ミヨとミヨコ

現在このページは批評中です。


久しぶりだね。いや、大して待ってないよ。こんな大雪じゃあ電車も遅れるさ。そんなに謝らなくても……ああ、じゃあ折角だからコーヒーでもおごってくれる?それでチャラにしようよ。……
ウェイターさん、すみません。ブレンドコーヒーのSを2杯お願いします。

だいぶ印象が変わったって? ハハハ。10年もたてば人間の見た目なんて大きく変わるものだよ。まぁ、確かに昔はハンドクリームなんてつけなかったけどさ。あっ、出しすぎちゃった。もったいないし貰ってくれる?

それにしても、君がミヨのことを知っているなんて知らなかったよ。研究肌で学問一筋だった君とミヨとじゃ全然タイプが違うじゃないか。まさか幼馴染だったとはね。世界は狭いなぁ。でもま、いずれにしても、ミヨのことを覚えている人がいて安心したよ。

ああ、店員さん、どうもありがとう。……うーん、苦い。コーヒーってどうしてこんなに苦いんだろうね。

結論から言うと、彼女は元気だよ。まぁ落ち着いてよ。順に話すから。彼女を捕まえにでも行くつもり?……なんてね。冗談だよ。

君も知っての通り、23歳の頃ミヨは消息不明になった。今だから言うのだけれどもね、当時私はミヨと一緒になろうと思っていたんだ。

だけど、私の父がミヨとの結婚に大反対したんだよ。実はうちの実家は中小企業の製薬会社だったんだ。当時は某大手製薬会社が企業買収を盛んに行っていた時期で、うちにも買収の話が持ち掛けられたんだ。うちはその頃経営不振に見舞われていたものだから、だいぶ揉めたんだよね。

数年かけて父を説得しようと思ったんだけど、その間にミヨは消息不明になってしまったんだ。何年間もミヨを探し続けていたんだけど、その間に皆ミヨのことを忘れてしまった。ミヨの家族ですらね。何故かミヨの住民票すら見つからなかったんだ。今でもミヨのことを覚えているのは、君と私だけなんだよ。

父が数年前に他界したから、私は会社を畳んでベンチャーの製薬会社に転職したっていうわけ。うちの会社は誰の目から見ても限界だったからね。

だけど人生何が起こるか分からないものだね。ミヨのことは半ば諦めていたんだけど、転職活動中に彼女を見つけたんだ。彼女はミヨコと名乗っていたけれども、あれはかつてのミヨだって思ったんだ。

本当に驚いたよ。いつの間に転職したんだ?とか、どうして何も言わずに消えてしまったんだ?とか言いたいことは山ほどあったのだけれども、結局何も言えなかったんだ。どうしてかって?

結論を言う。ミヨはミヨコに生まれ変わったんだ。

採用説明会で堂々と演説をする姿を見て、彼女は既にミヨではない存在になったのだと確信したんだ。

どういうことかっていうとね、ミヨはもうこの世にいないってことさ。ミヨは一度死んで、ミヨコとして復活したんだ。
昔のミヨは可愛らしい女性だったけれども、悪く言えばどこにでもいそうな感じだった。
だけどミヨコは違う。内側から輝きを放っていたんだ。昔の恋人の私が言うのはどうかと思うのだけれども、この世でミヨコ以上に美しい人はいないと思う。ミヨコの美は絶対的な「美」だったんだ。

ところでさ、絶対的な「美」の前では人類は平等になれると思わないかい?科学者の君にこんな話をするのはまさに釈迦に説法だけど、動物の行動原理は快楽の追及だ。あらゆる生物は脳内報酬系を活性化して快楽を得ようと躍起になっている。だから人は麻薬やアルコール、異性、そしてギャンブルにハマるのさ。どれも短絡的に人間に快楽を与えてくれるからね。短絡的な快楽は人間を堕落させる。これじゃあ悪者扱いされても文句は言えないよね。

理性を持つ人類が追及すべき快楽は即ち「美」さ。ミヨコの絶対的な「美」は人類に快楽を与え、精神に安定をもたらすだろう。そしてその精神の安定が社会の安定をもたらし、延いては人々の平等を実現させるのさ。

私は確信したんだ。ミヨコこそがこの世を救う救世主であり、彼女の手足として働くことが私の使命なんだってね。そして我々一人ひとりがミヨコとなってこの世のすべての人間に「美」を提供することがよりよい社会を作り上げるのだと。

だから、ミヨの死は悲しむべきものではなかったんだ。ミヨは新しい時代の礎になるために殉死したんだ。理想のために死んだ彼女に妬ましさすら覚えるよ。そして君にもね。私は性転換して女性になったけど、ミヨコにはなれなかったから。

鏡を見てごらん。……ホラ、君の顔もだいぶ印象が変わったよ。前の顔も悪くなかったけど、今の顔のほうがずっとよいね。そろそろ自分が誰なのか分からなくなってくる頃合いだろう?

人のことを信じすぎてはダメだよ。無償で何かをくれるなんておかしいって気が付かなきゃ。次からは気をつけてね。

ようこそイワナガ美容組合へ。君は生まれ変わったんだ。これからよろしくね、ミヨコさん。


ERROR

The kohar-K's portal does not exist.


エラー: kohar-Kのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:kohar-k ( 31 May 2018 15:07 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License