手紙

このページの批評は終了しました。

おとうさんへ!
いつもありがとう!
このまえのゆうえんちたのしかったね!またいきたいな。おばけやしきにいったら、ぼくをおばけからまもってね!だいすき!
はるかより

お父さんへ
いつもお仕事お疲れ様。
最近は忙しいってお母さんから聞いたよ、大丈夫?土日とか、ゆっくり休んでね。
お父さんの大好きなお酒を買っておいたから、帰ってきたときに飲んでね。
3日前の算数と理科のテストで100点だったよ。> お父さんに似て僕は頭が良いのかも!また頑張るね。
遥より

父さんへ
父さんが研究所?で働いてるって初めて知った。中学に入って初めて父親の職業を知るって珍しいと思う。とにかくすごいね。
名前とか場所は教えちゃいけないんだってね。残念だけど、とりあえず無理をせず頑張って。
絶対お酒は飲みすぎないように。
それと、この前あった定期テスト、案外点数よかったから、帰ってきたときに伝える。
また何かあれば連絡します。
俺より

親父へ
俺が今どんな顔してこれ書いてるか知ってるか?
死んだんだってな。研究所で爆発事故に巻き込まれて。
親父の遺体は見せてもらえなかったよ。損傷が激しかったらしい。
親父の上司を名乗る男と会って、事故について聞いた。それで、渡してもらえる限りの遺品を受け取ったよ。
親父の使ってた文房具とか、替えの白衣とか、置いてあった服とか。私物ほとんど。全部俺がもらうからな。嫌なら早く帰ってこい。…無理か。
母さん、今部屋に篭ってんだ。泣いてる。ずっと泣いてる。
最後に会ったのは先々週だったか?
親父、俺の弁当作ってくれたよな。飯作るの下手だけど、自信満々に作って俺に渡して。
親父にしてはなかなか旨かったぞ。タコさんウインナーまで入ってた。足が5本多かったけど。
そうそう。先週くらいに受けた模試の結果が返ってきた。全国2位だった。やっぱり親父に似たんだな。母さんも頭いいけど、親父みたいな感じじゃないし。志望大学にも行けそうだって担任が言ってた。このまま勉強は続けるつもりだけど、どうなるかは知らない。
部活の大会は予選敗退した。最後だったから悔しいけど、またいつか頑張るつもり。
俺は大学に行って、卒業して、どっかの研究所にでも勤めようと思う。親父の見てた世界を、俺も見てみたい。だから俺は頑張る。
親父も、あっちで酒飲みすぎるなよ。靴下裏返したまま洗濯するな。
俺も、近いうちに親父のところに行くから、それまでゆっくり休めよ!
親父の自慢の息子より

父さん、母さんへ
しばらく時間が空きましたが。
めでたく社会人デビューをすることになりました。
大学入って、必死に勉強して、卒業して。
そして、俺の卒論がこれから勤めるところのお偉いさんの目に留まったらしいです。それで勧誘されて就職、ってことになりました。びっくりですね。俺は研究員とやらになります。字面がカッコいいです。
それで、なんとその場所、父さんの勤めてたところだったようです。……おっと、名前を書くところだった。父さんなら知ってるよね?とにかくすごいところです。
もう明日から勤務が始まるので、準備をして、これを書いたら寝るところです。
明日からは、父さんの白衣を着るつもりです。父さんの遺したスーツも、ほぼ全部俺が引き継ぎました。お守り代わりにします。
そして、母さん。父さんのところに行きたかったとしても早すぎやしませんか。来週で1年ですよ。もう1年。あっという間だな。
父さんがお酒を飲みすぎないように叱ってくださいね。
また母さんと父さんの弁当を食べたいので、俺がそっちに行きそうなタイミングで作っておいてくれると嬉しいです。多分すぐ行くと思います。
もう夜遅いので、これまでにします。またいつか書くので待っててください。
父さんの意思を継ぐ者  龍驤 遥より

ERROR

The EmptySky's portal does not exist.


エラー: EmptySkyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6358293 ( 22 Apr 2020 16:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License