空っぽのエレベーターホール

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPを取り囲むように工事用フェンスに見せかけた鉄製のバリケードで囲んで下さい。バリケード内への侵入を防ぐため 警備員を1名現地に駐在させておく必要があります。バリケード内へ侵入しようたした人物に対してはカバーストーリー「経年劣化による建築物崩落の危険」を理由に侵入を防いでください。

説明: SCP-XXXX-JPは██県███市にある公立小学校の敷地内にあるコンクリート製の建物です。外観は錆びており所々に苔や経年劣化によるひび割れが確認できます。当該施設は一か所の外開きのドアがありますが中に侵入できる人物は特定の人物に限られます。
SCP-XXXX-JP-1はSCP-XXXX-JPに侵入可能な人物です。現在、当該小学校の9歳の生徒1名がSCP-XXXX-JP-1に指定されています。
SCP-XXXX-JP及びSCP-XXXX-JP-1は市内を巡回中のエージェントにより発見されました。古びた建物から出てくる少年にエージェントがいくつかの質問をした事で異常性が判明、財団に収容されました。SCP-XXXX-JP内部での撮影機材を用いたいかなる撮影、録音は未知の妨害により不可能です。
SCP-XXXX-JP内は2つのエレベーターからならエレベーターホールになっており2つのエレベーターには搭乗が可能です。エレベーターは当該施設の外観が1階相当であるにもかかわらずエレベーター内のボタンには100階までの表示があります。エレベーターにより移動したフロアの内容は侵入の度に変わります。
以下はSCP-XXXX-JP-1へのインタビューログです。

対象: SCP-XXXX-JP-1

インタビュアー: ██研究員

<録音開始>

██研究員: やぁ、██君1。君は今までにあの建物に入った事があるようだね。

SCP-XXXX-JP-1: は…はい。えっと…少し前に、3回だけ…あっ、で、でもエレベーターに乗ったのは1回だけです…最初はよくわからなくって…

██研究員: ふむ……じゃあ次は中に入った時について詳しく教えてくれるかい?

SCP-XXXX-JP-1: えーと…エレベーターに乗って8階2に行きました。なかは…なにもなかったと思います。

██研究員: ありがとう、じゃあ次は何故君だけがあそこに入れるか、なにかわかることはあるかい?

SCP-XXXX-JP-1: ………わかりません…ただ…

██研究員: ただ?

SCP-XXXX-JP-1: 僕は…僕はあそこしか居場所がなかったんだ……

<以下省略>

上記のインタビューからSCP-XXXX-JPの危険度は低いと判定された為、オブジェクトクラスは暫定的にSafeとされました。また、後に行った知能テストによりSCP-XXXX-JP-1の知能指数は調査及び報告に適しているとされました。以下はSCP-XXXX-JP-1によるSCP-XXXX-JP内部の調査記録です。

調査記録XXXX-1 - 日付20██/10/█

調査内容: SCP-XXXX-JP-1に当該施設に侵入させ、エレベーターを使い任意の階へ移動させる。

結果: SCP-XXXX-JP-1は8階へ移動、フロアに窓はなく料金不必要の自販機が設置されていた。SCP-XXXX-JP-1はフルーツジュースを購入し飲んだと証言しました。

分析: SCP-XXXX-JP-1が収容前に行った8階とフロアの内装が異なる旨の発言をしました。内装はランダムで変わるようです。―██研究員

調査記録XXXX-2 - 日付20██/10/██

調査内容: SCP-XXXX-JP-1に再度8階へ移動するよう指示する。

結果: 8階へ移動の後、フロアには襖があり奥へ進むと大きな広間に食事が並べられていた、SCP-XXXX-JP-1はステーキを食べたと証言しました。

分析: 内装はSCP-XXXX-JP-1の欲望が反映されているのかもしれません。―██研究員

調査記録XXXX-3 - 日付20██/10/██

調査内容: SCP-XXXX-JP-1に100階へ行くように指示する。

結果: SCP-XXXX-JP-1は5分も経たない内にSCP-XXXX-JPから脱出しました。100階には赤い化け物が数えられない程おり、その生物に追いかけられたと証言しました。

分析: 内部にいた実体は酷く攻撃的だったようです。内部がSCP-XXXX-JP-1の欲望によって変化しているという説はどうやら違うみたいです。―██研究員

調査記録XXXX-3より、当該オブジェクトの潜在的脅威が上がった為オブジェクトクラスのEuclidへの格上げがなされました。また、駐在警備員の数を増やすことが検討されています。今後、SCP-XXXX-JP-1による調査は年齢の身体、及び精神的な面から凍結されます。

補遺: 20██/11/██に駐在警備員増員に伴う事前調査にて、元より駐在していた警備員がSCP-XXXX-JP-1となっている事が判明しました。これにより当該警備員に装備を装着させた上でSCP-XXXX-JP内部に対する調査が行われました。以下はその調査記録です。

調査記録XXXX-4 - 日付20██/11/██

調査内容: SCP-XXXX-JP-1に指定された警備員に8階、100階への調査を行わせる。

結果: 8階はごく一般的なエレベーターホールが広がっていた。100階においても8階と同様の構造が確認された。

分析: まさか…確認を急ぎます。―██研究員

調査記録XXXX-4から考えるに調査記録XXXX-3の攻撃的実体は存在しないものと思われます。これに基づきオブジェクトクラスはEuclidからSafeへと格下げされました。
現在、記録に対する事実関係を確認中です。
確認が終わり次第新たな報告書が作成される予定です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The kuro0112's portal does not exist.


エラー: kuro0112のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6837312 ( 16 Sep 2020 04:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License