シロツメクサ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x
blank.png
県道.jpg

SCP-xxx-JPが発見された██県道███号線の道路

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPの収容のため、██県道███号線の███から██にかけての道路は封鎖され、代替の道路が敷設されました。
SCP-xxx-JPの存在する旧道は適宜カバーストーリーを適用し、部外者の立ち入りを禁止して下さい。██県道███号線の封鎖範囲は、SCP-xxx-JPの今後の動きに応じて変更される可能性があります。

SCP-xxx-JPの現在地の把握のため、1日に1度、SCP-xxx-JPの居るとされる地点上を自動車で通過して下さい。この自動車の運転手にはDクラスを利用して下さい。

説明: SCP-xxx-JPは██県道██号線に存在する、自己隠蔽特性を有すると考えられる物体です。SCP-xxx-JPは人類の既知の感覚に訴えるほぼ全ての方法において認識することが出来ません。これには非物質変位無効装置やカント計数機を用いた超自然的な方法も含まれます。後述するSCP-xxx-JPの異常性から形状はヒトに近しいものであるという説が提唱されていますが、断定は為されていません。

SCP-xxx-JPを人類が認識することの出来る唯一の方法はSCP-xxx-JP上を自動車1で通過することです。SCP-xxx-JP上を自動車で通過した場合、通過した自動車の搭乗者(以下被験者と呼称)は自身の運転、若しくは乗車している車両が人間を轢いた感触がしたと訴えます。にも拘わらず、SCP-xxx-JP上を車両が通過した瞬間を捉えた映像及び肉眼による視認の検査結果は、それらの発言を裏付けるものにはなりませんでした。

この被験者の口述については、被験者各員の経歴に関わらず、現在までに確認された全てのケースにおいて認められています。例えば、運転手が自動車を初めて運転した場合や、実験前の同乗者にWクラス記憶処理を施した場合であっても、被験者は確証を持った態での証言を行います。これについては、後述するSCP-xxx-JP-1による影響であるという見解が濃厚です。

また、SCP-xxx-JPは1日に10~50m程度の速度で移動しています。現在までSCP-xxx-JPは██県道██号線を上り方面へ道なりに向かっていると考えられます。SCP-xxx-JPがこのペースを維持し移動し続けた場合、2002年頃に██県道██号線を抜け██市街に入ると予測されています。SCP-xxx-JPは特性上強制的に移動させることが不可能であり、市街地に侵入させてしまうと隠蔽コストが増してしまいます。そのため、財団は将来的に遅延の為の迂回路の敷設や再開発等を理由とした住民の立ち退きを計画しています。

SCP-xxx-JP-1はSCP-xxx-JP被験者の記憶に対し効果を発揮する非伝染性ミーム災害です。
SCP-xxx-JP-1は被験者が搭乗する車両がSCP-xxx-JP上を通過したタイミングで被験者に対し挿入されると考えられています。SCP-xxx-JP-1はクラスA記憶処理により除去可能です。

被験者による報告全てに共通する内容は「1998年12月19日に自身が乗っている車両が██県道██号線にて轢き逃げ事故を起こした」というものです。しかし、当該日付において轢き逃げ事故が██県道██号線で発生したことを示す公的資料は存在しません。それ以外の詳細な描写は被験者によって異なります。

補遺1: 被験者からのSCP-xxx-JP-1に関する幾つかの証言中に、根岸祐一という人物が同じ車両に搭乗していたという旨のものが確認されました。この証言を基に、根岸祐一氏にインタビューを行いました。

インタビューログ


日付: 1999/01/██
対象: 根岸祐一氏(以下根岸氏)
質問者: エージェント・東


[録音開始]

根岸氏: それで、私はここに何のために連れてこられたのでしょう?

エージェント・東: ええ、実は貴方が昨年の12月19日に巻き込まれた事故について詳しくお伺いしたく……

根岸氏: ……何故、私がそれにお答えしなければならないのでしょう?

エージェント・東: お辛い記憶であることは承知しています。ですが、こちらも仕事ですので……勿論、相応の謝礼はさせて頂きます。

根岸氏: ……分かりました。あれは付き合っていた彼女とお詫びのためのデートを行った帰り道での事でした。

エージェント・東: お詫び、とは?

根岸氏: ……お恥ずかしいことですが、私はその当時浮気をしていまして……。それが彼女にバレて、交際を続けるための条件として浮気相手との関係の清算と、翌日に1日デートをするように言われたんです。

エージェント・東: 成程、そういう訳ですか。

根岸氏: 酷い話だと思われるでしょうが、私は彼女を失いたくはなかった。その一心で行動しました。浮気がバレたのがもう夜の0時を回る直前でしたが、彼女からの許しを得るために急いで浮気相手に別れることを告げました。

根岸氏: 朝も早く起きて身だしなみを整えて、久々に愛車を洗って……大変でしたけど、何だか交際当初の感覚を思い出して楽しかったことを覚えています。

根岸氏: 彼女もデートを楽しんでくれていたようで、帰り道の車内ではお互いの展望を語り合う程度にはすっかり仲直りしていました。幸せがこのままずっと続くかと思った矢先にあの事故が……。

エージェント・東: ██県道██号線で発生した衝突事故ですか。

根岸氏: ……ええ、その通りです。

エージェント・東: 事故の調書には……対向車線の軽自動車が路面凍結によりスリップして根岸さんの乗用車と正面衝突。相手方の軽自動車の運転手と根岸さんの彼女である██さんが即死、根岸さんは肋骨3本を折る重傷を負ったとあります。この内容に相違は無いですか?

根岸氏: ……はい、ありません。

エージェント・東: 他に何か気になった点などはありますか?

根岸氏: 有りません。それについては当時警察の方に洗い浚い話しましたから、その調書に全部書いてある筈ですよ。しかし、本当に何であんなことに……あの道は車の通りも多くない筈なのに対向車がスリップだなんて……。

エージェント・東: ……分かりました。それではインタビューを終了します。

[録音終了]


終了報告書: 根岸氏が1998年12月19日に遭遇した正面衝突事故は轢き逃げ事故とは関係ないと推考されます。しかしながら、SCP-xxx-JPの発見報告が確認されたのがこの事故以降である為、調査は引き続き継続されます。なお、根岸氏の話に登場した浮気相手の女性は現在行方不明となっています。自宅より遺書が発見されたため、自殺を行った可能性が考えられます。


補遺2: 2000年█月██日よりSCP-xxx-JPの移動が停止しています。この状況が長期に渡り継続した際、特別収容プロトコルの改訂が予定されています。また、同日に根岸祐一氏が死亡していることが確認されていますが、因果関係は不明です。根岸祐一氏の死因は自殺と推定されています。

ERROR

The lightning_rod's portal does not exist.


エラー: lightning_rodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2965697 ( 01 Jun 2018 16:03 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License