非異常質量-エネルギー非保存の法則
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPを記したオリジナルの論文は、サイト-██の高機密文書保管庫に保管されます。オリジナル論文へのアクセスはセキュリティクリアランスレベル4以上の研究員にのみ許可され、またその必要性が審議されます。

SCP-XXX-JPを記した電子記録へは、理論への研究を目的とした場合にのみ、セキュリティクリアランスレベル3以上の研究員に許可されます。機密保持の為、研究から離脱する場合にはクラスB記憶処理が施されます。

SCP-XXX-JPと同様の、あるいは部分一致する研究が財団外に存在しないかどうか、世界中の科学誌、プレプリントサーバー、学会、一般書籍が検閲されます。どの程度一致しているかによって、オカルトであるとする否定情報、査読の上の却下、著者の記憶処理などの処置が実行されます。

説明: SCP-XXX-JPは、質量-エネルギー保存則の拡張について言及した論文です。SCP-XXX-JPの理論によれば、質量-エネルギー保存則が一見すると成立しない系が存在しますが、実際には見かけ上の問題で、高次には保存されていると主張しています。この理論では、物質とエネルギーはジョルダン曲線定理を破り、ルベーグ非可測な状態を経由します。本来、ルベーグ非可測な状態は現実に存在する物質には存在しない数学的な存在である為、現代科学の見地からは本来成立しません。しかしながら、SCP-XXX-JPは[削除済]を経由する事でこれが可能であると示しています。

SCP-XXX-JPは、████/██/██に██████ ██████の研究室で発見されました。同僚は、██████が論文を執筆したとみられる200█年から201█年にかけて、主流な科学的知見から外れる主張をする事が増えたと同時に、羽振りが良くなった事を証言しています。██████は現時点で行方不明です。研究室の家具と融合する状態で、純度99.9%の金、及び遺伝情報が██████と一致する肉体の一部が発見されています。

SCP-XXX-JPの理論は、質量-エネルギー保存の法則を破っているように見える多くのオブジェクトで発生している現象を "論理的" に説明しえます。しかしながら、これによる操作は概して危険であり、固体同士の融合や消滅を伴います。

補遺: SCP-XXX-JPの更なる研究で、現在一般的に用いられている質量-エネルギー保存の法則が成り立つ系は、SCP-XXX-JPにおいては不安定解である事が示されました。現行の質量-エネルギー保存の法則が安定解になるには██つの定数と█つの変数が必要であり、これはSCP-XXX-JPを導入しない宇宙より極めて不自然な物理系となります。"異常" な物理系であるSCP-XXX-JP自体や、定数・変数を導入せずに "非異常" な質量-エネルギー保存の法則が成り立つ系を理論的に確立する事がSCP-XXX-JPに対する目下の研究事項です。

確かに、科学的法則は常に新しい物理現象の発見と解明から何度も改定されてきた。本来ならSCP-XXX-JPもそういった枠組みで研究され、新しい法則として受け入れられるべきだろう。通常ならば。

しかしながら、SCP-XXX-JPが現行の質量-エネルギー保存の法則に変わるのは意味が異なる。SCP-XXX-JPは、ニュートン力学が一般相対性理論の近似値であるような修正とは根本的に異なる。SCP-XXX-JPで説明される宇宙は、我々が "異常" と見なした物理現象が "非異常" になるよう修正されるが、同時に我々が "非異常" としている物理現象が "異常" と見なされるように修正される。その修正はあまりにも強く、近似値として普段は厳密な観測以外では隠れて見えないというレベルではない。

SCP-XXX-JPを "非異常" な法則として受け入れるには、我々自身が "異常" である事から始めなければならない。これが現状財団がSCP-XXX-JPを "異常" と見なしている理由だ

████████博士


ERROR

The kiruria281's portal does not exist.


エラー: kiruria281のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:kiruria281 ( 26 Jun 2018 14:29 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License