笑う果実

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2013-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2013-JPはサイト-8133の収容ロッカーに保管されています。SCP-2013-JPの取り扱いにはレベル3以上職員の許可が必要になります。持ち運ぶ際はSCP-2013-JP-1の上に乗せた状態にしてください。

説明: SCP-2013-JPは横4.5cm、縦5cm、高さ5cmの赤色の皮に1つの眼球のついた果実です。SCP-2013-JPは20██年に██県███市の果実店にて財団に発見され、現在は完全な収容が出来ています。
SCP-2013-JP-1は直径5cmの石製の杯です。この杯に異常な特性は見られませんでした。
SCP-2013-JPの異常な特性は他の果実と異なり、話しかけると返事を行うことがあります。しかしSCP-2013-JPに対し罵倒するような発言をすると果実についた葉を使い攻撃してくる事が実験により判明しています。

実験記録2013-JP-A - 日付██/██/██
対象: Dクラス1名(D-12██)

実施方法: 収容ロッカーから取り出したSCP-2013-JP、SCP-2013-JP-1を机の上に置き、SCP-2013-JPに対し、Dクラス職員は████博士から手渡された文書の内容を1つずつ読み上げていき、反応をカメラで記録する。

結果: Dクラス職員が罵倒した場合のみ葉による切りつけをした。しかしDクラス職員がSCP-2013-JPを褒める場合は目を細め、笑っていました。なお、発言に対し返事を返す確率は50%となった。

分析: 人間と同様に感情があるようだ。次の試験を実施する。

実験記録2013-JP-B - 日付██/██/██
対象: Dクラス1名(D-12██)

実施方法: 実験Aの文書に比べてより困難な単語が記載された文書をDクラス職員に渡し、読み上げます。

結果: 実験Aに比べて、より強い罵倒をした場合のみより強力な攻撃をしました。尚、よりSCP-2013-JPをより誉めるとさらに笑いだし、少し揺れ動いていました。

分析: 人間と同レベルの感情と理解力があると判明。予想通りの結果だ。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Kemonobito's portal does not exist.


エラー: Kemonobitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5484903 ( 08 Jul 2019 11:17 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License