SCP-XXX-JP 
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:
SCP-XXX-JPの発生条件を満たす地点はカバーストーリー「立入禁止区域」を適用し、周辺1kmを臨時サイト-81██として警備員を配置し、一般人及びSCP-XXX-JP-Aの条件を満たす人物の侵入を防いで下さい。
SCP-XXX-JP-Aの条件を満たす人物は常時監視を行い、該当区域への接近の兆候が認められた場合は無力化を行って下さい。
SCP-XXX-JP-Aの侵入が確認され、SCP-XXX-JPが発生した場合は出現した物品を回収後、SCP-XXX-JPの関係者にカバーストーリー「行方不明」を適用して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは特定の条件を満たした人物(以降SCP-XXX-JP-Aと呼称)が特定の地点に到達する事で発生する現象です。
SCP-XXX-JP-Aとなる条件は以下の通りです。

19██年以降に日本国籍を取得している。
過去に日本で発生した大規模災害に被災している

SCP-XXX-JPに遭遇した対象は「内部に助けに行かなければいけない」という精神影響を受け、扉の内部へ侵入します。この精神影響はBクラス記憶処理により対処が可能です。

内部に侵入した対象は、2011年当時の福島県のような空間と行方不明となった家族・親族・知人の存在を証言し会話を行いますが、対象にカメラ及びマイクを装着して内部の様子を観測する実験ではそれらの空間及び実体は確認出来ませんでした。

対象が侵入してから4時間が経過した時点で出現した扉は消失し、同時に対象は東日本大震災の行方不明者リストに加えられます。

以下はSCP-XXX-JPの実験記録です。

SCP-XXX-JPは2011/██/██に「いなくなった人に会える」という都市伝説を発見したエージェントが独自に調査を行い、SCP-XXX-JPの発生を確認した事により発見されました。

SCP-XXX-JPの発生する条件は以下の通りです。

東日本大震災発生当時福島県に居住していた。
東日本大震災において家族・親族・知人が一人以上行方不明となっている。

SCP-XXX-JP担当職員の██博士より、SCP-XXX-JPの条件を満たす人物の死去に伴い無力化される可能性が示唆されています。

追記: 2096/██/██、サイト-81██でSCP-XXX-JPと思われる現象が発生し、7時間後に当時SCP-XXX-JP担当職員だった水出博士が消失しました。
SCP-XXX-JPの消失後、2087年に同サイトで発生した大規模収容違反における行方不明者リストに水出博士の氏名が追加されているのが確認されました。

この事例を受け、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスの変更が検討されています。

ERROR

The koke_zizou's portal does not exist.


エラー: koke_zizouのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4598284 ( 26 Sep 2018 05:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License