SCP-2049-JP

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2049-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2049-JPは、30cm×30cm×30cmの容器に収容されています。この時、SCP-2049-JPには塩がかけられています。塩はそのままにして下さい。

説明: SCP-2049-JPは、文章などが書かれた本です。

images?q=tbn%3AANd9GcSCfTJbgsxn-q1AVbVSeVQEzI9kcoOS3QrqOg&usqp=CAU

SCP-2049-JP。

「霊よ来い来い」
「本にかかった塩は抹消しろ」などのSCP-2049-JPに書かれている文字を読むとその事が現実になります。本を持つと洗脳され、その本を持った対象は文章を読みます。「霊よ来い来い」と読むとSCP-2049-JP-Aが現れます。SCP-2049-JP-Aは、薄らと見える霊のようなオブジェクトで、障害物をすり抜けます。しかし、ドアなども開けられます。

実験記録-2049 - 日付2020/09/23

**対象:*D-418*

**実施方法:*D-418に塩がかかって無いSCP-2049-JPを持たせる*

結果: D-418は、SCP-2049-JPに書かれている文字を読んだ。どうやらD-418は、「霊よ来い来い」と読んでいた様だ。その後、SCP-2049-JP-Aが現れました。SCP-2049-JP-Aは、D-418に取り憑くような様子でした。その後、D-418はSCP-2049-JPを落とし周りの職員らに殴りかかった。周りの職員らは、急いで落ちていたSCP-2049-JPを拾った。そして急いで遮蔽物に隠れた。だが、D-418は壁をすり抜けた。当時、4人が頭などを殴られる重傷を負い、病院に搬送されました。どうにかSCP-2049-JP-Aを封じる方法は無いのかとD-511が考えたところ、「SCP-2049-JPに塩をかけろ!」と叫びました。そして、SCP-2049-JPに塩をかけた後、D-418は大人しくなった。

**分析:*SCP-2049-JP-Aは、SCP-2049-JPに塩をかける事で消える。*

補遺1: SCP-2049-JP-B(SCP-2049-JP-Aに取り憑かれた対象)も壁をすり抜ける。

対象: D-418

インタビュアー: ███博士

付記: [無し]

<録音開始, 2020/9/23>

** ███博士:** SCP-2049-JPを持った時、どう感じましたか?

D-418: 突然「霊よ来い来い」と口に出して…


<録音終了, 2020/9/23 ]>

終了報告書: 大変だ、SCP-2049-JP-AがまたD-418に取り憑いた。

その後、SCP-2049-JPに塩をかけてなんとかなったが、ケガ人が1人出た。

補遺2: SCP-2049-JPに書かれてある事を言っても、SCP-2049-JP-Aが取り憑く。

補遺3: SCP-2049-JP-Aは、 SCP-2049-JPに塩をかければ封じられる事がわかったが、その発想が無ければ今も収容出来てなかっただろう。よって、D-511に感謝。 ー ███博士

ERROR

The Kusotokage's portal does not exist.


エラー: Kusotokageのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6866670 ( 23 Sep 2020 05:39 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License