状態変化する寄生水

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP                                

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPは生物エリアー8102の密封された収容室で、室内の温度を10℃に保って、ビーカーの中で固体にして収容されています。収容室に入る際は防護服の着用してください。退室時は収容室の温度を確認し、退室してください。SCP-XXX-JPの寄生が確認した際、寄生された職員を瞬間冷凍してください。

SCP-XXX-JPを使用して実験を行う場合、セキュリティクリアランスレベル3以上の職員1名の許可が必要です。実験を携わる職員は、寄生の拡大を防ぐため1名で実験を行って下さい。

説明:SCP-XXX-JPは未知の物質からできた寄生する水です。SCP-XXX-JPは固体の状態は無害です。この水は10℃以下で固体になり、温度が11℃で液体、13℃で気体になります。この液体を飲むと液体化し、SCP-XXX-JPとなります。気体の場合吸い込むと、気体化し同じく、SCP-XXX-JPとなります。SCP-XXX-JPは、有機物全てに寄生ができるのが確認されています。そして、他のSCPにも寄生ができるできることが確認されています。

SCP-XXX-JPが寄生することによってSCP-XXX-JPの体積を増やします。体積を増やすことで、寄生する範囲を大きくします。寄生した数が████になると、最初に寄生した姿になり、攻撃性得、職員を無差別に貫通性がある水を打ちます。その場合、固体になる温度が0℃になります。SCP-XXX-JPが固体になると、攻撃性がなくなり、凝縮され元の状態に戻ります。

実験記録:1-日付███月12日

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: SCP-XXX-JPを電気分解しました。

結果: 水と、気体化した SCP-XXX-JPが出て来た。

分析:SCP-XXX-JPは、水とある物質が化合した、化合物であることが分かりました。

実験記録:2-日付███月19日

対象:SCP-XXX-JP

実施方法: 分解した SCP-XXX-JPを、冷やした。

結果: 分解して出てきた水がSCP-XXX-JPに吸収されて、元の固体の状態に戻りました。

分析:SCP-XXX-JPは、固体になると、状態がリセットされることが分かりました。

補足:SCP-XXX-JPを使用した実験は、まだ続いてますが、未だSCP-XXX-JPの未知の物質がわかっていません。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The kitui89's portal does not exist.


エラー: kitui89のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4503534 ( 15 Aug 2018 10:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License