SCP-XXXX-JP 今を生き続けるか、今死ぬか

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:safe

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPは、サイト81██の地下80メートルにある特別収容室に保管されていますSCP-XXXX-JPは60メートル×60メートル×60メートルの収容室の中心に必ず配置してください。また、収容室内には3つのメトロノーム(以下SCP -XXXX-JP-2)を配置し、振り子は固定してください。また、SCP-XXXX-JPはBPMの一番遅い状態で遊錘を固定、振り子止めで必ず固定してください。収容室は一日に一度点検し、メトロノームの故障と作動の有無、振り子が固定されていることを確認してください。
収容室内への立ち入りにはクリアランスレベル4以上の職員による許可が必要です。また、SCP-XXXX-JPを用いた実験は現在禁止されています。

説明:SCP-XXXX-JPは█████社製のメトロノームです。SCP-XXXX-JPの分解はその異常性の伝播の危険性を加味して禁止されています。
SCP-XXXX-JPがテンポを刻むとき、SCPから半径25メートルの球状の空間に侵入した人間はSCP-XXXX-JP-1となります。SCP -XXXX-JP-1はSCP -XXXX-JPの刻むものと同等のテンポで死亡します。SCP-XXXX-JP-1が複数存在する場合、SCP-XXXX-JP-1はテンポおきに1個体ずつ死亡します。この効果は人間にのみ有効であり、微生物や魚類、より人間に近い哺乳類や類人猿であっても影響は受けません。
また、SCP-XXXX-JPが停止している場合、SCP-XXXX-JP-1は破壊耐性と不死性を付与されます。この効果はSCP-XXXX-JPの影響範囲を抜けるか、SCP-XXXX-JPを起動することで無効化されます。
また、SCP-XXXX-JPの異常性の及ぶ範囲内に一般のメトロノームが置かれた場合、それはSCP-XXXX-JP-2となります。
SCP-XXXX-JP、SCP-XXXX-JP-2共に振り子が停止している場合、SCP-XXXX-JP-2はSCP-XXXX-JPが停止している時と同じ異常性を持ちます。SCP-XXXX-JP-2の振り子のみが動作している場合、両オブジェクト共に異常性を失います。
SCP-XXXX-JPとSCP-XXXX-JP-2が同じBPM、かつタイミングが符合して作動している場合、両オブジェクトはSCP-XXXX-JPが作動している時と同じ異常性を持ちます。両オブジェクトが同じBPM、かつタイミングをずらして作動させた場合、両オブジェクトは異常性を失います。
SCP-XXXX-JPとSCP-XXXX-JP-2を異なるBPM、タイミングで作動させた場合、両オブジェクトのBPMは少しずつ変化し、最終的には両オブジェクトのBPMの平均をとった値となり、タイミングも重なった状態で動作し続けます。この際、両オブジェクトは異常性を発揮します。

SCP-XXXX-JPは、██県██村にある自己啓発団体の集団居住施設で発見されました。尚、当該団体は定まった団体名を持ちません。マルチ商法等で法に触れる活動をしていたためだと思われます。以降、団体員が勧誘等の際に使用していた『セミナー』と表記します。
当時セミナーにはSCPオブジェクトを保有していた疑いがあり、財団エージェント二名が調査に向かいました。当該施設には複数の建物や外壁、明確な出入り口がある巨大な施設だったにも関わらず人気がなく、不審に思ったエージェントは調査のため侵入しました。施設中心に位置する集会場のような建造物(便宜上、以降は集会場と表記)に侵入後、先行していたエージェントが突如その場に倒れ死亡。後日無人機による調査によってSCP-XXXX-JPが発見され、収容に至りました。発見当時、SCP-XXXX-JPは110BPMのテンポで作動し続けていました。SCP-XXXX-JP周囲には███人のセミナー構成員の遺体が倒れていました。当該施設を認知する周辺住民にはクラスC記憶処理が施され当該施設は財団によって封鎖、カバーストーリー『新興宗教団体の集団自殺』が流布されました。
現在、セミナーがどのような経緯でSCP-XXXX-JPを入手したのか調査されていますが、構成員の殆どがSCP-XXXX-JPによって死亡したためセミナーは事実上崩壊し、困難を極めています。

補遺1:SCP-XXXX-JPは異常性の解明のため、過去に9回の実験が行われています。以下は実施された実験の記録です。

補遺2:Dクラス職員の著しい消耗が見られるため、これ以降の実験は禁止されています。

補遺3:当該オブジェクトを使用した機動部隊を編成し、特にSK-クラス:支配シフトシナリオの対策とする案が提案されましたが、新支配種がSCP-XXXX-JPの影響を受ける可能性が否定できない為棄却されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Kyoraku's portal does not exist.


エラー: Kyorakuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7019098 ( 22 Nov 2020 09:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License