕事は逞しい筋肉をつけるような業種ではなく、この状況から察せられる通り、事実まったくもって鍛えられてはいなかった。

Thirteen floors after that, he was gasping for breath, and wishing he'd quit smoking cigars when his girlfriend had asked him to. But, finally, he'd made it where he was going. Down another hall, and open this door…
13階を降りたとき、彼は息を切らした。今度ガールフレンドに止められたら、葉巻を止めようと思った。そして、ついに目的地に辿り着いた。別のホールを降りて、ドアを開けると…

TDM slumped against the wall, defeated. Sitting in the room, almost as if they had been waiting for him, was an old man and his two bodyguards. Of course he'd have to show up on a day an O5 was actually here. "Well, fuck."
TDMは希望を打ち砕かれ、壁にもたれかかった。部屋の中には、まるで彼を待っていたかのように、老人と彼のボディーガード2人が座っていた。彼が姿を現さねばならない日には、当然O5もまた同じ場所へと姿を見せることになる。「くそったれめ」

The old man stared at the intruder, then shook his head just slightly at the man in the gas mask beside him. He considered the look in the man's eyes, the tone of his voice, and came to a startling — to him — conclusion. "You know who I am." There should only have been a handful of people who could recognize him on sight. "Interesting. Sadly, I do not know who you are. Which is intriguing, considering you have been using my security codes to throw this site into an uproar. You appear to have not been expecting me, and so are unlikely to be an assassin." A slight pause. "And your condition certainly helps prove that. My people tell me you appeared in the middle of a hallway, which could make you a teleporter, but I think an out of shape teleporter would not have walked down all those stairs. Which means someone sent you here. Against your will, maybe? You were coming to this room… to escape, yes? That doesn't tell me how you know there IS an escape route here. Well, do you have anything to say?"
老人は侵入者をじっと見つめてから、横にいるガスマスクの男にわずかに首を振った。老人は、その男の目、声のトーンを考え  彼について  驚くべき結論に達した。「私が何者か知っているだろう」彼を見ただけで理解できる人々はほんの一握りしかいないはずだ。「興味深いな。悲しいことに、私は君が何者であるかは分からない。私のセキュリティコードを使ってサイトを騒がせていたことを考慮すると、これは不思議なことだ。私が現れる事態を期待していなかったようであるから、暗殺者である可能性は低い」一息置く。「君の状態がそれを証明している。部下の話では、君は廊下の真ん中に現れたとのことだから、テレポーターの可能性もあるが。体調を崩したテレポーターは階段を歩いて降りることはしないだろう。何者かがここに送ったということか。恐らくは、君の意思に反して?この部屋に来たのは…逃げるためだろう?ここに逃げ道があることをどうやって知ったのか、私は知ることができない。さて、何か言うことはあるかい?」

Through labored breathing, TDM muttered something. "You'll have to speak up," the old man replied. "I am getting up there in years."
荒い呼吸の中、TDMは何かを呟いた。「聞こえないな」老人は応答する。「私は年寄りなものでね」

TDM sat back, and spoke again, louder this time. "Jack. TJ. Sarah. Claire. Mich-"
TDMは座り込んで、再度、今度は大きな声で叫んだ。「ジャック。TJ。サラ。クレア。1マイケ  

For an old man, the fellow known as Cowboy could still move amazingly quickly. In the twinkling of an eye, he had moved forward. TDM's pale throat stood in contrast to the glittering silver blade pressed against it, seemingly drawn from Cowboy's cane. "Those are words that guarantee you a swift death."
老人であり、カウボーイとして知られる男は、驚くほど俊敏に動くことができた。瞬きをした瞬間に、目の前に現れていた。TDMの青白い喉と、カウボーイの杖から引き抜かれたのだろう銀色の刃が対照的だった。「その言葉は君の迅速な死を約束するものだ」

"But I can save them!" the bearded man gasped out, eyes locked on the blade. He gulped reflexively, and the razor sharp tip nicked his throat, a single drop of blood welling up.
「だが俺は彼らを救える!」髭の男は息も絶え絶えに叫び、刃を見つめた。彼は反射的に息を呑む。鋭い刃先が彼の喉を薄く切り裂き、一滴の血が溢れた。

"You're not helping your case. Many have claimed as much over the years. But, if you know anything about the Foundation, you should know, there are-"
「君の主張は役に立たない。多くの人々が何年にも渡ってそう叫んできたんだ。だが、君が財団について何か知っているのならば、理解しておくべきだ。我々に  

"-no happy endings," the bearded man finished in unison with the O5. His thoughts raced, looking for anything that might save him. His eyes fixed on the bodyguard with the gasmask, and a spark fired somewhere in his brain. It would ruin his favorite story, but save his life. He cleared his throat, hoping to get the accent right. "H'lyiah, Cho'tp'k?"
  ハッピーエンドは訪れない」髭の男はO5と一体となって締めくくった。彼は何か自分を救えるものはないかとは必死に思考を巡らせていた。ガスマスクのボディーガードに目が釘付けになり、脳内のどこかで火花が散った。それは彼のお気に入りの物語を台無しにするだろうが、人生を救うことにはなる。訛りを正しく発音しようと喉を澄ました。「H'lyiah, Cho'tp'k?2

The man known as Thompson's eyes widened behind the gas mask he always wore. His gaze shifted slightly, and his head tilted slightly before returning to its perfect orientation. O5-6 frowned. "What did you just say? Are you trying to work some memetic agent? I'll have you know, my men are well-shielded against such things. I do believe I shall simply kill you."
トンプソンとして知られている男の目は、いつも身につけているガスマスクの裏側で見開かれていた。彼の視線はわずかに移動し、頭をわずかに傾げてから完全な向きに戻った。O5-6は顔を顰める。「なんだって?ミームエージェントを作動させようとでもしているのか?なら教えてやろう。私の部下はその類には十分に耐性を持っている。あとは単に君を殺すだけだ」

Taking a deep breath, he tried his best to get it all out at the same time.
彼は深く息を吸い、同時に全てを吐き出すことに全力を尽くした。

"BlackhasbeenbrainwashedbyMannandhe'sgoingtokillyouifyoudon't-"
「ブラックはマンに洗脳されたんだ奴はお前を殺そうとしているもしお前が  

Not quite quick enough. Even as he spoke, the unmasked bodyguard's eyes glazed over, and he began to raise his gun. Not towards the unknown man, but towards the O5. Unfortunately for Agent Black, Thompson was prepared, having been prewarned. His brass knuckles struck twice in as many seconds, and the brainwashed minion was sent to the floor, unconscious.
声を発するスピードは十分でなかった。彼が話している間にも、仮面を剥がされたボディーガードの目は虚に曇り、銃を振り上げた。素性の知れぬ男にではなく、O5に向かって。エージェント・ブラックにとって不運なことと言えば、トンプソンは事前に彼について警告されていたため、準備ができていたということだ。彼の真鍮製のメリケンサックは2秒のうちに2回打ちつけられ、洗脳されていた悪の手下は意識を失って床に倒れ込んだ。

"Like that," TDM finished lamely.
「そんな具合に」TDMは弱々しく終えた。

"Interesting." Six stared at his once-trusted protector, a deep frown creasing his lips. "And you knew this…how?"
「興味深い」シックスはかつて信頼していた護衛を見つめ、深く眉をひそめて唇に皺を寄せた。「君はこの未来を知っていたようだが…どうやって知った?」

"I wrote it."
「俺がその筋書きを書いたんだ」


Time passed, as it does. The newcomer was tagged as a Black Box SCP, known by a descriptor, not a number. The Duck Man, or "TDM" for short. He was very busy for the first, oh, hour or twelve, telling Six everything he knew about Mann's plans. He was then placed in a Humanoid Containment Chamber, and ignored for a couple of weeks, as Six routed out all of the mad doctor's plans and puppets.
そうして時間は過ぎていった。新顔はブラックボックスSCPとしてタグ付けされた。それらは番号ではなく、記述語で示されることで知られている。ダックマン The Duck Man、または略して「TDM」。彼は最初の、まあ、1時間から12時間のうちは非常に忙しかった。彼が知っているマンの計画をすべてシックスに話した。その後はヒューマノイド格納庫に入れられ、数週間は放置された。その間、シックスはマッドドクターの計画やその傀儡どもを端から洗い出していた。

But after all that, it came time to decide what to do with him. Jack Bright and O5-6 stood in the observation lounge, watching as TDM stared upwards, trying desperately to entertain himself in between feedings.
その後、彼の処遇を決める時が来た。ジャック・ブライトとO5-6は観察室に立ち、餌の合間にやけになって退屈を凌ごうとしているTDMが上を見つめているのを観察していた。

"What did he just say?" Six leaned forward, turning up the volume.
「今何と言った?」シックスはボリュームを上げて身を乗り出した。

"I think it was something along the lines of 'Wow. 12 meters high. I didn't think they actually did that.'" Jack fiddled with his amulet, staring at the man before them. "Do you think this guy is on the level?"
「わぁ、12メートルもあるんだ。って感じじゃないか?まさか本当に収容するとは思わなかったが」ジャックは首飾りを弄びながら男を見つめていた。「この男がレベルを所持していると思うか?」

"He's not a Bixby, if that's what you're asking. I've had people testing him, covertly. If he could alter reality, he'd have done something by now. Tests show him to be completely human, identical on a quantum level to a man currently living in the United States. All the ID he had on him when we put him in here is identical to the real one. Well, with one difference. The him on the outside is a millionaire. Won a lottery or something. This one worked at Wal-Mart."
「最初に言っておこう。奴はビクスビー3じゃない。既に部下が密かにテストをしている。奴が現実改変できるなら、今頃何かを仕掛けているはずだ。テストでは完全に人間で、現在アメリカに住んでいる男と量子レベルで同一だった。ここに侵入した際のIDも全て本物のそれと同じだ。だが、一つだけ違いがある。この世界の奴は大富豪だ。宝くじか何かに当たったらしい。だがこいつはウォルマートで働いていた」

"Thought you said he wasn't a Bixby? Sounds like some major wish fulfillment to me."
「本気で言っているのか?お前の言い方じゃあ、まるで彼が私の大望を実現できるかのように聞こえるが」

"Enh. Might have been something like that. But this guy? He can't do anything now. Except make use of the things he's 'written' in before."
「ああ、そう聞こえたかもしれないな。だがこの男はどうだ?今じゃ何もできない。以前に奴が“書き終えたもの”を利用する以外は」

"So you think he really created us?"
「つまり、彼が本当に私たちを創ったとでも?」

"No. I'm not that pessimistic. I think in his universe, he had some, we'll call it a connection. It lets him know way too much about us, but he's not a god, or a creator of any kind." Six pauses to pull out a cigar and light it up. The smoke alarm begins to go off, but a quick glare from Six and the alarm is rapidly silenced.
「いや。そこまで悲観的ではない。奴の宇宙の中には、俺たちとの関連性とでも言うべき何かがあるのではと推測している。それが俺達を知る事を可能にはするが、奴は神でもなければある種の創造主でもない」シックスは葉巻に火を点けるために一旦会話を切る。煙でアラームが鳴り始めたが、シックスが素早く睨み付けるとそれは急速に音を小さくしていった。

"Do you really have to do that?"
「本当にそんなことをする必要が?」

"What's the point of having power, if you can't abuse it?"
「権力を乱用できないなら、それを持つ意味はなんだ?」

"And you think he can fix me? And TJ? And…" Bright swallows. "Sarah?"
「じゃあ、彼は私を元通りにできるってのか?TJも?それに…」ブライトは唾を飲み込む。「サラさえも」

"I think he can. He knows the shortcuts, he said."
「可能だろうな。手っ取り早い方法を知っていると言っていた」

"What does he want?
「彼の望みは?」

"Protection. He doesn't want anyone to know he's here. He says he gets nightmares thinking about what MC&D, or the CI would do to him. He also seems to think if he does too much, people from his world will notice him, and …get rid of him. He calls it deletion. He's scared to death of Kondraki and Clef, thinks they'll 'decommission' him. He's willing to help us with whatever we want, as long as we keep him fed… and entertained."
「保護だそうだ。ここにいることを誰にも知られたくないと。奴は悪夢を見ると言っている。MC&DやCIに何かされると思い込んでいるようだ。それに、こうも考えている。もし行き過ぎた行動を取れば、元居た世界の連中がそれに気付く。そして…奴を排除すると。奴はそれを 破壊decommissionと呼んでいる。コンドラキとクレフに怯えきっていて、奴らが自分を解任すると思っている。何にでも協力してくれるさ。餌を与えて…楽しませてさえいればな」

"Entertained?"
「楽しませる?」

"He knows he can't have access to the outside world." Six blows a smoke ring. "So he wants games. Computer, video, all that sort. And books. Something to keep him healthy." His mouth curls in a half-smile. "And SCP-1004."
「奴は外の世界にアクセスできない事を知っている」シックスは煙を輪っかにして吐き出す。「それとゲームを欲しがってる。コンピューター、ビデオ、そういう機種すべて。本と、体を健康に保つものなんてのも」彼の口は半笑いで歪んでいる。「そして、SCP-1004」

Jack can't help but double take. "One thousand four? Does he know what it does?"
ジャックは聞き返さずにはいられなかった。「1004?彼はそれが何を引き起こすのかを知っているのか?」

"He seems to think he can handle it." Six found himself smirking. "And if he can't, well… We'll have found out all he knows by the time it makes him incapable of proceeding."
「自分がそれに対処できると思っているようだ」シックスは自分が含み笑いをしてるのに気がついた。「もしできないなら、そうだな…俺たちは奴が手遅れになるまでに、知っていること全てを搾り取ればいい」

"You're an asshole. I love it."
「クソ野郎め。だがそこが好きだぜ」


Now. At this point, we could go on about the things The Duck Man did. The SCPs he fixed. The plots he stopped with his information, or the other things he told people that they shouldn't have known. Instead? I think it best to end this tale with a small view of what the guards watching him see.
現在。この時点で、私たちはダックマンがしたことについて傍観することができた。彼はSCPたちを元通りにした。彼の情報で陰謀を阻止し、また人々に本来彼らが知るべきではないことを話した。知りたいことはそれじゃない?まあ、彼を監視する看守たちが得た情報を少し見て、この物語を終わらせるのが最善だと思う。

Agent Klein sat down beside Senior Agent Hanks, sliding his card into the station to clock into his assignment. "All right, sir. I'm here to take over observation duties from you. Anything I need to know?"
エージェント・クラインは上級エージェントのハンクスの横に座り、タイムカードを記入した。「お疲れ様です、サー。あなたから監視業務を引き継ぐために来ました。何か知っておくべきことは?」

"This guy masturbates more than anyone. Ever. Seriously, it's disgusting. I don't even want to know what he's looking up on that thing. The sounds are bad enough." Hanks shakes his head. "Look, this is an easy job. The skip isn't dangerous. He just sits there, playing video games, and watching porn. Your main duty is to poke him every now and then, make him get active. That's what the treadmill and weights are for. The Overseers want him to stay healthy."
「この男は馬鹿みたいにオナニーしている。四六時中。マジで最悪だ。奴が何を見ているのか知りたくもない。音も不愉快だ」 ハンクスは首を振った。「いいか、これは簡単な仕事だ。スキップは危険じゃない。奴はただそこに座って、ビデオゲームをして、ポルノを見てるだけだ。お前の主な仕事は、時々奴をつついて活動的にさせること。ルームランナーやウェイトトレーニングの道具は、そのためのものだ。監督者は奴に健康でいて欲しいと思っている」

"Is he talking to himself in there?"
「あそこで独り言を言っているのが?」

"Same thing he always says. I don't get it, but here, listen." Hanks leaned forward, turning up the volume so the two could hear the words The Duck Man would be repeating for the rest of his long life.
「いつも同じことを言っている。理解できないだろうが、聞いてくれ」ハンクスが身を乗り出してボリュームを上げることで、ダックマンが長い人生にて繰り返してきた言葉を2人が聞くことができるようになる。

"Please don't downvote me. Please don't downvote me. Please don't downvote me."
「どうか俺をダウンボートしないでください。俺をダウンボートしないでください。ダウンボートしないでください…」

ERROR

The luzbrilliant's portal does not exist.


エラー: luzbrilliantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6451996 ( 18 May 2020 01:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License