ハンガースネーク(元首吊り人形劇)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1は必要な分の個体をサイト-81██の生物収容ユニットに収容し、残りを殺蛇剤によって殺処分してください。SCP-XXX-JPの生息域の拡大を阻止するため、SCP-XXX-JP-2と思われる実体の発生が確認された場合は当該オブジェクトの捕獲を第一に行動してください。また愛知県█部を中心に行方不明者の情報を常に監視し、SCP-XXX-JPの関与が疑われる場合は当該人物を捜索してください。

未収容のSCP-XXX-JP個体の捕獲のため、機動部隊た-5("蛇を睨む龍")は必要に応じてプロトコル「糸撒き」を行ってください。

プロトコル「糸撒き」:
SCP-XXX-JPが多く生息していると考えられる区域1を封鎖し、カバーストーリー「害獣の駆除」を流布してください。区域内に一般人がいないことの確認が完了した後、区域内に毛糸製品を散布し、3時間後にその毛糸製品を回収してください。また、担当博士から捕獲ではなく駆除を命じられた場合、散布する毛糸製品に殺蛇剤を浸潤させ、回収時に特別な点が無ければそれを焼却してください。
また、本プロトコル実行の際に持ち込む毛糸製品は散布用の物のみとし、他の毛糸製品は一切持ち込まないでください。

SCP-XXX-JP

非擬態時のSCP-XXX-JP

説明: SCP-XXX-JPは毛糸製品に潜伏、擬態する習性を持つヘビ型実態群です。SCP-XXX-JPは約50cmから250cmの全長及び1.0mm程度の直径を有しており、尾の先端部は針のような形状をしています。SCP-XXX-JPは生命の維持に食物の摂取を必要としておらず、そのため飢えにより死ぬことはありません。SCP-XXX-JPは一般的なヘビと同様、殺蛇剤で絶命させることが可能です。

SCP-XXX-JPに毛糸製品を近づけた場合、SCP-XXX-JPは毛糸製品の網目に体を滑り込ませ、毛糸製品に編み込まれたような状態になります。また、SCP-XXX-JPは潜入した毛糸製品の色に自らの体色を変化させることで擬態を行います。この状態のSCP-XXX-JPは、毛糸製品から強制的に取り除かれない、または後述の条件を満たさない限り、脱力した状態でその毛糸製品内に静止し続けます2。SCP-XXX-JPが潜入している毛糸製品(以下、SCP-XXX-JP-1に指定します)は、一般的な目視により通常の毛糸製品と見分けることは困難です。

SCP-XXX-JPは、潜入しているSCP-XXX-JP-1を身に着けた人間(以下、対象と呼称します)が以下の条件を満たした際に異常性を発揮します。

  1. 対象がSCP-XXX-JP-1を頸部に身に着けていること
  2. 対象の上部にSCP-XXX-JP-1をひっかけられる形状の物体(以下、フックと呼称します)が存在すること3
  3. SCP-XXX-JP-1がフックに届く程度の長さを持っていること4

これらの条件が全て満たされた場合、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1と対象を伴ったままフックに絡み付きます。その結果、対象は██秒程度で頸動脈の圧迫により失神し、███秒以内に脳虚血または窒息により死亡します。このイベントはSCP-XXX-JP-1の端部がフックに巻き付く前に対象がしゃがむ等の行動をすることで回避することが可能ですが、SCP-XXX-JP-1がフックに巻き付いた後は対象がSCP-XXX-JPの拘束から逃れることは困難です。

また、時間の経過に伴ってSCP-XXX-JPが対象の頸部に与える圧力は増大し、██時間が経過するまでに対象は圧迫により頭部と胴体部に分断されます。その後SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1から脱出し、自身の体と針のような形状の尾を用いて対象の頭部の断面と胴体部の断面を縫合します。以下、この縫合された死体をSCP-XXX-JP-2と呼称します。SCP-XXX-JP-2は未知のプロセスにより止血され、自律歩行を開始します。SCP-XXX-JP-2は走光性を有しているため、多くの場合において市街地の方向へ移動します。SCP-XXX-JP-2は他のSCP-XXX-JP個体群に対する統率能力を持ち、SCP-XXX-JP個体はSCP-XXX-JP-2に追行する習性があることが確認されています。また、SCP-XXX-JP-2は一般的な死体と同様の速度で腐敗が進行しますが、十分に腐敗が進行した場合においてもSCP-XXX-JP-2の異常性が喪失することはありません。

以下はSCP-XXX-JPに関する実験記録の抜粋です。

SCP-XXX-JPの生息域は現在愛知県██山の山中のみと推定されています。事案XXX-A以降、SCP-XXX-JPの生息域は愛知県█部全域まで拡がったと推測されています。

事案XXX-A: 20██/██/██、██ ██氏がSCP-XXX-JP-2となった状態で██市の山中で発見され、財団エージェントにより確保されました。確保時、██氏は最低███匹のSCP-XXX-JPを引き連れていたようですが、その多くは未収用です。██氏の体の腐敗状況から、確保された時点で死後█日が経過していたと推測されています。██氏の発見箇所とSCP-XXX-JPの主な生息域とされていた愛知県██山との距離はおよそ██km離れており、これによりSCP-XXX-JPの生息域が大幅に拡大したと考えられます。この事案内において多くの一般人にSCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-2が目撃されたため、愛知県█部全体に大規模な記憶処理剤の散布を行いました。

事案XXX-A以降、民間におけるSCP-XXX-JPによる被害件数が大幅に増加しました。これによりSCP-XXX-JP-2の発生を未然に防止することが困難になりつつあります。SCP-XXX-JP-2が走光性を有している点から、█年後までにSCP-XXX-JPの生息域が都市部まで拡大すると見込まれています。この危険性から、SCP-XXX-JPに対する大規模な駆除作戦が計画されています。現在、SCP-XXX-JP-2を駆除作戦に利用することについての是非が審議されています。

発見経緯: 20██/██/██、愛知県██市の山中にてマフラーで首を吊っている男女がいるという110番通報がありました。担当した警察官が現場に到着した際、その場には男性の頭部、頭部を除いた女性の体、及び男性の体に女性の頭部が縫合された死体が発見されました。その後到着した財団エージェントにより被害者の死体及び遺品の回収が行われ、目撃者及び関係者には記憶処理が施されました。回収された縫合死体の縫合部を確認したことでSCP-XXX-JPの存在が確認されました。この縫合された死体はサイト-81██の鍵付き死体安置所に保管されていますが、SCP-XXX-JP-2のように自律して行動する等の異常性は現在まで確認されていません。事案発生直後の近隣住民へのインタビューでは、被害者らが1つのマフラーを2人で共有して使っているところを目撃したという証言が多く寄せられました。

予定しているタグ:BBC18 scp-jp euclid ヘビ 動物 擬態 群れ


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The lactoice's portal does not exist.


エラー: lactoiceのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4739261 ( 03 Dec 2018 00:29 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License